『CoD:WWII』白熱のプロ対抗戦が行われRush Gamingが決勝進出決定!【闘会議2018】

2018年2月10日〜11日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。開催初日、PlayStationブースでは、『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のeスポーツ大会が開催された。その模様をレポートする。

2018年2月10日〜11日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。開催初日、PlayStationブースでは、『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のeスポーツ大会が開催された。その模様をレポートする。

優勝チームには世界への扉が開く!

 このステージイベントはプロ対抗戦ということで、CYCLOPS athlete gaming、Detonation Gaming、Rush Gaming、SCARZという4つのプロライセンス取得チームが参戦。各チーム4人の代表が、プロの意地をかけて激突した。

 大会の総合司会は松嶋初音さんが、そしてゲスト実況はk4sen(カセン)さんが担当。冒頭ではふたりより、賞金と賞品が紹介された。内容は以下のとおり。

<賞金・賞品>
1位:賞金500万円、トロフィー、金メダル
2位:賞金250万円、銀メダル
3位:賞金150万円、銅メダル
4位:賞金100万円

MCを務めた、松嶋初音さん(左)とk4sen(カセン)さん(右)。

 1000万円という賞金総額もさることながら、続いてふたりから、サプライズ発表が。なんと同大会の優勝チームには、副賞として、CWL(Call of Duty World League)Anaheimの出場権が贈られることが決定! つまり優勝すれば、米国アナハイムで開催される、『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の世界大会に出場できるのだ。この発表には、会場から大きな歓声と拍手がわき起こっていた。

 続いては大会レギュレーションが説明された。対戦は全3マッチ。1試合目はハードポイントで、マップはARDENNES FOREST、2試合目はサーチアンドデストロイで、マップはLONDON DOCKS。3試合目はキャプチャーザフラッグで、マップはBLACKTOWER。2試合先取したチームが勝利となる。トーナメントの組み合わせは、Rush Gaming対Detonation Gaming、CYCLOPS athlete gaming対SCARZだ。

CYCLOPS athlete gaming。各選手は左から、HqBRa(ハブラ)、ANBASA(アンバサ)、TimGUCHI(グッチ)、Szealot(エスゼアロット)。

Detonation Gaming。各選手は左から、Galiard(ガリアード)、GenGar AX(ゲンガーエーエックス)、City of NewYork(シティオブニューヨーク)、Victoria Cat(ヴィクトリアキャット)。

Rush Gaming。各選手は左から、WinRed(ウィンレッド)、GreedZz(グリード)、Nami(ナミ)、Ngt(ナガト)。

SCARZ。各選手は左から、AllGP(グッピー)、Leisia(レイシア)、Hunt(ハント)、Panther(パンサー)。

意外な展開に会場がどよめいた最終戦!

 最初の試合は、Rush Gaming対Detonation Gamingのバトル。1試合目のハードポイントでは、序盤こそ互角だったものの、Rush Gamingがナミ選手の22連続キルなどの驚異的な活躍もあり、じりじりとポイントを引き離す。終わってみれば、250−112という、ほぼダブルスコアの大勝となった。続く2試合目のサーチアンドデストロイは、序盤は3−1とDetonation Gamingの出足が目立ったが、その後は一進一退の展開で、中盤までは3−3というせめぎ合い。だがそこからRush Gamingが逆に調子を上げ、6−4で勝ち切った。

最後はRush Gamingが地力を発揮。見事に勝利を収めた。

最後は握手して互いの健闘をねぎらう両チーム。

 続く試合の顔合わせは、CYCLOPS athlete gaming対SCARZ。1試合目のハードポイントでは、SCARZが序盤から飛ばし、約100ポイントの差を付けて200点を突破。最初のRush Gaming対Detonation Gamingのバトルのように、ワンサイドになるかと思われたが、ここからCYCLOPS athlete gamingが驚異的な粘りを見せる。SCARZの動きが止まったところを順調にスコアを伸ばし、気づけば243−230と肉薄。奇跡の逆転かと会場は大いに沸いたが、最後はギリギリ、SCARZが250−230でなんとか逃げ切った。
 2試合目のサーチアンドデストロイでも、調子が上がってきたCYCLOPS athlete gamingの勢いは止まらず。つねに一歩リードするような展開で、5−4でリーチをかける。そのままいくかと思われたが、SCARZが最後に連続でポイントを重ねて、6−5の逆転勝利を収めた。

途中まではワンサイドだったが、終盤にCYCLOPS athlete gamingが意地を見せた。

あと一歩まで迫られたSCARZ。だが最後はきっちり逆転で勝負を決めた。

 最後の試合は、勝ちあがったRush GamingとSCARZの、明日の決勝進出をかけた決戦。この2回戦ではレギュレーションが変更され、1試合目はサーチアンドデストロイでマップはSAINTE MARIE DU MONT、2試合目はキャプチャーザフラッグでマップはARDENNES FOREST、そして3試合目はハードポイントでマップはGIBRALTARという内容に。
 まず1試合目はサーチアンドデストロイ。各チームのコース取りが注目されたが、Rush Gamingは分散せずにポイントに4人が固まる戦法を選択。これが功を奏し、SCARZの出鼻をくじく。これに動揺したのかSCARZの動きが鈍り、その間にRush Gamingがポイントを積み上げる。SCARZは完全に流れに飲まれた形となり、なんとRush Gamingが6−0で勝利という、一方的な展開で1試合目が終了した。
 風向きを変えたいSCARZだが、2試合目のキャプチャーザフラッグでも、Rush Gamingの勢いは止まらない。前半こそ1−0というご五分の勝負だったが、後半にRush Gamingが3ポイントを重ね、4−0で勝利。まさに圧倒的な強さを見せつけて、決勝進出の名乗りを挙げた。

2回戦は、1回戦と違うレギュレーションでの試合となった。

両雄の対決に、詰めかけたファンも熱い視線を送る。

注目の一戦は、衝撃的な結果に。Rush Gamingが終始圧倒した。

 勝因について「練習してきたことがすべて出せました」とコメントした、Rush Gamingのグリード選手。その後の感想戦では、チームのプレイを振り返って自ら解説も行ってくれた。
 2月11日に行われる決勝戦は、そのRush Gamingと、今日敗退した3チームから敗者復活戦を勝ち抜いたチームとの戦いになる。決勝では敗者から勝ち上がったチームが逆襲するのか、それともまたRush Gamingが王者の強さではねのけるのか? 戦いの行方から目が離せない。

強さを見せつけたRush Gaming。大会終了後は、グリード選手が戦いを振り返りながらプレイのポイントを解説してくれた。