アトラスは、『世界樹の迷宮X』の発売直前生放送特番にて、シリーズのさらなる展開を示唆した。

 下画面に地図を書きながら冒険するスタイルで人気を博してきた、ダンジョンRPG『世界樹の迷宮』シリーズ。2018年8月2日に発売される最新作『世界樹の迷宮X』は、これがニンテンドー3DSで発売される“最後”の作品になると、かねてから公言されてきた……が、本日配信された同作の発売直前生放送特番において、シリーズのさらなる展開が示唆された! その映像と、シリーズを手掛けてきたアトラス・小森成雄氏からのメッセージを以下に紹介しよう。

 【アトラス・小森成雄氏からのメッセージ】
 「『世界樹の迷宮X』は、世界樹シリーズにとって遂に10作目の作品となります。
 ここまでシリーズを続けてこられたのは、ファンの皆様が今日までこのタイトルをプレイし支えてくださったおかげです。本当にありがとうございます。
 当初からお伝えしている通り、『世界樹の迷宮X』はこれまでの世界樹シリーズの集大成であり、かつ3DS最後の世界樹となります。ですが、もちろんそれは「3DSでは」最後という意味です。3DS最後のタイトルとは、すなわち次の段階のはじまりの宣言に他なりません。皆様に支えられてここまで来た世界樹は、全く新しい世界に向けて、今、胎動しているのです。
 この情熱を、出来るだけ早く、目指すべき形として産み出せるよう励んでいきますので、これからもよろしくお願いいたします」。

 
 なお、週刊ファミ通2018年8月16日号(2018年8月2日発売)では、同日発売となる『世界樹の迷宮X』の発売記念特集をお届け。序盤から楽しみ尽くすための攻略情報はもちろんのこと、作家陣によるマンガやイラストコラム、本誌限定のDLC(詳しくはこちら!)、開発者へのインタビューなども掲載しているので、ゲームとあわせて是非チェックしてほしい。