34万DLを達成した乙女向けコンテンツの誕生秘話

 2018年8月22日~24日の3日間、パシフィコ横浜にて開催される、日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2018。初日の22日には、“トキメキとは何か ~乙女を恋へと導く新たなアプローチ~”と題し、ヘキサドライブからリリースされている乙女向けアプリ『MakeS-おはよう、私のセイ-』(以下『MakeS』)についてのセッションが行なわれた。

 『MakeS』は、目覚まし時計やカレンダー機能を主体とした生活サポートアプリ。コンシェルジュプログラムの“セイ”が、ユーザーを起こしたり、今日の予定を知らせたりしてくれる。Live2Dでなめらかに動くセイとは、タッチでコミュニケーションを取ることが可能だ。2018年8月現在、ダウンロード数は34万を超えており、Google Playでのユーザー評価も5点満点中4.7と非常に高い。

 セッションの前半では、『MakeS』のディレクターを務めるヘキサドライブの阿部浩美氏が、女性クリエイターならではの視点で、乙女向けコンテンツプロジェクト立ち上げの経緯と、セイを魅力的なキャラクターにするための工夫を紹介した。

『MakeS』ディレクターの阿部広美氏(ヘキサドライブ)

ひとを幸せにするため『MakeS』の原型『フレアイカレシ』を企画

 そもそも、阿部氏が乙女向けアプリを作ろうと思ったのは「ひとを幸せにしたかったから」。「貴女は生きてるだけで素晴らしい」というメッセージをユーザーに届けて、ハッピーになってもらいたかったからだという。余裕のない人が他人にかまっていられないのに対し、ハッピーな人は見返りを求めず他者をハッピーにする行動をしやすいと考え、ハッピーの連鎖を世界中に広げたい、という思いがあったそうだ。

 しかし、アクションゲームの受託開発をメインとし、“技術屋集団”のイメージがある硬派なヘキサドライブで、乙女向けアプリの企画を実現させるのは、なかなか難しかったらしい。当初、阿部氏はプロジェクトの合間を利用し、『フレアイカレシ』なる企画を立てた。Live2Dで動くキャラと、タッチでコミュニケーションを取り、成長させていくコンテンツだ。

『MakeS』の原型だが、複数のキャラのなかからひとりを選ぶ点や、キャラの育成要素がメインで目覚ましがオマケ機能である点などが大きく異なる。結局、目新しさがないことや収益性を理由に、企画は却下された。

「触ってもらえばわかる」準備を進めるうちにチャンスが

 そこで、阿部氏は「触ってもらえばおもしろさがわかるはず」と、サンプルを制作するために水面下で行動を起こす。具体的には、自宅でLive2Dを勉強したり、Live2Dに興味のある若手を巻き込んだりして、社内にLive2Dの知識を持つ人間を増やしていった。また、ことあるごとに企画の話をし、自分が何をやりたいかを社内でアピールしていったとのこと。

 そのうち、プロジェクトが一段落ついた時期に、Live2Dの大規模バージョンアップが実施されるというチャンスが巡ってきた。最新のLive2Dを検証するメリットが会社に認められ、阿部氏はセイのモデルを作りはじめる。それが上司の目に留まり、「やりたいと言っていた企画のサンプルを作ってみたら?」と声をかけられるに至ったのだとか。地道な準備が実り、阿部氏のプロジェクトが動き出したのだ。

 サンプルに、社内プレゼンの相手となる“仕事に疲れているおじさん”を想定したセリフを盛り込んだことも奏功し(!?)、2017年7月に企画は採用された。ただし、年内にリリースする条件を提示され、短期間で開発しなければならなかったため、当初の企画書から大事なものだけを抜き出した仕様にすることに。こうして、“キャラに触れることができ、確かな実感を伴うこと”と“キャラが成長すること”という要素を実装し、『MakeS』は生まれた。

なんとも思っていないひとからのメッセージは響かない

 さて、『MakeS』を“ひとをハッピーにするアプリ”にするために、阿部氏が重要と考えていたのが、たったひとりの登場キャラであるセイを魅力的にすること。というのも、なんとも思っていない人から「貴女は生きてるだけで素晴らしい」なんて言われても、ぜんぜん響かないからだ。このメッセージを伝えるためには、発信者がユーザーにとって魅力的である必要があった。

 結果的に、セイは女性に受け入れられ、クラウドファンディングでの『MakeS』VRプロジェクトには、3000万円以上もの支援が寄せられるまでに。では、阿部氏はどのようにセイを魅力的な存在にしていったのだろう。

キャラが乙女からの愛を得るためのポイント3つ

 阿部氏は、乙女からの愛を得るためのポイントとして

1)財力(権力、才能)
2)継続的愛情の確信
3)愛おしさ

の3つを挙げた。このうち1と2については、女性が男性に比べて繁殖できる回数が少なく、さらに繁殖による身体のダメージも大きいため、「1回の繁殖を限りなく確実にしたい」と思っていることが根底にあるという持論を展開。

