『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』好きなオービタルフレームは? キャラクターは? ファンたちの熱いコメントも多数寄せられたアンケートの結果を発表!

2018年9月5日発売の、ハイスピードロボットアクション『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』(プレイステーション4/PC)。本記事では、ファミ通.com上で行ったアンケートの結果を発表!

 2018年9月5日、KONAMI(開発:サイゲームス)よりプレイステーション4とPC(Steam)にて発売の、ハイスピードロボットアクション『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』。ファミ通.comでは以前、本作の発売を楽しみにしている『ANUBIS』ファンへ向けて、アンケートを実施した。本記事ではその結果を発表していく。

【動画あり】鈴村健一さん(レオ役)が、ジェフティに乗り込み「はいだらぁー!!」 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』VRモード体験の様子をお届け

2018年9月6日に発売予定のプレイステーション4/PC(Steam)用ソフト『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』。本作のVRモードを、声優の鈴村健一さんが体験!

■投票データ
総投票数:168票
男性:138票
女性:30票

投票ありがとおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!!!!

Q1. 『ANUBIS』の好きなところは?

 まずは率直に、『ANUBIS』の好きなポイントについての質問。多かった意見は、ハイスピードでバトルをくり広げるところや、ロボットのカッコよさについて。また、ストーリーの良さや、映画的、アニメ的な演出を賞賛する声もあった。

■唯一無二のハイスピードアクションに、重力を感じない浮遊感。退廃的で未来感が半端ない世界観に、魅力的なキャラクターたちが最高です!(かっぱ/男性/21歳)

■いままでこれほどハマったロボットゲームはありませんでした。いまでこそ多くのロボゲームがハイスピードですが、やはりまだ『Z.O.E』には届いていない。唯一無二のゲームです。(カナタ/男性/23歳)

■縦横無尽に動く爽快感と、シンプルな操作性を両立させているところ。最強のOFを操縦するおもしろさを体験できました。(としあき/男性/27歳)

■登場人物が少ないわりには、重厚でわかりやすいストーリー展開でおもしろかった。あそこまで高速で、スケールの大きいアクションロボットゲームは、最初で最後かなと思っています。(ゆいはる/男性/37)

■縦横無尽に立体的なアクションが取れるうえに、大胆なところにロマンを感じます。また、オービタルフレームのデザインが大好きです!(Oz/女性/24歳)

■なんと言っても360度の高速アクションと、オービタルフレームのフォルムです。初めて見たときは「これだ」と思う何かがありました。(玲茶/男性/24歳)

Q2. 好きなキャラクターは?

 おつぎは好きなキャラクターを3位までランキングにして発表。『ANUBIS』は登場キャラクターはそこまで多くないものの、さまざまな人物に投票が入れられた。そして主人公・ディンゴを差し置いて1位を飾ったのは、人物ですらない独立型戦闘支援ユニット“ADA”(笑)。やっぱり『ANUBIS』のメインヒロイン……!?

1位:ADA 54票

■「撃てます」がとにかく好き!(野菜ジュース/男性/28歳)

■最萌AI。直接的な姿形はコンソールだけでも、あれほどまでに魅力的なキャラクターはなかなかいません。ディンゴとの軽快なやり取りも好きですが、前作でのレオとのやり取りも最高に萌えます。(オストー/男性/26歳)

■声がかわいい。“ディンゴ「お前は惚れた男に合わせるタイプだな」 エイダ「理解不能です」”のところがとくに可愛い(やぎ/男性/17歳)

2位:ディンゴ・イーグリット 51票

■ジェフティ起動シーンからラストまで、すべてがイケメンすぎる!(玲茶/男性/24歳)

■カリストでの飄々としてつかみどころのない様子と、いざバフラムが襲撃してきたときの真剣な様子のギャップが最高ですよね。(はりー/女性/32歳)

■いい年こいた大人なのに、いろいろと子どもっぽい。それでもかっこよさが損なわれない、いいキャラ付けがされているところが好きです(ブシ仮面/男性/29歳)

3位レオ・ステンバック 21票

■そっけないAIを強く愛し、スタイリッシュでありつつも、ジェフティのような圧倒的性能は持たないビックバイパーで頑張る姿がかっこいいです。(DOEO/男性/29歳)

■前作主人公(天才)な感じが最高にロボットアニメ!(surpreme077/男性/26歳)

Q3. 好きなオービタルフレームは?

