『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』河野BDインタビュー! アーセナルバードは2機存在する!?【E3 2018】

2018年6月14日発売の週刊ファミ通で8ヵ月ぶりの新情報が載った『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。プロデューサー・河野一聡氏へのインタビューをまとめた。

プロフィール

河野一聡氏(こうのかずとき)

『エースコンバット』シリーズ ブランドディレクター

 “空の革新”をテーマに、開発が進められている人気フライトシューティングの最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』(以下、『ACE7』)。プレイヤーは戦闘機のエースパイロットとなり、ますます進化したリアルな大空で、手に汗握る空中戦をくり広げられる。本作は、長らく最新情報が公開されていなかったが、“E3 2018”(※)で最新のPVがお披露目された。そこで、シリーズの中心人物であるブランドディレクターの河野一聡氏にインタビューを実施。ゲームの開発状況や最新のPVで気になる点をうかがった。

※E3……エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ。毎年6月ごろにアメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム見本市。

※本インタビューは、週刊ファミ通2018年6月28日号に掲載されたものに増補改訂を行ったものです。

【関連記事】

『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』 E3出展用最新トレーラーを公開!

バンダイナムコエンターテインメントは、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』について、E3で公開された最新のトレーラーを公開した。

より多くのファンが納得できるものを

――今回は、8ヵ月ぶりの新情報公開となりましたが、本作の開発は順調ですか?

河野 この8ヵ月間は、ひたすら作品のクオリティーアップに励んでいました。とくにここ何週間かは、開発現場にこもりきりになるほど細部までチェックをするものが多かったのですが(苦笑)、形になってきました。ようやく発売の目途が見えてきたと思います。開発スタッフには、よく「河野さんが求めているクオリティーにするのはたいへんです」と言われましたが、そのたびに「これは僕が求めているんじゃなくてファンが納得するクオリティーのためだよ」とお願いしました。

――『ACE』シリーズが今年で23周年を迎えられたのは、そうした河野さんたち開発スタッフの強いこだわりがあるからなのですね。

河野 『ACE』シリーズは、フライトシューティングとしてオンリーワンで、ナンバーワンのタイトルだと自負しています。手前味噌ですが、ファンの方が期待されるクオリティーに答え続けられたのが、長年愛されているいちばんの理由ではないでしょうか。最近は、お父さんがプレイしているという息子さんのプレイヤーや、お父さんが『ACE』シリーズを遊んでいてゲーム機が使えないといったうれしい声も聞こえてきます。ただ、僕らとしては現状の結果に満足していません。23年という時間があれば、もう少し作品を出せたと思うので、もっと早いペースで開発していかなければいけないと考えています。

――近年では、シリーズ初のF2P(フリー・トゥ・プレイ。無料で遊べるオンラインゲームのこと)である、『エースコンバット インフィニティ』という、新たな挑戦もされていました。2018年3月31日にサービスが終了しましたが、手応えはいかがでしたか?

河野 『エースコンバット インフィニティ』は、戦闘機好きの人たちが集まれる“場”を作りたいという思いからサービスを始めました。オープンβテストの期間を入れると、4年以上サービスを続けることができたので、十分に役割を果たしてくれたと思いますし、新たなファンが増えた手応えも感じていて。F2Pのタイトルとしては、成功したと思っています。

――その成功から最新作の『ACE7』につながるわけですが、E3 2018では最新のPVが発表されましたね。

河野 E3 2018では、お待たせしていたファンの皆様に向け、現在の開発状況をお伝えする最新のPVを用意しました。近日、日本でも公開予定なので、ぜひご覧になってください。

――E3で公開された最新のPVには、アーセナルバードとの戦闘シーンもありました。これまでの試遊にはなかったギミックがあるようですが……?

河野 本作には、アーセナルバードが2機登場するんですよ。それぞれ“リバティー”、“ジャスティス”という名前がついていて、一方はプロトタイプでもう一方は最新型になります。ちなみに、昨年のプレイアブル版に登場していたアーセナルバードはリバティーですが、8ヵ月のあいだに性能が変わりました。なぜかというと、後半のミッションを変更したからです。そこから連鎖的に修正が必要な箇所が発生していき、リバティーにも“ある機能を実装しないとおかしい”ということにいたりました。

――どんな機能か気になります。そう言えば、PVではアーセナルバードから光の輪が出ているような……。

河野 鋭いですね(笑)。それの詳細については、今後の続報をお待ちください。

――何か秘密がありそうですね。では、最新のPVから垣間見える、物語の見どころは?

河野 PVには、“懲罰部隊”に関する施設が映し出されます。主人公は、もともとオーシア国防空軍に所属していましたが、今回は、部隊を転々としていくことになります。PVに登場した懲罰部隊も、主人公が所属する部隊のひとつです。従来のナンバリングタイトルでは、同じ部隊で過ごすという描きかたが続きましたが、本作では大きく変わります。懲罰部隊にいるときは、これまでと違って英雄扱いされませんし、無理難題の作戦に挑まなければなりません。ストーリーを通して英雄になるという体験は大事にしつつ、逆境に打ち勝つ達成感も体験していただけると思います。

――これまでのナンバリングタイトルとは、違った体験ができそうです。

河野 本作では、片渕監督(片渕須直氏。『04』や『5』の脚本を担当)がストーリーを手掛けていますので、いろいろ考えさせられるところも多くて。たとえば、最新のPVに“スペアフィフティーン”という言葉が出てきます。これは、彼らが代用品であるという意味なんですよ。15番目の代用品で、いくらでも変わりはいる。「お前たちの死に場所は俺が決める」と言われているのは、そういう意味なんです。

――“スペアフィフティーン”に、そんな意味が隠されているとは気づきませんでした。

河野 本作のストーリーには、片渕監督らしい、深くて幅の広いテーマやメッセージが入っているなと思います。開発現場にこもっていたときに、改めてストーリーをじっくり読み直す時間があって。それに、ストーリーにゲームや映像、音楽、セリフがそろってくると、本当はこういうことが言いたかったんだなって、作品の行間が読めるようになるんですよ。片渕監督と最初に打ち合わせをしたとき、確かにこういうことをやりたいと言っていたな、最初に伝えたかったメッセージはこれだよなって。心に染みるような体験をしましたね。

――ストーリーと言えば、『ACE3』~『ACE7』の世界線がパラレルではなく同一であることがわかりました。同じ世界線で、喜んだファンも多いと思いのではないでしょうか。

河野 世界線が同じと言い切ってしまうと、(シリーズ未経験者は)途中からは遊びづらい、楽しめないという意見も出るかもしれませんが、『ACE』シリーズには歴史好きなファンがたくさんいらっしゃるので、はっきりさせることにしました。それに、片渕監督が描いてくれたシナリオは、前後の設定がちゃんとあり、意味をなしてつながっているので、本作で改めて歴史を整理したいという考えもあります。『ACE7』では、現実世界でも未来に建造されるであろう、“軌道エレベータ”を中心とした戦争をストーリーの主軸にしています。

――新たに公開された資料には、軌道エレベータを“灯台”と表現しているのが印象的でした。この意味は……?

河野 灯台と表現したのには、もちろんちょっとした意味がありますが、現状ではまだ明かせないので、こちらも続報にご期待ください。