秋葉原に1/1実物大プラモデル“輝星・空式”が出撃! PS4版“『ボーダーブレイク』完成披露会”リポート

2018年8月1日、ベルサール秋葉原にて、2018年8月2日よりリリースされるプレイステーション4版『ボーダーブレイク』の完成披露会が行われた。その模様をリポート。

 2018年8月2日よりリリースされるプレイステーション4版『ボーダーブレイク』。本作は、アーケードで稼動中の『ボーダーブレイク』の家庭用タイトル。ダウンロード版は基本無料で、“PlayStation Plus”会員でなくとも気軽に楽しめる、10対10のロボット対戦アクションゲームだ。なお、豪華なゲーム内アイテムなどを封入したパッケージ版も、同日発売される。

 その発売を記念して2018年8月1日に、ベルサール秋葉原にて“『ボーダーブレイク』完成披露会”が行われた。本イベントには、本作のプロデューサーを務める青木盛治氏をはじめとした、豪華な出演者たちがステージに登壇し、さまざまなトークをくり広げたほか、以前より進行していた実部大プラモデル企画の完成披露も行われた。なお、登壇者は以下の通り。

■登壇者

  • 青木盛治氏(本作プロデューサー)
  • 杉野行雄氏(セガ・インタラクティブ代表取締役社長 CEO)
  • 盛田 厚氏(ソニー・インタラクティブエンタテインメント取締役 兼 ジャパンアジアリージョンオフィス プレジデント)
  • 高槻かなこさん(声優)
  • 朝日奈丸佳さん(声優・ミドリ役)
  • 前島亜美さん(タレント)
  • こよみさん(ハティ公式コスプレイヤー)
  • KANAME☆さん(マーガナル公式コスプレイヤー)
『ボーダーブレイク』1/1プラモデルプロジェクト始動! 新宿駅で、男のロマンが詰まったプラモデルをカットしてきた!!

2018年8月2日に配信されるプレイステーション4版『ボーダーブレイク』。リリースを記念して、1/1プラモデルプロジェクトが始動した。本記事では、東京メトロ新宿駅でスタートした展示イベントをリポートする。

東京メトロ新宿駅にも展示されていた、メッセージボード。プレイヤーたちの熱いコメントがズラりと並ぶ。

会場には、本作初登場のブラスト・ランナー“輝星・空式”と、“輝星・破式”のプラモデルの原型が展示されていた。

来場者には特製うちわなども配られ、筆者もウキウキ。あ、右手に偶然こんなものが! 『ボーダーブレイク』が表紙の週刊ファミ通2018年8月16日号(2018年8月2日発売)にも、『ボーダーブレイク』特集が載ってるよ! PS4オリジナルテーマの付録もあるよ! ぜひ買ってね!(露骨な宣伝)

『ボーダーブレイク』発売記念! 基本ルールからバトルのコツまで徹底レクチャー! 開発陣へのインタビューも【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年8月16日号(2018年8月2日発売)では、2018年8月2日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『ボーダーブレイク』の発売記念特集をお届け!

1/1プラモデルが、ついにお披露目!

 まずは杉野氏が登壇し、『ボーダーブレイク』がいよいよサービスインすることを紹介しつつ、プレイヤーたちのコメントが寄せ書きされた、メッセージボードをアピール。杉野氏はその熱いコメントの数々に、思わずうるっと来てしまったと語る。そしてアーケード版稼動からの9年間を振り返り、新たな歴史が始まることを意気込んでいた。さらに、青木Pも登壇。これまで9年間応援し続けてくれたプレイヤーたちの応援のおかげで発売できたことに、感謝の言葉を表していた。

杉野行雄氏

青木盛治氏

 続いて高槻さん、朝日奈さん、前島さん、KANAME☆さん、こよみさんが挨拶を終えると、1/1プラモデルプロジェクトのムービーがスタート。動画内ではランナーからパーツを切り取る様子や、塗装、組み立てといった工程が披露された。

左から、高槻かなこさん、朝日奈丸佳さん、前島亜美さん、こよみさん、KANAME☆さん

 その後、盛田氏が登壇し、今回の1/1プラモデルプロジェクトのトークへ。青木Pは「このプロジェクトは、稼動時からずっとやりたかったのですが、なかなか難しかったです。ですが、家庭用が出せると決まったことで、いよいよプロジェクトを始動させることができました」と、その思いを語る。

盛田 厚氏

 そして、いよいよ1/1プラモデルお披露目の瞬間が。30秒のカウントダウン後、黒い幕が外されると、秋葉原の街中に実物大“輝星・空式”が出撃!!

