“テイルズウィーバー音楽祭2018”リポート、『魔法陣グルグル』コラボや新キャラ、モバイル版の情報も!

2018年5月19日、『テイルズウィーバー』のオフラインイベント“テイルズウィーバー音楽祭2018”が開催。スペシャルライブや新発表で盛り上がったイベントの模様を紹介する。

 ネクソンが提供するPC用オンラインRPG『テイルズウィーバー』は、今年でサービスインから14周年を迎え、さまざまなアニバーサリーイベントを展開。その一環として、2018年5月19日にオフラインイベント“テイルズウィーバー音楽祭2018”が開催された。

抽選で招待された多くの『テイルズウィーバー』プレイヤーが来場。会場内のホワイエには、招待者以外の一般参加者もイベントを観覧できるライブビューイングスペースが用意されていた。

 司会進行はイベントMCやナレーターとして活躍するタレントの野口菜菜さんと、『テイルズウィーバー』大好き声優・村井理沙子さんが担当。さらにGMのネフニル氏も登壇し、さまざまな新情報を発表した。

MCを務めた野口菜菜さん(左)と村井理沙子さん(右)。村井さんはネニャフル学院制服を着て登場。

GMネフニル氏(中)から驚きの新情報が数多く発表された。

今年は『テイルズウィーバー』激動の年!? 怒涛の新情報ラッシュ!

 まずはイベント内のアップデート紹介コーナーで発表された、2018年のアップデート内容についてお伝えしていこう。

Episode3~共鳴~、ついに完結

 長らく気になる展開が続いてきたメインストーリーEpisode3が、ついに完結を迎える。画像の通り、Chapter6ではシベリンとイスピンが、完結編のChapter7ではマキシミンとジョシュアが、それぞれフォーカスされる。

 Chapter6はイスピンのシークレットチャプターをプレイしておくとより楽しめるとのことだ。また、Chapter7の画像の後ろにうっすらと気になる人物の姿が見えているが、『テイルズウィーバー』の原作を知っている人ならその意味が分かるのでは、とのこと。

Chapter6が2018年6月20日に、Chapter7が2018年8月29日に実装される。

新ダンジョンコンテンツ“忘却の地下墓地”登場

 新ダンジョン“忘却の地下墓地(仮称)”が、対象レベル290以上という過去最高難度で実装される。とある魔術師によってケルティカの地下に封印されていたという本ダンジョンは、Episode3・Chapter7のストーリーにも少し関わっている。

 ダンジョンの作りとしては、既存の“封印された宮殿”のように、各部屋のボスを倒して進行していくタイプになる予定とのこと。ソロモードもいっしょに2018年8月29日に実装予定だ。

現状最難関の“アカドラト”をも上回る対象レベルで、開発スタッフも「これまででいちばん難しい」と語っているという新ダンジョン。手に入る新たな共通スキルとモンスターカードの内容も気になるところだ。

新プレイアブルキャラクター“リーチェ”実装

 2015年に実装された“ノクターン”以来、3年ぶりとなる新プレイアブルキャラクター“リーチェ”が登場する。

 すでにNPCとしてブルーコーラルで見かけているプレイヤーも多いかと思われる彼女。特徴的な新システムとともに、プレイヤーキャラクターとして活躍することになる。

裁縫師ながら優れた剣術と記憶力を持ち、『テイルズウィーバー』の原作作品『ルーンの子供たち デモニック』では、ジョシュアやマキシミンといっしょに冒険に出ていたキャラクターだ。武器は長剣とペンデュラム。彼女が使う長剣は、既存の長剣とは異なる新カテゴリー武器となる。

 リーチェ最大の特徴は、“アナローズモード”と“悪の武具モード”という、ふたつのモードを適宜切り替えていく戦闘スタイルだ。

 支援に特化したアナローズモードと攻撃に特化した悪の武具モードを使いこなすのは非常に忙しいとのこと。これまでのプレイアブルキャラクターの中でも、かなりテクニカルな部類に入るようだ。

各モードのスキルモーションも動画で紹介された。よく見ると、メインストーリーなどで見たことがある姿が……? これらのスキルからも分かる通り、リーチェはさまざまな人物と関わりを持つキャラクターらしい。また、ネフニル氏いわく「ノクターンのストーリーをぜひ見ておいてください」とのこと。

