『バイオハザード RE:2』正式リリース到着! プレイステーション4、Xbox One、PCで2019年1月25日発売予定

2018年6月12日、カプコンは『バイオハザード2』のリメイク作品『バイオハザード RE:2』について、最新情報を公開した。

 カプコンは、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード RE:2』について、最新情報を公開した。

『バイオハザード2』がプレイステーション4でリメイク!2019年1月25日発売予定【E3 2018】

  2018年6月12日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、“PlayStation E3 2018 Showcase”を開催。『バイオハザード2』のリメイクと、発売日が発表された。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

この惨劇に 喰われるな

すべての想像を裏切り、上回る再:新作『RE:2』。
この恐怖、この窮地、そしてこのクオリティー。
世界を虜にしたサバイバルホラーの傑作が 全てを一新し、 2019年1月 再誕する。

原点にして、最恐 “ ゾンビ “が、もっとも怖い

生ける屍者 “ ゾンビ ”。本作に登場するゾンビは、
どんなに傷つけられようとも、執拗に 生者=プレイヤーの命を貪りに来る。

“ 喰われる恐怖 ”の臨場感

猛烈な飢餓感に突き動かされ “彼ら“は、本能のまま歯を突きたて、引き裂き、貪り喰らう。
「ビハインドビュー」により、その歯牙が更なる臨場感でプレイヤーに襲いかかる。

世界の緻密な再考証 新構築されたラクーンシティ

キャラクター、背景の構成はもとより、物語も一から再考証をおこなった。
懐かしく も まったく新しい“恐怖の惨劇“ が幕を開ける。

圧倒的な没入感 迫真のフォトリアル世界

全世界から絶賛された『バイオハザード7』。 その最新技術は、本作にも活きている。
匂いや湿度すら感じられるほどのビジュアルが、初プレイの記憶すら上回るクオリティでプレイヤーに迫ってくる。

絶望的な窮地から 生き延びろ

死角となる物陰、闇の中に潜む数々の恐怖体験。
己の機転と行動力で、窮地を脱し“極限状態からの生還”を目指せ

STORY

合衆国北西部の街、ラクーンシティ。
その郊外では“人食い”とも呼ばれる猟奇事件が頻発していた。
市警特殊部隊S.T.A.R.S.の派遣により、事件は解決を見るも
真相が公表されることなく、月日が流れて行った。
1998年9月―
猟奇事件から約2カ月後、
ラクーンシティ市街地で大規模なパンデミックが発生した。
赴任先のラクーンシティ警察署へと向かう新人警官レオン・S・ケネディ。
時を同じく、特殊部隊隊員である兄の安否を確かめるため
ラクーンシティへと向かう女子大学生のクレア・レッドフィールド。
二人は、生ける屍者で溢れた街、
見紛う事のない地獄 を目の当たりにする……

『バイオハザード2』×RE ENGINE シリーズ屈指の傑作が現代のゲームマシンに蘇る

●『バイオハザード2
オリジナル版『バイオハザード2』は1998年発売。累計販売本数496万本を数える。舞台は第1作の閉ざされた洋館から一転、市街地でのパンデミックが描かれる。本作の大ヒットがシリーズの人気を不動としただけでなく、“すぐそこに生物兵器の驚異が存在する”という世界観をも決定づけた。

●RE ENGINE

バイオハザード7 レジデントイービル』のために開発された。最新マシンのパワーを存分に引き出すポテンシャルを有する。緻密なグラフィックを高フレームレートで描画するパワフルさと、クリエイターの創造力に応える柔軟さを併せ持つゲームエンジンだ。『バイオハザード7 レジデントイービル』制作の経験を経て磨かれたRE ENGINEが、つぎなる恐怖を描き出す。