 こちらのプラモデルは、何度もお伝えしている通り、本当に実物大。機体の随所に汚し処理(いわゆるウェザリング)などが行われた、ミリタリー色の強いプラモデルに仕上がっている。また、パーツの一部には、LEDが仕込まれているのが、めちゃくちゃカッコいい。こちらは夜に見ると、また違った表情になるのだという。背中に付いているブレードも、緑のニュード(ゲーム内のエネルギーの名称)が動くように発光しているなど、細部に渡ってこだわり抜かれたモデルとなっていた。

 青木P曰く、パーツはほぼすべてワンオフで作られた特注品で、約1000個も使用されているボルトなども、3Dプリンターを活用して作られたそうだ。また、青木Pは「実物大のロボットを作るという企画は結構すでにありますよね。普通にやってはつまらないので、新しいことをやりたいなと考えていたんですよ。そこで、コトブキヤさんとお話してるなかで、プラモデルにしたらおもしろいんじゃないかとアイディアが生まれまして。だったら、ランナーからパーツを切り取ることからやろう、プラモデルを作る過程をみせよう、と考えたのです」と、企画の経緯を説明していた。

 なお、この1/1プラモデルは、ベルサール秋葉原では8月2日まで展示され、Twitter連動企画も行うそうだ。その後の展示の予定は未定だが、多くのお客さんに見てもらえるような場所には、かならず展示するとのことなので、続報を楽しみに待とう。

 続いては、朝日奈さん、高槻さん、前島さんの3人が出演している、初心者用動画についてトークを展開。高槻さんはいろいろなコスプレしたのが大変だったと語り、前島さんはコントローラをスナイパー風に構えるシーン、朝日奈さんは敗北してぐったりした姿がお気に入りとのこと。

高槻かなこさん、朝日奈丸佳さん、前島亜美さんが『ボーダーブレイク』を紹介する映像“はじめよう!ぼーだーぶれいく”が公開

セガ・インタラクティブは高槻かなこさん、朝日奈丸佳さん、前島亜美さんが『BORDER BREAK』のゲーム内容やプレイの基礎を紹介するHOW TO ムービー“はじめよう!ぼーだーぶれいく”を公開した。

 そろそろお別れの時間も近づき、最後は出演者で全員でご挨拶。そのなかで、青木Pは「家庭用『ボーダーブレイク』は、みなさんで育てていきたいタイトルです」とアピールし、完成披露会は終了となった。

登壇者たちへ囲みインタビュー

 本記事の最後として、青木P(以下、青木)、高槻さん(以下、高槻)、朝日奈さん(以下、朝日奈)、前島さん(以下、前島)へ、イベント終了直後に行われた、囲みインタビューの模様をお届けしよう。

――いよいよ明日発売となる、いまの気持ちをお聞かせください。

朝日奈 1/1プラモデルを見て、ワクワクした気持ちが湧きました。『ボーダーブレイク』を、いよいよ遊べるんだなと思うと本当に楽しみで、はやく遊びたいです!

高槻 前回イベントに出演させてもらったのは“セガフェス 2018”のときでしたが、ようやく発売となります。いまから遊べると思うと、ワクワクが止まりません!

前島 初心者向け講座に出演した際に、『ボーダーブレイク』を初めて遊んだのですが、本当におもしろいゲームです。配信がスタートしたら、プライベートでもやりたいですね。ぜひ、本作から初めてやる人にも、楽しんでほしいです。

青木 家庭用を作ろうと思ってから3年、ようやく発売を迎えられると思うと感慨深いです。それと同時に、サービスインを今夜0時から、本当にスタートできるのかは不安あります(苦笑)。もちろんリリースの準備は万端ですので、ぜひ皆さんに0時から遊んでほしいです。

――1/1プラモデルを見て、『ボーダーブレイク』を遊ぼうと思ったらどんな気持ちの変化があると思いますか?