 さらに、リーチェには、スキルを使用すると一定確率で溜まる“不調和”を消費して放つ、強力な“暴走スキル”も用意されている。

 ふたつのモードの使い分けに加えて、不調和をより効率よく溜める必要も出てくるが、使いこなせればかなり強力なキャラクターになりそうだ。

暴走スキルも動画で紹介された。巨大な魔力の槍が爆発とともにかっ飛んでいく様子はまさに圧巻。

 スキルの成長(マスタリーシステム)についても、リーチェには新しいシステムが導入される。スキルひとつひとつに、個別でマスタリーを設定し、カスタマイズできるのだ。

スキルひとつひとつを好みの性能にカスタマイズできる。同じリーチェでもプレイヤーごとに異なるスキル運用ができるため、別キャラのように見えることもあるかも?

光と闇がせめぎ合うかのようなタイトルイラストのイメージラフも公開。リーチェのプレイアブル化とプロローグチャプターは2018年7月25日に同時実装予定だ。育成用の素材などを溜めて待とう。

『魔法陣グルグル』タイアップの詳細が明らかに!

 2018年5月23日から開催されると告知済みのテレビアニメ『魔法陣グルグル』とのタイアップについて、詳細が公開された。さまざまなタイアップをしてきた『テイルズウィーバー』でも初となる、ギャグタッチ作品とのコラボレーションということで、内容も斬新なものとなっている。

NPCに話しかけるだけで達成できるデイリーイベントから始まり、クサいセリフを言い当てたり、“にけや”で独自のバフが得られる弁当を作ったりと、『魔法陣グルグル』でおなじみの要素満載のイベントが用意されている。ネフニル氏いわく、にけや名物・おやじのワキの下で握ったおにぎりはないとのこと。

 タイアップには討伐系のイベントも用意されており、上記のものも含めて、さまざまな方法でイベントアイテム“リン”などの報酬を集められる。

 中でもとくに斬新なのが“キタキタおやじ”討伐イベントだ。フィールドボスとして出現する『魔法陣グルグル』きってのギャグキャラ・キタキタおやじは、攻撃はまったくしてこないで、ひたすらキタキタ踊りを踊り続けるのだという。

魔王ギリも参戦するが、MC陣からも「おやじ狩りだー!」との声が上がっていたキタキタおやじの方がインパクト大。おやじを討伐するとほかのフィールドボスから得られる素材のほか、二次覚醒用の素材を高確率で得られるとのことで、会場のプレイヤーからは大きな笑いとどよめきが同時に起こった。

獲得できるタイアップアイテムもこだわりの再現度を誇る。“ベームベーム”や“へびいちご”も原作通り!

多種多様なタイアップアイテムが登場。画像左上のジョシュアが持っている“自分の剣”が見た目に反して強かったりと、消耗品も含めて、強力なアイテムも用意されるとのことだ。

Episode4始動!

 2018年にEpisode3が完結するとともに、“Episode4~黄金の時代~”が2018年冬には始動する予定。まだ舞台などは不明だが、ストーリーも人気の本作だけに期待は高まるばかりだ。

『テイルズウィーバーM』の新PVを公開!

 前の発表からしばらく続報がなかった『テイルズウィーバー』モバイル版について、最新のPVが上映された。

 PV内では印象的なひと言とともに各種のシーンが展開。FULL MMORPG=PC版と遜色ないグラフィックのフィールドを移動、ORIGINAL STORY=イベント、HIGH SPEED ACTION PLAY=ド派手な戦闘と、モバイル版も見せ場は多い。

 さらに、“NEW MOBILE GAME CONTENTS”としてモバイル版独自のコンテンツを匂わせる戦闘シーンが映ったほか、“CUTE COSTUME”としてキャラクターの着せ替え要素も登場。PC版の没案として公開されていたルシアン、ボリス、イスピン、ティチエル、マキシミン、ナヤトレイ、シベリン、ミラの衣装などもあるようだ。

