人気アニメ『キルラキル』ゲーム化! TRIGGER×アークシステムワークスで2019年発売、タイトルは『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』

人気アニメ『キルラキル』のゲーム化が発表! タイトルは『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』で2019年発売予定。

 2018年6月16日、テレビアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』CM内で、人気アニメ『キルラキル』のゲーム化が発表された。公式サイトによると、タイトルは『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』。発売日は2019年予定で、対応機種は未定。ジャンルは“キルラキル耐繊アクション”で、プレイ人数は1〜2人とのこと。販売はアークシステムワークスで、開発はエープラス。

 公式サイトでは、鮮血を着た纏流子と、純潔を着た鬼龍院皐月の戦っているスクリーンショットが公開されている。スクリーンショットを見る限り、セルシェーディングのようなグラフィックに見えるが? タイトルが“異布”(if)、ジャンルが“耐繊アクション”(対戦アクション)と、布や繊維にかけた語呂合わせになっているのが、なんとも『キルラキル』らしい。

 下記にもある“ティザー告知TVCM”は、原作アニメを彷彿させる満艦飾マコの怒涛のナレーションで構成されており、それによると、“アニメのときは見れなかったものが見れちゃったりする”、“トリガーとアークシステムワークスが殴り合いながら作っている意欲作”だという。

 タイトルはもちろん、ティザー映像など、要所要所で『キルラキル』らしさを感じさせる作りは、ファンならば思わずにやりとしてしまうところ。なお、ゲームの詳細は、ロサンゼルスにて2018年7月5〜8日に行われるアニメエキスポにて発表とのことだ。

[2018年6月18日14:10追記]
スクリーンショットなどを、下記の記事にて公開しました。

アニメ『キルラキル』がアークシステムワークスによりアクションゲーム化、公式リリースが到着!

アークシステムワークスは、トリガー制作のアニメ『キルラキル』をゲーム化した『キルラキル ザ・ゲーム -異布- (キルラキル ザ・ゲーム イフ)』を2019年に発売することを決定した。

画像は公式サイトより。

 ちなみに、先日カウントダウンサイトが公開されたタイトルの続報がまさにこれ。48時間のカウントダウンが行われたあと、サイトには“本日のダーリン・イン・ザ・フランキス TV放送をお見逃し無く!”という記載に変わっており、テレビアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の放送内のCMで上記が発表された。

アークシステムワークスとトリガーが謎のカウントダウンサイトを公開

アニメ制作会社のトリガーとアークシステムワークスが謎のカウントダウンサイトを公開した。