『レインボーシックス シージ』プロリーグ“Six Invitational” 再戦を果たしたShiN選手とcameram4n選手を直撃

2018年2月13日(現地時間)よりカナダ、モントリオールで開催中のPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ“Six Invitational 2018”。予選1日目を終えた“eiNS”ShiN選手、“Faze Clan”(Team Fontt)cameram4n選手に試合後インタビューを実施した。

 2018年2月13日(現地時間)よりカナダ、モントリオールで開催中のPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ“Six Invitational 2018”。本大会は、ヨーロッパ、北アメリカ、ラテンアメリカ、アジア各地域優秀な成績を出した16チームがカナダ、モントリオールに集いワールドチャンピオンの座を賭けしのぎを削る、いわばプロリーグの最終決勝戦だ。日本からはシーズン3アジア太平洋地域代表として日本のチーム“eiNS”が参戦している。

 先に結果をお伝えしておくと(試合リポートは後ほど掲載予定です)、eiNSは1回戦で全国際大会“プロリーグ シーズン3ファイナル”で敗北を許したFaze Clan(旧:Team Fontt)との再戦となり、2−0で敗北。定石にもこだわらない変幻自在な戦術を見せるFaze Clanに、eiNSはリベンジを果たすことはできなかった。

※eiNsは2時間45分以降に登場

 惜しくも1回戦で破れ、続く2回戦目eRa Enternityに勝たなければ本戦への道が閉ざされてしまうeiNs。試合後の心境の変化や明日からの意気込みを、チームリーダーのShiN選手に伺った。
 また、同じく再戦を果たし実力の差を見せつけたFaze Clan所属のcameram4n選手を試合後直撃。eiNsの印象や日々のメンタル面のケア、モチベーションを維持し続ける方法についてお聞きした。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ“Six Invitational 2018”明日2月14日より開幕、出場チームeiNsに意気込みを聞く

2018年2月13日(現地時間)よりカナダ、モントリオールで開催されるPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ“Six Invitational 2018”。明日2月14日7時30分からは、日本チームeiNs対FaZeClanの試合が行われる。

「楽しんでプレイできたら試合は勝てると実感している」ShiN選手

ShiN選手

ーー“プロリーグ シーズン3ファイナル”に続き国際大会は2度目になりますが、前回は「大きな舞台での試合経験がないので実力をなかなか発揮できなかった」とコメントしていました。今回は実力を発揮できましたか?

ShiN選手 ウォームアップではできていた声出し(コミュニケーション)が、予選で劣勢に陥ったときにうまく機能していなかったのが悔しいです。

ーーやはり劣勢に陥ったときにメンタル面で押されてしまったという印象を受けました。

ShiN選手 そうですね。序盤1−1に戻したのですが、その後チームメイトが倒された時やラウンドを通して役割を果たせなかった選手が出た場面では、精神的に混乱してしまったと思います。

ーーFaze Clan(旧:Team Fontt)は前回“プロリーグ シーズン3ファイナル”での対戦相手でした。今回も苦戦を強いられていましたが、そんな中でも前回の試合経験が生かされた場面があったと思います。

ShiN選手 相手の戦術パターンは読めていたのですが、前回同様に試合途中での声出し(コミュニケーション)や指示出しができていません。ここは我々のチームの大きな課題だと実感しました。

ーー試合を見ていると、Faze Clanは防衛で守りを固めるどころか、攻めの姿勢を見せていました。この戦術について事前に気をつけていたのでしょうか?

ShiN選手 想定通りではありましたが、ウォームアップでできていたことを試合ではできなかったので対処できなかったの一言に尽きます。

ーー本番前と試合後の心境の変化はどうでしょうか?

ShiN選手 チームの反省点は分かっていますし、次のeRa Enternity戦に向けて切り替えて行きたいです。

ーー「“Six Invitational”は夢にまでみた舞台」とTwitterで仰っていましたが、ここまでの過程でShiN選手自身が学んだことは何でしょう。

ShiN選手 なんだろう……(笑)。やはり、声を出して、楽しんでプレイできたら試合は勝てると実感しています。今回負けてしまったのは、それができていなかったからです。

ーー“試合に勝つ”ことも大事ですが、“試合を楽しむ”ことが重要であると。

ShiN選手 そうですね。先ほども言いましたが、重要視しているが声出し(コミュニケーション)です。『レインボーシックス シージ』はチームメイトとの連携がカギですから。

ーーAPACファイナルで優勝を果たし出場権を得た訳ですが、“Six Invitational”開催までの期間中のチームメンバーの入れ替えなどありましたね。ここまでさまざまな変動があったなかで、“Six Invitational”出場への切符を掴むことができた要因は何だと考えていますか?

ShiN選手 僕自身としては、がむしゃらに夢を追いかけてやってきたからとしか言えません!

