コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、プレイステーション4、Steam用ソフト『進撃の巨人2』について、オンライン対戦の新モードとして“駆逐モード”を、無料アップデートで追加した。

 コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、プレイステーション4、Steam用ソフト『進撃の巨人2』について、オンライン対戦の新モードとして“駆逐モード”を、無料アップデートで追加した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

「駆逐モード」追加の無料アップデート実施!

 当社は、好評発売中のタクティカルハンティングアクションゲーム『進撃の巨人2』につきまして、新要素を追加するアップデートを、2018年4月26日(木)に配信いたしました。

 今回のアップデートでは、オンライン対戦の新モードとして「駆逐モード」が追加されます。最大6人のバトルロイヤル形式で、制限時間内にいかに多く巨人を倒し、ポイントを獲得するかを競うモードです。戦い方に応じて用意された10種の「能力タイプ」から1つを選択し、それぞれに設定された能力やスキル、所持アイテムなどを駆使して巨人たちに挑みます。自身の戦い方に合った「能力タイプ」で上位を目指すことはもちろん、普段とは違う「能力タイプ」でプレイし、新しい戦略を見出すことも可能です。アップデートは無料で行うことができます。

 オンラインについては、5月にも新たな要素の追加を検討しております。続報にもご期待いただければ幸いです。本作の新情報は『進撃の巨人2』公式サイト公式Twitterアカウント(@kt_shingeki)でも随時公開してまいります。

オンライン新要素「駆逐モード」

「駆逐モード」の基本ルール
 制限時間内にできるだけ多くの巨人を討伐し、ポイントを競います。討伐の際、巨人の手足を切断してからとどめを刺すと、より多くのポイントを獲得することができます。

手足を切断しても、とどめを他プレイヤーに奪われるとポイントを横取りされてしまうので注意。

10種類の「能力タイプ」
 プレイヤーの能力やスキル、所持アイテムは10種類の「能力タイプ」より選択できます。「能力タイプ」には「投擲タイプ」「奇襲タイプ」などがあり、戦略に応じて能力・スキル・アイテムや装備がセットされています。

「投擲タイプ」…強力な火炎瓶や空中刃換装でのブレード投げなどの攻撃が得意な能力タイプ
「奇襲タイプ」…高威力の奇襲攻撃で、他プレイヤーが手足を切った巨人を横取りすることも可能

相手を妨害するアイテム
 本モードでは「シビレ弾」「ペイント弾」などの相手を妨害するアイテムや、それらを回避するアイテムも登場します。所持アイテムの種類や所持数は「能力タイプ」によって異なるため、それらも考慮して「能力タイプ」を選択することが重要になります。

一定時間動けなくなる「シビレ弾」
視界を遮られる「ペイント弾」

立ちはだかる強力な巨人たち
 敵巨人として原作でも活躍した「女型の巨人」「鎧の巨人」なども登場します。非常に高い能力を有しており、生半可な方法では太刀打ちできませんが、討伐できれば大量のポイントを獲得することができます。

耐久力、攻撃力共に非常に高い「女型の巨人」。高火力の「能力タイプ」でないと苦戦は必至。

逆転のチャンス
 残り時間が1分を切ると、獲得できるポイントが2倍になります。これを活用することで、一気に逆転も可能です。

一気にトップを狙う絶好の機会だが、妨害アイテムを一気に使いこのチャンスを阻止するという手も。

駆逐モード紹介映像