あのブラッディ・クリスマス 再び……

 今年1月と2月に上演された『舞台 少年ヨルハver1.0』と『音楽劇ヨルハver1.2』の盛り上がりも記憶に新しいヨコオタロウ原作による舞台。その両舞台と『君死二タマフ事ナカレ 零』のスタッフ・キャストが集結した舞台『君死二タマフ事ナカレ 零_改』が2018年11月29日~12月9日にCBGKシブゲキ!!で上演されることが決定。

 今回の『君死二タマフ事ナカレ 零_改』は、『君死ニタマフ事ナカレ』(ビッグガンガン連載)の前日譚の舞台化して2016年に上演された『君死二タマフ事ナカレ 零』に、原作を手掛けたヨコオタロウ氏みずからが新たに複数の展開を用意。原作のファーストシーンに繋がる、戦場に放り込まれた少年少女たちの“それまで”がより瑞々しく描かれる。
※初出時、『君死二タマフ事ナカレ 零』の上演した年が間違っていましたので修正しました。

 現在、チケットの先行抽選販売が実施中(9月9日 23:59まで)→こちら

ストーリー

21世紀に入り、初めて実用化されようとしている“特殊能力”。
戦争することのできない国は、“軍備”に代わる戦闘力としての“特殊能力者”を育成しようとしていた。
その能力は少年少女にしか発現しなかった為、国は新たな教育機関を設立する。
第一期生にふさわしい学生を選抜する為、自衛隊の訓練施設に集められた中学生達。
彼らは、それぞれの“生存”のため、過酷な訓練に参加する。
そこは、訓練の名を借りた、“特殊能力”の限界を試すための試験場であった。
生き延びて、そして死ヌ。

死ぬために、今を生キル。

原作作品:
君死二タマフ事ナカレ』(スクウェア・エニックス)
原作:ヨコオタロウ
作画:森山大輔
衣装・武器デザイン:三輪士郎 
制服デザイン原案:倉花千夏

出演
植田慎一郎 / 花奈澪 / 清水凜 / 斎藤直紀 / 雛形羽衣 / 土井裕斗 / 黒木美紗子 / 荘司真人 / 兼田いぶき / 細川晃弘 / 村田恒 / 増田朋弥 / 町田尚規 / 門野翔 / 松川貴則 / 舞川みやこ / 荒井愛花 / 大野愛 / 小栗諒 / 菊田大輔 / アンサンブル: 梅田祥平、大森将、小田崚平、寺田遥平、松田朋樹