『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』をやるならコレを読め! マンハッタンでの生活がより楽しくなるプレイガイド

ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2018年9月7日(金)発売のプレイステーション4用ソフト『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』。本作のプレイガイドをお届け。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2018年9月7日(金)発売のプレイステーション4用ソフト『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』。本作がどんなゲームなのか知りたい方や、これからプレイする方のために、本作のプレイガイドをお届けする。動画つきのインプレッション記事と併せて、ぜひご一読を。

関連記事

『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』最速プレイリポート! ウェブ・シューターを使ったアクションが「チョーキモチイイ!」【動画追加】

ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2018年9月7日発売のプレイステーション4用ソフト『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』。『スパイダーマン』大好きライターのプレイリポートをお届け!

 オープンワールド化したマンハッタン島が舞台となるスパイダーマン。ストーリーを進めるもニューヨークの街を自由に探索するもプレイヤーの自由だ。どちらのスタイルで楽しむにしても覚えておきたいポイントを解説していく。

敵と戦うときのポイントは“積極的に空中戦を仕掛ける”こと

 スパイダーマンは、ほとんどのバトルで大勢の敵を相手にする。そこで、戦うときには□ボタン長押しで敵を空中に打ち上げ、空中コンボを主体に戦っていこう。地上で戦うと複数の敵に攻撃される危険があるが、空中ならば銃などを持つ敵以外の反撃を無力化できる。なお、スパイダーマンは攻撃時やジャンプ時など、いかなる状況からでも回避行動に移れるぞ。頭上に敵の攻撃を知らせるエフェクトが出現したら、すぐ回避するクセをつけておこう。

ウェブ・シューターは、敵を直接攻撃するほか、周囲のオブジェを利用した攻撃もできる。

フォーカスゲージを使えば、敵を一撃で倒すフィニッシュ・ムーブか、体力の回復どちらかを行える。フォーカスゲージは比較的溜まりやすいので、ガンガン使ってしまってかまわない。

育成でのポイント

 スーツやガジェットの作成には、バックパック・トークンや犯罪トークンなど、“トークン”と呼ばれるアイテムが必要。トークンはストーリー進行ではあまり手に入れられないので、集めるにはニューヨークの街を積極的に探索する必要がある。そこで、ニューヨークの街を効率よく探索する方法と、各種トークンの特徴や取りかたを解説しよう。

監視タワー起動が最優先

 ラボでのアーム修理後に解放される監視タワーの起動。ストーリーを進めるにはラボ近辺にある3ヵ所を起動するだけでいいが、監視タワーは別の区画にも数多く設置されている。監視タワーを起動した区画内では、犯罪やバックパックの場所など多くの情報がスパイダーマンに届くので、格段に行動しやすくなるぞ。

 監視タワーだけは、最初から全区画の場所がマップ上で確認できる。トークン集めの第一歩となるので、真っ先に各区画の監視タワーに向かって起動させよう。ちなみに、マップ上で行きたい場所を指定して○ボタンを押せば、フィールド上に白いマーカーが出現するので迷う心配がない。

 各区画内にあるすべての監視タワーを起動すると、マップ上で監視タワーを起動した区画が明るくなり、該当区画内のバックパックトークンなど場所がマップ画面に表示される。スパイダーマンの近くで発生している犯罪などもサーチ可能になるので、トークン集めが捗るぞ。

各種トークン解説

 スーツ作成やガジェット改造に必要となるトークンにはいくつか種類がある。必要な種類や個数は対象により異なり、それらはメニュー画面で確認できるので覚えておこう。新たなスーツやガジェットはスパイダーマンのレベルが上がると解放されていくので、こまめにチェックするといい。ここでは、ストーリー序盤に集められるトークンの種類と入手手段を解説していく。また、スパイダーマンのレベルが上がったときに手に入る“コスト”を使えば、スキルの修得が可能。スキルはスパイダーマンの新たな攻撃アクションなどを覚えられ、バトルの幅が大きく広がる。トークンと併せて、優先して修得したいスキルについて説明しよう。

バックパック・トークン

 ピーターが高校時代に貼りつけたバックパック。各区画に数多く貼りつけられていて、回収することでバックパック・トークンをひとつ獲得できる。敵と戦うようなことはなく現地に向かえば簡単に回収できるので、レベルが低い序盤からでも全回収が可能。ちなみに回収後は、貼りつけた当時のピーターの思い出などを閲覧することもできる。

犯罪トークン

 ニューヨークの街のどこかでつねに発生している犯罪。監視タワーを起動していれば、近くで発生した犯罪をキャッチできるほか、スパイダーマンに犯罪の情報が送られてくる。現地に到着すると犯罪者とのバトルが発生するので気を抜かないように。ちなみに、犯罪を見過ごしてもペナルティーはない。勝てそうにない、気が向かないときは無視してもいいだろう。

ランドマーク・トークン

 各区画にあるランドマークを発見し、それをカメラで撮影することで獲得可能。ランドマークも監視タワーを起動することで詳細な場所が確認できる。ちなみにカメラの起動は十字キーの上。その後、Lスティックでランドマークをレンズ内に収め、ファインダーが緑色になったらR1ボタンで撮影できる。

拠点トークン

 各区画にはフィスクのアジトと呼ばれる拠点がある。ここを制圧できれば拠点トークンを獲得可能だ。ただし、敵が数十人と出現するため、各種トークンの中でも入手難度は高い。低レベルのうちは、スーツ作成やガジェット改造などに拠点トークンを必要とするものが少ないので、序盤は無理に集める必要はない。ほかのトークンでスパイダーマンを強化してから挑むといい。なお、拠点に挑む際には“フィニッシュ・ムーブを○回決める”など条件が用意されていて、条件を満たしてクリアーすることで拠点トークンをより多く入手可能。もし条件を満たさずにクリアーしてしまっても、何度も再挑戦が可能なので安心していい。

オススメのスキルはコレ!

 スキル“スイング・キック”は、空中で□ボタンを長押しすると敵を空中に蹴り上げる攻撃。空中戦を持続させやすくなるので、スパイダーマンのレベルが2に上がったら真っ先に修得しよう。スイング・キックのスキルツリーに続いているスキルも、空中戦を強化できるものばかりが揃っている。スパイダーマンのレベルがレベル7になれば、スイング・キックでガードしている敵も空中へ蹴り上げられる“バンカーバスター”を修得できるぞ。

 以上をふまえて、『スパイダーマン』の世界を存分に堪能してほしい。冒頭でも書いたが、どんなスタイルでプレイするかはプレイヤーの自由だ。



(C) 2018 MARVEL (C) Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games.