2018年6月ソフト・ハード売上ランキング速報、ソフトは『マリオテニス エース』が12.2万本、ハードはNintendo Switchが4ヵ月連続トップに!

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2018年6月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2018年6月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。集計期間は2018年5月28日~2018年6月24日(4週分)。

以下は、リリースを引用して掲載

ファミ通ゲームソフト・ハード売上ランキング6月速報

・「マリオテニス エース」が12.2万本を売り上げ首位獲得。「Fate/EXTLLA LINK」は2機種合計で15万本を販売。

・Nintendo Switchが16.4万台を販売し、4ヵ月連続のトップ。

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2018年6月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上データをまとめました。集計期間は2018年5月28日~2018年6月24日(4週分)です。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1位 マリオテニス エース(Switch) 任天堂 122,070本
2位 Fate/EXTELLA LINK(フェイト/エクステラ リンク)(PS4) マーベラス 100,782本
3位 スプラトゥーン2(Switch) 任天堂 70,304本
4位 Minecraft(Switch) 日本マイクロソフト 66,050本
5位 New ガンダムブレイカー(PS4) バンダイナムコエンターテインメント 57,179本

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1位 Nintendo Switch 164,294台(先月1位 Nintendo Switch 144,455台)
2位 プレイステーション4(合計) 88,312台(先月2位 プレイステーション4(合計) 86,181台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1位 任天堂 45.0万本
2位 マーベラス 15.4万本
3位 バンダイナムコエンターテインメント 13.6万本

【2018年6月期の家庭用ゲーム市場について】
月間ソフトランキングでは、『マリオテニス エース』(任天堂/2018年6月22日発売/Switch)が12.2万本を販売し、首位となりました。同作は2016年1月にWii U向けに発売された『マリオテニス ウルトラスマッシュ』の初動6.0万本の2倍以上を販売し、好スタートを切っています。
また、『Fate/EXTELLA LINK(フェイト/エクステラ リンク)』(マーベラス/2018年6月7日発売/Vita・PS4)のPS4版が10.1万本、PS Vita版が4.9万本を販売し、それぞれ2位と6位にランクイン。2機種合計で15.0万本を売り上げました。

そのほかのソフトでは、『Minecraft』(日本マイクロソフト/2018年6月21日発売/Switch)が6.6万本を販売し4位にランクインしました。同作はこれまでPS VitaやWii Uなど、多くの機種向けにマルチプラットフォームで販売されていますが、今回のNintendo Switch版はこれまでの初動を上回る好調な立ち上がりとなっています。

ハード市場では、Nintendo Switch本体が16.4万台を売り上げ、4ヵ月連続で月間販売台数首位となりました。なお2位のプレイステーション4は、月間8.8万台の販売台数となっています。

2018年7月期には、『ザンキゼロ』(スパイク・チュンソフト/2018年7月5日発売予定/Vita・PS4)や『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』(バンダイナムコエンターテインメント/2018年7月19日発売予定/Switch)といった注目のタイトルが登場予定です。夏本番とともに、ゲーム市場も暑く盛り上がることが期待されます。
<ファミ通調べ>

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。
2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。
(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)

◆株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について
株式会社Gzブレインは2017年7月3日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立。『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っています。情報誌や書籍の出版だけでなく、Webメディアやイベントの企画・運営、ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、ゲームマーケティング事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開しています。
公式サイト