2Dダークソウル系アクションRPG『Death's Gambit』がいよいよ配信開始。PC版は日本からも購入可能

ダンジョン探索型アクションRPG『Death's Gambit』が海外で配信開始。

 インディーパブリッシャーのAdult Swim Gamesが、White Rabbitによるダンジョン探索型アクションRPG『Death's Gambit』を配信開始した。

 海外での対応プラットフォームはプレイステーション4とPCで、日本語には対応していないもののPC版はSteamとGOG.comから購入可能。なおSteamでの価格は1980円となっている。

 さて本作、誤解を恐れずに言ってしまうと、要は『ダークソウル』や『Bloodborne』(海外ではすでに“ソウルズボーン”と総称される)などのダンジョン探索型アクションRPGに強い影響を受けつつ、2Dアクションとしての実現を目指したタイプの作品。

 なので「武器を振ったり回避するだけでもスタミナを消費する」とか、「像の下で休むと回復するだけでなくレベルアップ時のボーナスポイントを割り振れる」とか、「先に進んだらハシゴを落としたりドアを開けたりしてショートカットを作れる」といったような、この手のゲームをやる人ならおなじみの要素がたっぷり取り込まれている(ただしシングル専用という所は異なる)。

 しかし単なる形式上の模倣に終わらず、ピクセルアートで美しく描き込まれたアートや、時に勇壮で時に物悲しい2時間以上ものオリジナルサウンド、プレイヤーの動きを誘いつつ殺しに来るボスたちの巧妙な動きに至るまで、オリジナルのアクションRPGとしてしっかりと作り込まれているのがポイント。

 それだけでなく、キャラクター強化でパラメーターの割り振り以外に洋RPG的なスキルツリーが用意されていたり、ストーリーの語り口でもちょっと驚くような形でカットシーンが挿入されたり、ひねった部分や独自要素も多数。

 ちなみにクラス(職業)は7種類、武器タイプは10種類以上、武器アビリティや魔法は30種類用意されているそうなので、自分のプレイスタイルに適したビルド(構成)作りに頭を悩ますことになるだろう。

エプロンをつけて「うーん、塩が足りんなー」とおかんのフリをするお茶目な死神。こっちはお前と契約したせいで戦ってるんだが……。

一部カットシーンではボイスも入る。なかなかリッチ。

 ストーリー的には、戦いに敗れた兵士が死神との契約で不死者として蘇り、ダンジョン世界を彷徨うというもの。探索するにつれて思わぬ場所に出たり、ボスについて記された古文書を入手して少し弱体化できたり、いろいろな発見が楽しい。

 さらなる高みを目指すプレイヤーのために、一度倒したボスの激ムズバージョンと戦える“ヒロイックモード”や、よりハードな環境に挑める2周目のニューゲームプラスモードなども搭載。記者もまだ序盤を舐めた程度だが、なかなかやりごたえのあるチャレンジが待っていそうだ。