朝日奈 私は今回のプラモデルを見て、自分がゲームのなかに入り込んだ感覚がありました。ゲームを遊ぶことが楽しみだったのですが、『ボーダーブレイク』の世界に入ることも楽しみになりました。みんなのロマンを叶えてくれた、セガさんに感謝です!

高槻 戦場で手に汗握りながら戦うゲームなので、実物大の機体があるおかげで、よりリアルな戦場に飛び込んだ感覚が味わえると思います。

前島 駅に展示されていたパーツから見させていただいて、ようやくひとつのプラモデルとして完成したのが感慨深いです。

青木 実際に作ってみたら、こんな大きいものが本当に動くのか? という、疑問が生まれました(笑)。とくに開発陣としては、ロボットデザイナーの意識に変化が生まれたと思います。

――本作を、どんな人と遊んでみたいですか?

朝日奈 私は本作から遊び始めます。ぜひアーケード版で遊んでいた人たちとも戦いたいですが、やっぱり強いんですよね。私はまだまだ慣れてないので、先輩方に負けないくらいのプレイスキルを身に着けて、ランクを上げていきたいです。

高槻 βテストでプレイした際は、アーケード版からの先輩方が多くて、プレイしながら先輩たちの技を盗んでやっていました。今回は初心者の人たちとも戦えると思うので、いっしょに成長していけると思いつつ、ぜひ先輩たちを見習っていきたいです。……私は破天荒なプレイをしてしまうので(苦笑)。

前島 バトルもさることながら、カスタマイズがすごく楽しそうです。機体のカラーバリエーションもすごくあって、自分好みの機体を使って出撃したいです。

青木 とくにPS4版からの初心者の人たちと、ぜひ遊んでいきたいですね。遊びながら、初心者たちの成長をいっしょに見守りたいです。

――PS4版ならではの魅力はどこだと思いますか?

朝日奈 初心者の人でも、かんたんにカスタマイズできる、機体の“おまかせ機能”があります。足を速くしたい、攻撃力を上げたい、と指定するだけで、自分のプレイスタイルを見つけられますよ。

高槻 対戦が10対10の大人数だから、最初は戸惑う人も多いと思います。最初は味方に頼りながらやりましょう。倒されてもすぐに復活できるので、何度も立ち上がって諦めず、私みたく泥臭くやってほしいです。

前島 兵装が4つあるので、いろいろ試してほしいです。強襲兵装で突撃するのもいいですし、後ろに下がって遊撃兵装でスナイパーをするのもアリだと思います。

青木 やはり最初から対戦いくのは、抵抗があるのかなと思います。ただ、本作にはひとりで遊べるストーリーモードがあります。チュートリアルも兼ねたモードですので、まずは『ボーダーブレイク』の世界を知りつつ、プレイスキルを身に着けてほしいです。そのあとに、対戦に行くのもありです。

――最後に、本日の感想と、これから遊ばれる方に本作のアピールをお願いします。

朝日奈 1/1プラモデルと聞いて、本当にここまでのものができるとは思っていませんでした。私もミドリ役として参加している作品でして、『ボーダーブレイク』のことをいろいろ勉強して収録に臨みました。これから、プレイステーション4から自分の声が聴けると思うと、感慨深いです。

高槻 いちゲーマーとして、こういった場に立たせてもらって光栄です。いろいろなイベントに出演するたびに、ファンの皆さんの熱い愛を感じています。また、これからPS4版がスタートするということで、新時代の幕開けを感じられるのではないでしょうか。

前島 今回のイベントで、制作陣の想いなども聞けたことで、本作をやりこんでいくのが楽しみです。また、私たちが出演している動画を通じて、初心者の皆さんのお手伝いができればと思います。

青木 今回、ゲームの発売とプラモデルの実物を発表しました。ここまで、本当に長かったです。これまで関わってきたスタッフ陣、関係者の皆さん、本当にありがとうございました。ぜひ、ダウンロードして遊んでください。



(C)SEGA