ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、発売中のプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』について、2018年3月29日よりSUPER GT参戦車種含む新規収録車種13台や筑波サーキットの追加、PS VRでタイムトライアルがプレイ可能になるアップデートの配信を開始した。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、発売中のプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』について、2018年3月29日よりSUPER GT参戦車種含む新規収録車種13台や筑波サーキットの追加、プレイステーション VRでタイムトライアルがプレイ可能になるアップデートの配信を開始した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

『グランツーリスモSPORT』3月アップデートを配信!

 3月アップデートでは国内最高峰のモータースポーツSUPER GTに参戦しているGT500車両の「ホンダ RAYBRIG NSX CONCEPT-GT」、「レクサス au TOM'S RC F」、「日産 MOTUL AUTECH GT-R」を追加。「BMW M3 Sport Evolution」や「マツダ RX-7 GT-X (FC)」、「日産 スカイライン GT-R V-Spec (R33)」など人気の車種を含む合計13台のクルマが追加されます。

 また3月アップデートでは新規コースとして日本の「筑波サーキット」が追加される他、シングルプレイモードの「GTリーグ」に3つのイベントが追加、桜をテーマにした「スケープス」の追加、アーケードモードのタイムトライアルをPlayStation VRでお楽しみいただけるようになります。

■追加車種
ホンダ RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(GT500)
レクサス au TOM'S RC F (GT500)
日産 MOTUL AUTECH GT-R(GT500)
アストンマーティン DB11
BMW M3 Sport Evolution
Eckerts Rod & Custom Mach Forty
フォード GT40 Mark I
Gran Turismo Red Bull X2014 Standard
Gran Turismo Red Bull X2014 Junior
レクサス RC F GT3 (Emil Frey Racing)
マツダ RX-7 GT-X (FC)
日産 Skyline GT-R V-Spec (R33)
日産 GT-R Nismo

■追加コース
筑波サーキット

■GTリーグ追加イベント
Nissan GT-Rカップ(ビギナーリーグ)
レッドブルXジュニアシリーズ(アマチュアリーグ)
全日本GTカー選手権(プロフェッショナルリーグ)