プレイステーション公式ラジオ“ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ”4月19日&26日のゲストは歌広場淳

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション公式ラジオ“ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ”2018年4月19日&26日放送回のゲストと放送内容を発表した。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション公式ラジオ“ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ”2018年4月19日&26日放送回のゲストと放送内容を発表した。ゴールデンボンバーの歌広場淳がゲーム論、エンターテインメント論を語る。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

“何事も王道じゃない方で考える” 

毎週木曜21時スタート! プレイステーションpresents『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』4月19日&26日放送のゲストは”ゴールデンボンバー”の歌広場淳さん

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が日本国内において、PlayStation®初の公式ラジオ番組として毎週木曜日21:00よりTBSラジオで放送する“プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”。 ゲーム好きで知られる人気ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパーである宇多丸さんと、ゲームを愛する著名人が「人生におけるゲームの影響」や「あのゲームとの思い出」、「今オススメのゲーム」など、ゲームについて楽しく語り合うトーク番組です。

※本番組は2017年4月8日(土)より毎週土曜24:00-24:30で放送しておりましたが、2018年4月5日(木)より、毎週木曜21:00-21:30に変更して放送します。

 4月19日&26日放送のゲストは”ゴールデンボンバー”の歌広場淳さんをお招きします。

“ゲームのアップデート情報を見ていたら赤坂駅(番組スタジオの最寄り駅)を乗り過ごしてしまった”

 “金爆”の愛称で知られる日本のヴィジュアル系エアーバンド“ゴールデンボンバー”のBe-su を担当する歌広場さん。憧れの宇多丸さんとトークできることを楽しみにしていたとのことですが、収録には少し遅れての到着……後のトークで、「実はゲームのアップデート情報を見ていたら赤坂駅を乗り過ごしてしまった」と、さっそくのゲーマーあるあるでスタジオの笑いを誘いながら、生粋のゲーマーっぷりを披露しました。

“何事も王道じゃない方の視点で考える”

 ゲームのみならず映画や音楽についても熱く語る歌広場さん。しかし話す内容は、よく聞くストーリーではなく、物事を王道“じゃない方”で考える歌広場さんならではのゲーム論やエンターテインメント論でした。

 番組後半では、PlayStation®4 用ソフトウェア『The ElderScrolls V: Skyrim VR』(ベセスダ・ソフトワークス)を初体験。宇多丸さんが思わず「そこ反応するの(笑)?」とつっこみを入れるほどの“王道じゃない”リアクションをお楽しみいただけます。

【番組情報ページURL】

番組情報

番組名: “プレイステーション® presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”
放送局: TBS ラジオ AM 周波数954kHz、FM 周波数90.5MHz
放送日程: 2018 年4 月5 日(木)より、毎週木曜21:00-21:30 にて放送
クラウド型ラジオサービス「TBSラジオクラウド」およびIPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」を使えば、PCやスマートフォンから無料で本番組を聴くことができます。

出演者プロフィール

歌広場淳
1985年生まれ。
2004年に結成されたヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のBe-su担当。小説の勉強をしていたことから文芸にも詳しく、ゲーム、映画など幅広い分野で活躍中。

ライムスター宇多丸
1969年 東京都生まれ。
ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー。1989年、大学在学中にグループ結成。黎明期より日本のヒップホップ・シーンを牽引。また当時からヒップホップ界隈で知られたトークスキルは、ラジオパーソナリティとして開花。
2007年にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』がスタートすると、趣向を凝らした特集や本音で語りつくす映画批評コーナーが話題に。
2018年4月から始まるTBSラジオ新帯番組『アフター6ジャンクション』のメインパーソナリティを務める。