 ネフニル氏によると詳細はまだ未定のようだが、開発が大きく進んでいることは間違いなさそうだ。さらなる続報に期待してほしい。

ライブやクイズで大盛り上がり! 会場の熱気は終始絶えず

 新情報の発表以外のステージイベントでも見どころは多かった。イベントのオープニングを飾ったプレミアライブでは、女性ジャズカルテット“Two Hats”と、クラシックユニット“LUKIA”が登場。『テイルズウィーバー』の名曲にアレンジを交えつつも、ゲームの雰囲気はそのままに演奏してくれた。

 曲目は“Reminiscence”から始まり、“Third Run”や“Hardboiled rhapsody”、“Second Run”などなど、いずれもプレイヤー人気の高い曲ばかり。さらに“空の橋”エリアで2018年3月に実装されたばかりの新曲“この約束が始まった季節”も演奏された。

 楽曲もまた大きな魅力である本作のよさを再実感させてくれる素晴らしいライブとなった。

ときにムーディーに、ときにややジャジーにと、各楽曲を軽快かつ多様に披露し、観客を楽しませてくれたTwo Hatsの皆さん。フルーティストのERiSAさんは、ボイスパーカッションとフルートを同時に演奏するBeat Boxing Fluteの日本人初の奏者で、その妙技を実演してくれた。

クラシックアレンジを駆使して演奏したLUKIAの皆さん。“Second Run”では小刻みなピアノの旋律で疾走感を出しつつ、メロディーをフルートで堂々と奏で、各曲で「どの楽器のパートもよく聞こえるように」とアレンジを加えたとのこと。各パートともに体を震わせる力強さがあり、楽曲に引き込まれた。

 ライブと新情報発表を終えた後のイベント第2部はクイズコーナー。GMネフニル氏が制作した〇×クイズに観客席のプレイヤー全員が挑戦し、5問連続で正解できた人数次第で、全プレイヤーへの配布報酬のランクが決まるという。

 かなり意地悪なクイズが立ち塞がるも、最初の5問でのチャレンジで108人が残るという快挙が達成され、最高ランクの報酬が配布されることとなった。

普通のプレイヤーなら久しく忘れていそうな部分や、覚えていそうで覚えていない部分を絶妙に付いてくる難問が続く。それに負けず見事に目標を達成した来場者を前に、ネフニル氏が本気で悔しがる場面も?

目標達成後、追加報酬を賭けてさらに5問が出題。難度が飛躍的に上がっていたため、こちらで最後まで残れたのは6名のみ。さすがにこれはわからなくて当然では……。

 クイズコーナー後はプレゼント抽選会。中身がランダムのお楽しみ袋のほか、開発者のイラスト&サイン色紙や『テイルズウィーバー』推奨ゲーミングPCなどの賞品が当選者に贈呈された。

 会場全体が番号発表のたびに大きく反応するなど、盛り上がりが絶えないのも印象的だった。

抽選会でも直前のクイズコーナーから引き続き、観客席側から悲喜こもごもの大きな反応が。

 こうしたイベントステージの時間だけでなく、合間の休憩時間にも、会場内のホワイエに用意された各種ブースは盛況。こちらでも、積極的に挨拶を交わしたり談話で盛り上がったりする、プレイヤーたちの熱気が感じ取れた。

人気曲“Third Run”を収録したオルゴールと、3個セットのスタッキングカップが用意された限定物販には、開場前から長い列ができていた。

“テイルズミュージアム”ブースには、貴重な設定原画やラフ画が勢ぞろい。イラストボードやこれまで登場したグッズなど、14年の歴史を感じさせる展示物が並べられていた。グッズを前に、思い出話に熱が入るプレイヤーたちの姿も。

ホワイエには記念撮影コーナーやフリーイラストコーナーを用意。プレイヤーの交流の場となっていた。

 14周年を迎えてなお新展開を続ける『テイルズウィーバー』。今回のオフラインイベントでは、新情報を受け止めるプレイヤー側の盛り上がりも直に感じられた。今後への期待はさらに高まるばかりだ。

 直近の『魔法陣グルグル』タイアップから始まり、この春から夏にかけて1ヵ月ごとに大きなアップデートが連続で実装されることとなる。プレイヤーの皆さんには続報をしっかりチェックしてもらいつつ、広がり続ける世界をぜひ堪能してもらいたい。