 続いては、オービタルフレームへの人気投票を3位まで発表。やはり主人公機というべきか、最強の存在であることもあり、ジェフティが圧倒的に人気に。その反対に、本作のある意味主役とも言える、アヌビスへの投票も多い結果となった。

1位 ジェフティ 66票

■ゼロシフト入手後からの、“俺つええええ!”感がたまらない!(エイタ/男性/34歳)

■主役機らしくクール&スタイリッシュな要素が強めながらも、どこか生物的な異形さを讃えた絶妙なデザインはもちろん、作中での獅子奮迅の活躍、そして“ネイキッドジェフティ”というヒトの技術の枠を超えた存在となりつつも、最後までヒトの味方でありつづけたことで“メタトロン(テクノロジー)とヒトの共生の象徴”となった……という顛末を愛しています。(明石屋真奈/女性/36歳)

2位 アヌビス 24票

■ひと目惚れ。美しいフォルムと強敵感、女性的でもあるデザイン(なぶさ/女性/37歳)

■悪役ながらもヒロイックさを秘めたデザインが好き。もし主人公の手に渡ったのがジェフティではなくアヌビスのほうだったら? という想像を掻き立てられる。あとカクカクと独特の機動を描く赤いホーミングレーザー。(Pixy/男性/29歳)

3位 ビックバイパー 13票

(※正しくはオービタルフレームではなくLEV)

■グラディウス好きなので……。LEVだけど、ハイスペック機だから書いてもいいですよね?(幸せなもも/男性/45歳)

■地球側のLEVなのにあの変形、そして強さにはびっくりしました。なんとしてもADAを救いたいというレオの感情とあいまってそのカッコよさを引き立たせている。(BIG BOSS/男性/37歳)

Q4. 心に残ったシーンは?

 4問目はほかの設問と違い、人によって大きくバラける結果に。作中のワンシーンを抜き出したもののほかにも、『ANUBIS』と言えば話題に挙がる、秀逸なオープニングムービーへのコメントも多かった。それぞれ回答者の答えたシーンと、その理由を紹介していこう。

●ディンゴとケンがいっしょにコクピットに入るシーン
インパクト強すぎでしょ……。エイダとイチャイチャしてると、コメントくれたりかわいい(ラムタム/男性/28歳)

●バシリア上空(バフラム艦隊戦)
ベクターキャノンがいちばん輝く場面!(ミルコ/男性/32歳)

●火星での攻防戦(※ミッション:荒野乱戦)
これほどの物量で押し寄せる大軍を相手に戦うアクションは、本作が初めてだったんではないでしょうか? レーダーに大量の光点が映ったときのトラウマといったらもう……。(JOY86式/男性/32歳)

●ノウマン「戻れ、お前は好きだ」
唐突な告白に「ふふ」ってなりました。(徹/男性/31歳)

●ディンゴ「動けえええええ!」、「止まれえええええ!」
四散するハンガーと、最後の収束するシーンが対称的なところ。(ふげふぐ/男性/27歳)

●オープニングムービー
馬鹿かお前、ばっかじゃねえのか! またはアホか! な、ネタバレ全開デモ!(さのー/女性/30歳)

Q5. 体験版の感想、または『M∀RS』に期待するポイントは?

 最後は、ゲームファンから寄せられた本作に期待する点をご紹介! やはり多く寄せられたのは、目玉となる“VRモード”。このためにVR機器を購入したという意見も!!!!

●ただひたすら、全編VR化にありがとう!!!! と言いたい!!(しかてっく/男性/36歳)

●主観視点になっても『ANUBIS』らしさは失われてなくて、アクションのおもしろさはそのままで安心した。VRでしかできないゲーム的要素があることに期待!(しかてっく/男性/39歳)

●なんといってもVR。VRでベクターキャノンを撃ってみたい!(kentaro/男性/36歳)

●ただの4K対応リマスターでなく、2018年の『ANUBIS』として甦らせる熱意に感服! Twitterでのリマスター内容紹介もそこまでやるのか……と唖然とする。アニメーションパートも何かしら手を加えてるらしく楽しみ。(金山正時/女性/23歳)

●再び『ANUBIS』が楽しめる機会が得られたのは嬉しいです! そして、『M∀RS』が売れたなら、その後の展開にも期待したくなります!(やま/男性/39歳)

●VRはまだ試していないのですが、オービタルフレームをじっくり観察でき、アージェイトの目の部分に文字がかかれているのに気づいたり、とても感動しました。(ざっくり/女性/30歳)

●何と言ってもVRモード、ディンゴさんと同じようにコックピットからジェフティを操縦して華麗にノウマンを殴り殺したい! 魅力的なサブウェポンがコックピットからどういう風に見えるのか気になる! 今回で売れて続編が出ることを期待しています。(MR1422/女性/24歳)



(C)Konami Degital Entertainment
※画面は開発中のものです。