デルは、ゲーミングPCブランド“ALIENWARE”の新モデルとして、最大18コアのインテルプロセッサーと水冷式のデュアルNVIDIA GPUを搭載したゲーミングPC“NEW ALIENWARE AREA-51”の販売を2018年2月20日より開始した。

 デルは、ゲーミングPCブランド“ALIENWARE”の新モデルとして、最大18コアのインテルプロセッサーと水冷式のデュアルNVIDIA GPUを搭載したゲーミングPC“NEW ALIENWARE AREA-51”の販売を2018年2月20日より開始した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

ALIENWARE、究極のゲーミングデスクトップ「NEW ALIENWARE AREA-51」を発売

デルは、プレミアムゲーミングパソコンブランド「ALIENWARE」より、最大18コアのインテル(R)プロセッサーと水冷式のデュアルNVIDIA GPUの搭載を実現した究極のゲーミングデスクトップ「NEW ALIENWARE AREA-51」を本日販売開始します。

「NEW ALIENWARE AREA-51」

「NEW ALIENWARE AREA-51」のアップグレードされた新型第2世代トライアドシャーシは、ツールレスでのグラフィックスカード交換機能を備え、前面と背面に通気口を増設、デュアルグラフィックの一部に水冷オプションを採用することで、排熱効果を向上させています。また、新しいストレージオプション(後日発売予定)や、新しいALIENWAREコマンドセンター、1680万色フルカラー照明搭載など、さまざまな点で進化しています。

主な特長

・第2世代のトライアドシャーシは、グラフィックスカードや拡張カードをツールレスで着脱可能
・水冷のNVIDIA(R)SLIカード(一部のオプション構成)は、通常の空冷グラフィックスカードと比較し、ベンチマークレベルで最大30°Cの改善を実現、最高品質設定の一部のゲームでも20°C低い温度を実現(デル調べ)
・アクティブファン(水冷のグラフィックスオプションのみ)と通気口の追加により排気能力を向上
・新しいAlienFX機能はフルRGBをサポートし、最大1,680万色を選択可能
・ALIENWAREコマンドセンターもインターフェースを一新して新しくなりました。ゲームやシステムの設定を調整する機能に加え、ゲームの一括管理も行うなど、様々なゲーム体験を改善
・新たにU.2ドライブ2台を搭載したうえに、M.2ドライブ1台、および3.5インチドライブ3台のサポートで最大6台のSSDまたはHDDが使用でき、高速のストレージを使用可能
・CPUはターボ・ブースト・マックス・テクノロジー3.0を搭載したインテル(R)Core(TM)i9 エクストリーム・エディション プロセッサーが選択でき、超強力なマルチタスク機能を実現
・最大 64GB(16GB×4)のクアッド・チャネルメモリにより、ゲームに加え、画像処理、ビデオ編集などあらゆるクリエイティブに必要なパフォーマンスを発揮
・「Killer Double Shot Pro」搭載により、優れたネットワークの応答性を提供
・1,500W 80PLUS Gold電源ユニットにより、効率性と信頼性に優れたパフォーマンスを実現

販売開始日:2018年2月20日
標準価格: 299,980円~(税抜き、送料込み)
製品ページ:【【www.dell.com/jp/p/alienware-area51-r5/pd:こちら】】

※仕様詳細については、製品ページをご参照ください。