『星と翼のパラドクス』可動式の大型筐体がゴリゴリ動く! アトラクション的な体験とチーム対戦が融合した新作アーケードゲーム!!【JAEPO 2018】

2018年2月9日~11日、千葉・幕張メッセにて開催されている“ジャパン アミューズメント エキスポ 2018”(JAEPO 2018)。開催初日、スクウェア・エニックスブースにて完全新作アクションゲーム『星と翼のパラドクス』がお披露目された。本記事では、ゲームセンター大好き編集者によるプレイリポートをお届けする。

 2018年2月9日~11日、千葉・幕張メッセにて開催されている“ジャパン アミューズメント エキスポ 2018”(JAEPO 2018)。開催初日、スクウェア・エニックスブースにて完全新作アクションゲーム『星と翼のパラドクス』(以下、『星翼』)がお披露目された。本記事では、ゲームセンター大好き編集者によるプレイリポートをお届けする。

こちらが『星翼』の筐体。座席に座り、シートベルトを締めれば準備は完了だ。

 プレイリポートの前に、『星翼』の簡単な紹介を。本作は、8対8のチーム戦が楽しめるハイスピードロボットアクション。2018年秋に稼動が予定されており、プレイヤーは“エア・リアル”と呼ばれる機体に乗り込み、相棒の“アズワン”とともに戦場を駆け回るのだ。その最大の特徴は、プレイヤーが操作する機体の状況などに応じて、座っている座席が動く可動式の筐体というところで、アトラクションのようなゲーム体験と高い没入感、さらにはチーム戦ならではの戦略性の高さが味わえるという、まさにアーケードでしか味わえない贅沢な作品となっている。そのほか、本作の開発に超豪華なクリエイターたちが参加していることなどは、下記の関連記事を参考にしていただきたい。

関連記事ついに全貌が明らかに! 可動筐体型アーケードロボットアクション『星と翼のパラドクス』発表会リポート【JAEPO 2018】

守りたい、この星を――。と言うことで、準備は完了。筐体が可動する以外にも、頭部後方からゲームの音が出るので臨場感は増し増し。

筆者が選択したアズワンは、明るく元気なヒカリちゃん。貞本氏がデザインしたこのかわいいキャラクターがオラの相棒なんだナ……。

JAEPO 2018でプレイできる3体のアズワンは、基本性能が異なっている。また、プレイヤーが“どのように動きたいか”に応じて、いくつかの“ロール”(武器セット)を選択できた。なお、ロールはゲーム開始前のほか、敵に撃破された後に選び直すことができた。

静止画だと伝わりにくいかもしれないが、本作の筐体は想像している以上にぐりぐりと動く! 浮遊感や疾走感を感じながら、対戦が楽しめるのは『星翼』だからこそ味わえる感覚だな……とは筆者の第一印象。

左右のトリガーで自機を制御する。右のRトリガーで視点制御や武器の切り替えを、左のLトリガーでダッシュや回避などの移動系を行うのだ。また、足で操作する左右のフットペダルで“ブーストジャンプ”と“フルドライブ”(すごい速いダッシュ)が可能だ。

 初見プレイでまず始めに感じたことは、本作でしか味わえない可動筐体の臨場感の高さ。平衡感覚にダイレクトに伝わってくるゴリゴリとした筐体の可動で、1プレイ15分程度の試遊だったが、プレイが終わったことにはマジで身体がアツくなる(笑)。これは、遊園地などでアトラクションに乗ったときに近い感覚だと思った。そして、もうひとつ強く感じたのは、丹沢プロデューサーも語っていた「いまいるアーケードユーザーだけでなく、さまざまなプレイヤーたちに、ゲームセンターで遊んでもらいたい」という思いだ。個人的にそれが顕著に表れているなと思ったのは、左右のトリガーに用意されているボタンの数が少ないこと。操作に必要なボタンの数を減らすことで、かなり直感的な操作になっているなーと感じた。

 そして肝心のプレイフィールだが、エア・リアルの機動力がかなり高いため、想像以上に疾走感のある手触り。フットペダルで“フルドライブ”を行えば、短時間でマップを横断できるので、攻守にわたってつねに戦闘の渦中にい続けられそうだった。“いまゲームを遊んでいる感”が個人的にはアーケードゲームでもっとも重視する部分なので、つねにドンパチやれるのはうれしい限り!(笑)。また、敵に照準を合わせるのはカメラをある程度操作すれば、自動的にロックオンしてくれるので、操作に慣れていない序盤でも適当にカメラを動かしながら攻撃ボタンを押せば敵を撃破することもしばしば。座席が可動することも相まって、“ロボットを操作している”という感触がダイレクトに楽しめた。

ちなみに、JAEPO 2018の試遊では筐体の外に荷物を置くことになるが、製品版では筐体内にある程度の大きさの荷物なら置くスペースができるとのこと。こういった細やかな部分のケアーはアーケードゲーマーにはうれしいところ。

 以上、簡単ではあるがプレイリポートをお届けした。2018年2月10日、11日の一般公開日は、10台の筐体で試遊可能とのこと。『星翼』は見るのと、実際にプレイするのとでは、かなり印象が(いい意味で)変わる作品となっているので、興味がある方はとにかく一度遊んでほしい!