KADOKAWAは、『ロードス島戦記』生誕30周年記念ティザーサイトを4月13日にグランドオープン。

30周年企画『ロードス島戦記』が再始動! 水野良先生書き下ろし&左先生イラストの完全新作が2018年冬発売予定!

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)の角川スニーカー文庫が2018年4月1日(日)より公開した『ロードス島戦記』生誕30周年記念ティザーサイトが4月13日(金)にグランドオープンしました。 原作小説の作者である水野良氏と、 イラストレーター左氏による新作小説刊行の情報や、 クリエイターによるお祝いコメントのほか、 『ロードス島戦記』の歴史や世界観などを公開しています。

・公式サイト

30周年を記念して待望の再始動! 2018年冬に完全新作を刊行予定!

 和製ファンタジーの金字塔『ロードス島戦記』の30周年を記念し、 原作小説の生みの親である水野良氏の書き下ろしと、 左氏のイラストによる完全新作小説を、 2018年冬に角川スニーカー文庫から刊行予定です。

・『ロードス島戦記』30周年お祝いメッセージ

ロードス島戦記 灰色の魔女』が発刊されて30年が経ちました。 生まれて初めて書いた長編小説がミリオンセラーになるというのは、 まるで宝くじに当たるような幸運です。
これはひとえにロードスを応援してくださったファンの皆様、 未熟だった私を支えてくださった関係者の御尽力のおかげであると、 心より御礼を申しあげます。
ちょうど今年1月から『グランクレスト戦記』というロードスの流れを汲む私の戦記ファンタジー小説がTVアニメとして放送されていますが、 これもなにかの縁かもしれません。
30年を経ても成長したという実感はありませんが、 今後も自分のスタイルを守りつつ、 時代のニーズに応えられるような作家であり、 ゲームデザイナーでありたいと思っておりますので、 どうか変わらぬ御支援と御指導をよろしくお願いいたします。
水野良

ロードス島戦記の小説刊行から30年。
水野良もぼくもそれだけ齢を重ねたけれど、 作品がこうしていまも熱烈に支持していただけるのは、 本当に感謝の念にたえません。
ぼくにとっては初期のパーンやスレインの印象が強く、 彼らが30年の歳月を経たらどう変わったかなど、 つい想像したくなります。
でも、 ディードリットだけは全く変わってないでしょうね。 エルフはやはり人間の理想です。
30年経つとわかりました^^
安田均

そのほか、 出渕裕氏、 山田章博氏、 美樹本晴彦氏、 左氏のお祝いメッセージも、公式サイトからご覧いただけます。

名作TRPG『ロードス島RPG』の30周年記念版が今秋刊行! 懐かしくも新しい冒険を!

1995年に角川スニーカーG文庫から刊行された往年の名作『ロードス島RPG』が、 30周年を記念して待望の復活を果たします。
かつてのベーシックルール・エキスパートルールの2冊を1冊に合わせ、 ルール・データも全面的にアップデートします。 より遊びやすく、 そしてより深くロードス島の世界を楽しめるものを予定しています。
ロードス島RPG 30周年記念版(仮)』KADOKAWA刊
2018年秋刊行予定
原作:安田均・水野良
著:川人忠明/グループSNE
協力:高山浩
予価:4,000円+税
判型:B5 320ページ

OVA版『ロードス島戦記』デジタルリマスターBlu-rayBOXが発売!

30周年を記念して、 OVA版『ロードス島戦記』デジタルリマスターBlu-rayBOXから、 お得なスタンダードエディションが登場します。
OVA版全13話のオリジナルの35mmネガフィルム素材を発掘し、 ネガテレシネによるデジタルニューマスターを作成したハイクオリティ画質でお届けします。
総作画監督・キャラクターデザイン結城信輝氏のイラストを使用した美麗なポストカードセット付で発売予定です。
OVA版『ロードス島戦記』デジタルリマスターBlu-rayBOX』
2018年8月24日(金)発売予定
本体価格:12,000円(+税)
毎回生産特典:1.キャラクターデザイン・総作画監督:結城信輝イラスト使用ポストカード、2.映像特典:Blu-rayBOXスタンダードエディション発売告知CM

小説と同時リリース! 『ロードス島戦記』がアクションゲーム化!

真・女神転生 SYNCHRONICITY PROLOGUE』や『この素晴らしい世界に祝福を!復活のベルディア』なども手掛けたゲーム制作チーム「ladybug」にて、 『ロードス島戦記』のアクションゲームが鋭意制作進行中。
オンラインゲーミングプラットフォーム「Steam」で、 小説と同時リリースを予定しています。

■『ロードス島戦記』とは

『ロードス島戦記』は、 1988年に角川スニーカー文庫より発売された、 水野良氏によるファンタジー小説です。 呪われた島「ロードス」で、 武者修行の旅に出たパーンが、 エルフのディードリット、 魔術師スレインら仲間たちと試練を乗り越えていくというストーリー。 発表されてから今日まで、 小説だけでなく、 テーブルトークRPGやコミック、 ラジオドラマ、 TVアニメ、 舞台、 ゲームなど様々な形で多くの人々に愛されてきました。
今年2018年は小説『ロードス島戦記』に加え、 角川スニーカー文庫も30周年という節目の年を迎えます。 2018年4月13日(金)より周年企画を本格的にスタートするにあたり、 4月1日(日)にティザーサイトがオープンします。