“飲むフォトショップ”がアドビより発表、理想のカラダに即効レタッチの驚異の効果を体験リポート【エイプリルフール】

アドビから“飲むフォトショップ”が発表された。好奇心旺盛な記者はさっそく試してみたわけです。

 毎年4月1日になると、世界を震撼させるニュースを発信するメーカーがある。フォトショップなどで知られるアドビだ。同社がここ数年いかにびっくりさせられるようなニュースを提供してきたかは、ファミ通.comの過去の記事をご参照いただくとして(本記事の最後にリンクを記載)、サッカーのステキな世界規模の大会が開かれる今年(2018年)、またまたアドビがやってくれました!

 ずばり、“飲むフォトショップ”を発表したのだ。その詳細なテクノロジーは文系ばりばりの記者にはよくわからないが、独自開発された“フォトショップロテイン”により、飲むことにより細胞レベルで身体をレタッチし、アンチエイリアスの効いた美しい筋肉が出力されるという。まあ、つまり飲めば傍目にはムキムキな筋肉になるというわけですな。

※リリースはこちら

 なんたるテクノロジー! これはモテそうではないか! などと大いに感心していたところに記者の心を見透かしたかのように図らずもアドビから製品のサンプルが到着したではありませんか。たいがいこういうのは若手が効果を試してみるものなのだろうが、「むしろいい年をしたおじさんこそ、効能がはっきりするのでは?」と編集長を説得し、禁断の果実を試してみることに……(「自分が筋肉ムキムキになりたいんだろう?」という外野の声は一切無視)。

 というわけで、編集部に“飲むフォトショップ”のサンプルが到着したので、早速試飲。不摂生続きのアラウンドフィフティのために、実際のカラダは相当な感じになっております。もしレタッチするとしたら、デザイナーさん泣かせのかなりの手間がかかることは間違いないだろうなあ。

 ごくこくごく……。良薬口に苦しじゃないけど、ちょっと苦いですな。まあ、これでカラダが変わると思えば……。

 胃の腑に“飲むフォトショップ”が染み渡るのを実感する間もあらばこそ、恐るべき効果が……。

 おお、この筋肉美を見よ! ヘラクレスかジャッキー・チュンか、はたまた戸愚呂弟か……「オレは品性まで売った覚えはない」。あ、いや、コメントにあまり意味はありません。このカラダになって、つい口からこぼれ落ちてしまっただけで……。

 自慢の筋肉をアピールする記者。このカラダになって見て初めてわかる爽快感。

 感激のあまり思わず外に飛び出してしまった。この気持おわかりいただけるのでは?

 大山倍達ばりに熊と対峙する記者。あ、“熊殺し”の異名をとったのは、ウィリー・ウィリアムスだった。

 “飲むフォトショップ”の効果は個人差はあるが、6~8時間は継続する模様。記者は断固買いです!

アドビ4月1日発表の驚異のニュースの数々

Adobe Illustratorの音声出力機能“Illustrator VOICE(イラストレーター ボイス)”が発表 アニメ声で作業をアシストしてくれるのだ【エイプリルフール】

アドビーでは、同社のグラフィックソフト“Adobe Illustrator”の30周年を記念して、“音声出力新機能 Illustrator VOICEの発表”を予定していることを明らかにした。

「アドビはオカルト企業だ!」『月刊ムー』の激烈主張に両者が真っ向対立 本日20時より緊急記者会見の生放送が決定

画像加工ソフト“Photoshop”などでおなじみのアドビシステムズと、学研の月刊オカルト情報誌『月刊ムー』のあいだが何やらきな臭い。

“Adobe Photoshop REAL”が発表 次世代のオフライン画像編集ツールを実際に試してみた

アドビシステムは、Photoshop 25周年を記念して、カバンに入れて持ち運べる次世代のオフライン画像編集ツール“Adobe Photoshop REAL”を2015年4月1日に発表した。製品が編集部に到着したので、さっそく試してみた!