Playdeadの『LIMBO』、『INSIDE』がNintendo Switchでリリース決定。発売日は2018年6月28日。

 デンマークの開発会社Playdeadは、世界中で数々の賞を受賞した2Dアクションパズル『LIMBO』、および、『INSIDE』を、Nintendo Switchで2018年6月28日に配信する。これは、ファミ通がPlaydeadへの取材の過程で得た情報だ。なお、各国のニンテンドーeショップで順次販売されるとのことで、明確な販売開始時間は不明。

 『LIMBO』は2010年7月(日本)にリリース。モノトーンのグラフィックと謎の多いストーリー、一度のミスで死を迎えるもののすぐにリトライができるテンポ感、絶妙なレベルデザインで、世界中で話題に。多くの賞を獲得している。

『LIMBO』
メーカー:Playdead
ハード:Nintendo Switch
配信日:2018年6月28日
CERO:17歳以上対象

 一方の『INSIDE』は、2016年7月(日本)にリリース。『LIMBO』の流れを受け継いだ2Dアクションパズルで、色がついたものの、より“死”をひしひしと感じさせるグラフィックになっている。レベルデザインはさらに洗練され、『LIMBO』以上に遊びやすくなっているのが特徴だ。そして、クライマックスには驚きの展開が……。

『INSIDE』
メーカー:Playdead
ハード:Nintendo Switch
配信日:2018年6月28日
CERO:17歳以上対象

 すでに、さまざまなハードで配信されている2作品だけにプレイしている人も多いかもしれない。未体験の人にオススメするのはもちろんだが、クリアー済みの人も、久しぶりに手を取るのもいいだろう。

 なお、前述した通り、ファミ通ではPlaydeadへの独自取材を行っている。先日は、デンマークにあるPlaydeadへの訪問取材をさせていただき、Playdeadの創設者であり、『LIMBO』、『INSIDE』の生みの親であるArnt Jensen氏など主要スタッフの方にインタビューをさせていただいた。

Playdead社屋の外に揺らめく旗。

 この取材の模様は、週刊ファミ通2018年7月19日号(2018年7月5日発売)で20ページ強にわたる“Playdead特集”として掲載予定。ぜひチェックしてほしい。また、Arnt Jensen氏へは、昨年2017年に、『ICO』、『ワンダと巨像』、『人喰いの大鷲トリコ』の上田文人氏との対談を取材させていただいた。Nintendo Switch版『LIMBO』&『INSIDE』の配信、そしてPlaydead特集が掲載されたファミ通の発売を待つあいだ、下記の記事をお読みいただければ幸いだ。