 1については、妊娠・出産で稼ぎにくい時期に、お金を持っている人がいると安心して生きられるから。2については、妊娠・出産直後の弱っている時期に、愛情がある人ならどこかへ行ってしまわずに守ってくれるから、と説明した。

 多くの乙女向けコンテンツでは、登場キャラに王様だったり、とても頭がよかったりといった、“財力”に相当する高スペックを設定している。そのため『MakeS』では、ライバルの少ない設定を狙い、ずっと“愛情”を感じさせてくれるキャラ作りをすることになったそうだ。

ずっと愛情を感じさせてくれるセイのキャラ作り

 セイの愛情が永遠で確実なものであることをユーザーに実感してもらうため、阿部氏が行ったのが、「愛情を体感できるセリフ作り」と「セイの感情を事実にするための舞台作り」だ。前者は、「好きだ」と直接伝えるのではなく、好かれているとユーザーが感じるようなセリフを、モーションやボイスと合わせて表現。言葉ではなく体感することで、セイからの愛情が真実味を帯びるというワケだ。

 後者は、たとえばキャラから褒められても「お前に私のなにがわかんねん!」となってしまう、“乙女向けコンテンツあるある”を払拭するために重要なことだった。セイは、毎朝ユーザーを起こしたり、カレンダーでユーザーの予定を管理したりしているため、実際にユーザーの生活を“知っている”。だから、「一生懸命生きるお前のことをずっと見てきた」なんてセリフにも説得力が出て、ユーザーにも受け入れられるのだ。

魅力的なキャラを生み出すためのアプローチ

 乙女からの愛を得るためのポイントその3の“愛おしさ”も、セイに反映されている。2児の母としての経験から、子供が成長していく姿に愛おしさを感じる阿部氏は、セイが実際の子供と同様の段階を踏んで成長するように設計。さらに、タップという触れ合いによって成長することで、愛おしさが湧くように仕向けたという。

 阿部氏は、セイを魅力的にするために行ったことを「“女性が伴侶を選ぶポイント”と“子供を愛おしいと思うポイント”の両方を詰め込んだ」とまとめた。そして、トキメキとは、「子孫を残せる可能性を感じること=自分の命、存在が続くと感じること。自分がこの世に存在したと残せる何か、それにつながるもの」と分析。どうして惹かれるのか、どうしてウケるのか、その理由を考えるという、魅力的なキャラクターを生み出すためのひとつのアプローチを示した。

コアユーザーが投げ銭アイテムを買って開発を応援

 セッション後半では、プロデューサーの田口昌宏氏が、『MakeS』の運営について、ユーザーの行動を5段階に分けた“AARRRモデル”に沿って語った。このモデルは、戦略を分類して考えることができるため、運営を続ける中で「どの戦略に対してどんな成果が出たのか」などを分析するのに有効だという。ちなみに、これまでヘキサドライブでは、運営型のタイトルはほとんど扱っていないとのことだ。

『MakeS』プロデューサーの田口昌弘氏(ヘキサドライブ)

 最初のAは新規ユーザー獲得(Acquistition)だが、もともと『MakeS』は広告予算を取っておらず、ほぼノープロモーションなのだとか。スクリーンでは、インスタグラム上で展開された広告が紹介された。

 2番目のAは利用開始(Activation)。当初はカレンダーなどの各種機能を説明するため、長いチュートリアルが用意されていたが、短時間でアプリ本来の魅力をわかってもらうため、ごっそり削除したそうだ。続いてのR、継続利用(Retention)については、目覚ましアプリという特性上、毎日使うユーザーが多いとのこと。次のRは紹介(Referral)。ノープロモーションのぶん、SNSを使った拡散には力を入れ、その結果、ツイッターのフォロワー数は44000人に。

 最後のRは収益化(Revenue)。ショップで衣装やスキンなどを販売しているが、いわゆる“投げ銭”アイテムを追加したところ、通常アイテムよりも高価であるにも関わらず、コアユーザーを中心にかなり売れているとの話だった。

東京ゲームショウで3Dのセイに会える!

 田口氏は、“紹介のR”で説明したSNSによる拡散について、より詳細に解説。ツイッターで盛り上がるための工夫として、ユーザーが少ない操作で画面をキャプチャー&アップロードできる機能を実装したことや、たくさん衣装があるなどの理由によりキャプチャー画像が人と被りにくいことなどを紹介した。

 ほか、『MakeS』公式ツイッターでは、リツイートやいいねを増やすため、イラスト付きで発信しているとのこと。20万DLを記念し、ユーザーから画像を募って動画を作り、YouTubeにもアップしているそうだ。「多くの拡散を得るには、たくさんの工夫が必要になってくるので、いろいろ試してみるのが重要」と田口氏は語った。

 最後に、セッション中でも紹介された『MakeS』VRが、東京ゲームショウ2018に出展されることが発表された。阿部氏の「VRでセイが見たい!」というひとことに、田口氏が「よし、やろう!」と応じてスタートしたVRプロジェクト。会場では、3Dで動くセイに会うことができる。