ーーそれでは、明日のeRa Enternity戦の意気込みをお願いします。

ShiN選手 とにかく今は気持ちを切り替えて、この試合の経験を糧に次は勝ちたいと思います。

「eiNSはより堅実なプレイをするようになった」cameram4n選手

cameram4n選手

ーー初戦突破おめでとうございます! eiNSとの試合は圧勝という形で終わりましたが、試合を振り返ってみてどうでしょうか?

cameram4n 自分たちは今回のトーナメントに備えて頑張ってきたので、戦略がしっかりしていたと思います。ほかチームとの試合でも今回のようなプレイできればと思う。もちろんeiNsもがんばったが、自分たちが一歩先んじていたと感じます。

ーー攻撃側だけでなく、防衛側でも常に攻撃的な姿勢のプレイをしていましたが、これはeiNsに対する戦術なのでしょうか?

cameram4n選手 そのとおりです。最初のラウンドでeiNSはIQをピックしていたが、あまは効果的なピックではないと思います。彼らはほかのトーナメントの時とは異なり、落ち着いてあまり攻撃的ではない戦いかたをしていたので、僕たちの戦術が効果的にハマりました。

ーーそのほか、eiNsの印象を教えてください。

cameram4n選手 彼らにとって前回の“プロリーグ シーズン3ファイナル”とほぼ同等、もしくはより悪い結果になったが、上達はしているしより堅実なプレイをするようになったと感じます。ドローンをうまく使ったりカバーを崩さず待機するようにしていましたが、そのなかで意表をついた動きを見せることはありませんでした。彼らはまだ新人なので、これをひとつの経験として自分たちだけでなくほかのチームから多くを学んで欲しいです。でも、本当に毎回成長していると思います。
 
ーーなるほど。戦術面以外でも、日本のチームはこのような国際規模大会の出場経験がまだまだ乏しいです。日本チームのように出場経験が浅いチームが本番で力を出し切るために何かアドバイスをいただけますか?

cameram4n選手 僕たちは、サンパウロのプロリーグでの時とは正反対のプレイ方法を取っていたと思います。サンパウロではとても攻撃的でランダムなプレイをしており、ある動きを経てからポイントに突撃することが多かったです。今回も攻撃的なプレイではありましたがサンパウロのプロリーグでの戦術とは違います。日本チームは突撃と待機のバランスをとること、そしてツーマンセル(2名がサポートし互いに守りあうシステム)でクロスファイアーを多くするべきです。これが自分からのアドバイスです。

ーー強豪チームが多数出場する本大会ですが、事前の準備はどのように行ないましたか?

cameram4n選手 とにかくたくさん練習することです。戦略がうまくいっていない場合でも、ラウンドのあいだに言い合いをするのではなく、メンバーと“コミュニケーションをしっかりとる”ことを意識しています。また、ほかのチームのさまざまな戦略に対応できるように準備することも大切ですね。即興で戦術を練ることもあります。今日はそれがとてもうまくできたと思う。トーナメントを通じて、同じように圧勝できればいいですね。

ーー即興で戦術を考えるとのことですが、対戦中にとくに意識していることはなんでしょう。

cameram4n選手 倒されないようにすることよりも、落ち着いてチームを勝利に導けるよう自分の役目を果たすことを考えています。自分の役目をしっかり果たし、メンバーも同じことをすれば勝てると思っているのでプレッシャーは感じません。

ーーTeam FonttからFaze Clanに名前が代わったいまなお、長いリーグを通して素晴らし活躍を見せていますが、ここでの経験から何を学んだと思いますか?

cameram4n選手 自分だけでなくチームも含めて、落ち着いてチーム内でしっかり会話(コミュニケーション)をしていれば、たとえ戦略がハマっていなくてもよい結果が得られるということです。各チームメンバーはほかのメンバーのすべての動きを把握していなくてはいけない。Astro選手がどこにいるか、gohaN選手がどこにいるかを把握している必要があるので、コミュニケーションはともて重要です。

ーー長いリーグでは、モチベーションを保つことが厳しい場面もあるかと思います。モチベーションを維持するため何をしていますか?

cameram4n選手 僕の場合は、モチベーションを維持するために特別なことはしていません(笑)。前にも言ったように、コミュニケーションをしっかりとって練習してきたことをやるだけですので。

ーー例えば苦戦を強いられたらとき、どうやってメンタル面をコントロールしますか?

cameram4n選手 その時の状況によって異なりますが、負けている時は頭の中を整理して前のラウンドでの敗因に気を取られず、その後のひとつひとつのラウンドにフォーカスすることです。『レインボーシックス シージ』ではそれが一番大事だと実感しています。また、戦略がうまくハマってないときは、そのゲームで相手チームが何をやっているかをよく分析して、彼らの戦略に反撃できるようにその場で戦略を立てます。チェスと同じように相手の動きに反撃して駒を動かすだけです。

ーー最後に、『レインボーシックス シージ』の魅力を教えてください。

cameram4n選手 『レインボーシックス シージ』は、これまでにプレイしてきたFPSとはかなり違う特徴を持ちます。シューテングゲームは色々なところへ行って人をバンバン撃ちますよね。『カウンターストライク』も同じように撃つことが中心だが、スモークグレネードなどより多くの戦略を使う。だが『レインボーシックス シージ』はやることすべてに戦略が必要です。さらに戦略だけでなく、チームがどのように攻撃と防御をセットアップするかをよく考えなくてはいけない。僕が『レインボーシックス シージ』で一番気に入っているのはディフェンスが毎回違うことです。毎試合が学習になります。同じことをくり返すのではなく、たくさんの変化に富んだ動きを使うことができるのが『レインボーシックス シージ』です。