日本一ソフトウェアは、本日(2018年6月28日)、Nintendo Switch用ソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の情報を公開した。

 日本一ソフトウェアは、本日(2018年6月28日)、2018年9月27日発売予定のNintendo Switch用ソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の情報を公開した。本タイトルは、2017年9月に発売したプレイステーション4版をNintendo Switch向けに最適化したもの。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

前人未到、人跡未踏。妖しげな“地下迷宮”に挑む、“魔女ノ旅団”の物語。

 

 日本一ソフトウェアは、2018年9月27日(木)に、Nintendo Switch用ソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の発売を予定しております。本タイトルは、2017年9月に発売したPlayStation4版をNintendo Switch向けに最適化したものです。本タイトルのジャンルはRPGです。1人称視点でダンジョンを攻略する探索パートと、個性豊かなキャラクターたちが織りなす謎めいたストーリーパートを行き来しながら物語は進みます。

呪いの瘴気に満ち溢れた、古の地下迷宮を攻略する。
 プレイヤーは魔女“ドロニア”が所有する“1冊の本”となり、彼女の命に従って、伝説の地下迷宮の攻略へと乗り出します。プレイヤーが引き連れるのは、“人”でもなく“動物”でもない、魔女が作り出した“人形兵”達。

 物言わぬ彼等と、1冊の本からなる特異な集団“魔女ノ旅団”が迷宮に挑む時、妖しげな都を舞台に、摩訶不思議な物語が幕を開けます。

物語

――ここではないどこか。

幽かに魔法が存在する不思議な世界、テネスの物語。

そこにある、妖しげな都、ルフラン市――

寂れた辺境の街と揶揄される、その忘れられた街には前人未到の“地下迷宮”がありました。
いつ、誰が作ったものかはわかりません。

世界を統べる財宝があるとも、不死の秘宝があるとも、世界を滅ぼす魔王がいるとも伝えられますが、その真偽は何一つわかりません。

わかっていることは、迷宮の中は強い“呪いの瘴気”で満ちており、“人”は半時と生きていられないことくらい。

しかし、ある時そこに一人の“魔女”がやってきて、迷宮の探索に名乗りを上げます。

魔女の名は“バーバ・ヤーガ”

街の人々がいぶかしむ中、探索に乗り出す魔女の手には、“迷宮探索唯一の生き残り”といわれる男が残した伝説の書物、“妖路歴程(ようろれきてい)”が握られていたのでした……。

夕闇の魔女 ドロニア CV:仙台エリ
黒い装束に身を包んだ、黒髪と美貌を持つ魔女。
王に仕える宮廷魔女で、その赤と青の目の色から、夕闇の魔女と呼ばれており、自らを“バーバ・ヤーガ”と名乗っている。

魔女の弟子 ルカ CV:種崎敦美(※)
夕闇の魔女ドロニアの弟子で一緒に旅をしている。
元気で明るく、泣いたり笑ったりと表情がくるくる変わる。
※崎は“たつさき”

呪われた伝説の書 妖路歴程(ようろれきてい)
地下迷宮の唯一の生還者であり、迷宮の奥底まで踏破、その秘密を解き明かしたと言い伝えられる男が残した伝説の書物。プレイヤーの分身。

世界観

古の地下迷宮を持つ都“ルフラン”市
物語の舞台となる辺境の都市。
王都から西の山脈を3つ越えたところに位置する忘れ去られた街で、他の都市との交流がほとんど無い。
一時期は、地下迷宮の噂を聞きつけた者たちの来訪が後を絶たないこともあったが、今では、あまりの難攻不落ぶりに、訪れるものもいなくなっているという。

地下迷宮
ルフラン市、西区の中央広場にある井戸の底に存在するという噂の迷宮。
様々な財宝が眠ると言われているが真偽の程は定かではない。
また、地下は強い瘴気に満ちており、公式に挑んだ者だけでも、すでに568人の命が地下迷宮で失われており、唯一の生存者含めて全ての人間が死亡している。

魔女ノ旅団
魔女が作り出す“人形兵”。
その人形兵で構成された集団である“カヴン”が複数集まったものを