SNKが韓国での事業拡大を目的に、ゲーム開発会社“Neptune Company”への出資を実施

SNKは、重要なマーケットである韓国での事業拡大を目指すため、同国のゲーム開発会社“Neptune Company”へ出資を行ったことを発表した。

 SNKは、重要なマーケットである韓国での事業拡大を目指すため、同国のゲーム開発会社“Neptune Company”へ出資を行ったことを発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

SNKが韓国のゲーム開発会社「Neptune Company」に出資。SNKの韓国現地法人を通じて事業拡大を図る

 株式会社SNK (本社:大阪府吹田市、 代表取締役社長:外山 公一)は、 韓国のゲーム開発会社「Neptune Company(以下、 Neptune)」に出資したことをお知らせいたします。

 Neptuneは、 豊富な開発実績と運営能力を有する韓国のゲームの開発会社です。 事業のグローバル化とコンテンツの拡大を重視する当社にとって韓国は重要なマーケットであり、 この度のNeptune社への出資は、 韓国での事業拡大に寄与すると考えております。

 なお当社は、 昨年「SNK INTERACTIVE」を韓国に設立いたしました。 「SNK INTERACTIVE」のCEOには、 韓国の大手インターネットサービス会社出身の全世環(Jeon Sehwan)が就任。 業界での豊富な経験を生かし、 韓国でのゲーム開発及びパブリッシングに加え、 韓国ゲーム業界との連携により、 さらなる事業拡大を図ります。