“プレイステーション presents『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”2月17日、2月24日放送回のゲストは俳優の小野塚勇人

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、“プレイステーション presents『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”について、2018年2月17日、2月24日放送回のゲスト&放送内容を公開した。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、“プレイステーション presents『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”について、2018年2月17日、2月24日放送回のゲスト&放送内容を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

“歴史上の人物は教科書より前にゲームで学んだ!”プレイステーションpresents『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』2月17日(土)、2月24日(土)放送のゲストは俳優の小野塚勇人(劇団EXILE)さん

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)が、PlayStation初の公式ラジオ番組として毎週土曜日24:00 よりTBS ラジオで放送している“プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”。

 ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパーで、寝食を忘れてゲームにのめり込むほどのゲーム好きで知られる宇多丸さんをパーソナリティに迎え、ゲームをこよなく愛する著名人をゲストにお招きし、「人生におけるゲームの影響」や「あのゲームとの思い出」、「今オススメのゲーム」など、ゲームについて楽しく語り合うトーク番組です。

2月17日(土)、2月24日(土)放送のゲストには、「劇団EXILE」所属の俳優・小野塚勇人さんをお招きします。

 「仮面ライダーエグゼイド」や「HiGH&LOW」シリーズなど、テレビや映画の話題作に出演している小野塚さん。所属している「劇団EXILE」の公演に留まらず、次々と活躍の場を広げています。そんな小野塚さんはご自宅にPlayStation VRも所有されているほどのゲーム好き! 年の離れた兄がいるため、物心付いた時には自宅にゲーム機があり、兄と一緒にゲームをしていたとのことです。学生時代はサッカーに打ち込むスポーツ少年だった小野塚さんですが、テレビゲームも欠かせなかったそうで、「サッカーのイメージトレーニングと言って、サッカーゲームをずっとやっていました」と、かなりの腕前であることを語ってくれました。そんな小野塚さんの“マイベストゲーム”や“ゲームで学んだこと”など、ぜひ放送をお楽しみください。

先取りフレーズ 「あっ!この人、ゲームに出てる人だ!!」

 兄がプレイしていた中国や日本の歴史を舞台にしたアクションゲームを幼い頃から見ていた小野塚さん。初めて社会の教科書で織田信長の肖像画を見たときは、「全然ゲームの方が格好いい」と思ったそうで、自身でプレイするようになってからは、「ゲーム中に流れる、歴史背景の説明は飛ばさないで全部見ています」と、大好きなゲームから学ぶ楽しさを語ってくれました。

 小野塚勇人さん出演の放送日程は、TBSラジオで2月17日(土)24:00~24:30、2月24日(土)24:00~24:30を予定しています。

※番組情報ページ

 クラウド型ラジオサービス「TBSラジオクラウド」およびIPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」を使えば、PCやスマートフォンから無料で本番組を聴くことができます。

【番組情報】

  • 番組名: “プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”
  • 放送局: TBSラジオ AM周波数954kHz、FM周波数90.5MHz
  • 放送日程:2017年4月8日(土)より毎週土曜24:00~24:30
    ※小野塚勇人さん出演は、2月17日(土)および2月24日(土)となります。

【出演者プロフィール】
小野塚勇人
1993年生まれ、千葉県出身。
 2012年に「劇団EXILE」に加入。「劇団EXILE」の舞台公演を中心に、ドラマや映画で活躍中の俳優。『仮面ライダーエグゼイド』(九条貴利矢役)、『HiGH&LOW』シリーズ(キリンジ役) など、幅広い役柄を演じる。

ライムスター宇多丸
1969年 東京都生まれ。
 ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー。1989年、大学在学中にグループ結成。黎明期より日本のヒップホップ・シーンを牽引。また当時からヒップホップ界隈で知られたトークスキルは、ラジオパーソナリティとして開花。2007年にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』がスタートすると、趣向を凝らした特集や本音で語りつくす映画批評コーナーが話題に。

※1 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして日本およびアジア各国・地域のセールスマーケティングを
担当。