『モンスターハンター:ワールド』全世界で600万本を出荷! カプコン史上最速のペースで出荷本数600万本を達成

カプコンは、発売中の『モンスターハンター:ワールド』について、全世界で600万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)したことを発表。

 カプコンは、発売中の『モンスターハンター:ワールド』について、全世界で600万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)したことを発表。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

シリーズ最新作『モンスターハンター: ワールド』が600万本を突破! ~ カプコン史上最速のペースで出荷本数600万本を達成! 〜

 株式会社カプコンは、PlayStation4、Xbox One※1 およびPC※2向けゲーム『モンスターハンター:ワールド』を全世界で600万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。

※1 PlayStation4版とXbox One版の発売地域は、商品概要参照
※2 PC版発売日は後日発表

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。2004年に家庭用ゲームでの第1作を発売して以降、14年を経た今なお確実にファンを増やし、シリーズ累計販売本数4,600万本(2018年2月9日時点)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。

 『モンスターハンター:ワールド』は、据え置き機向けには9年ぶりとなるシリーズ最新作です。プレイヤーは調査団の一員として“新大陸”に足を踏み入れたハンターとなり、未知の大陸を探索します。今作ではエリア間の移動や各種アクションをシームレスで行えるほか、全世界のプレイヤーとのオンラインマルチプレイなど、これまでのシリーズ作から大きな変革を遂げています。また、国内市場に加え、海外市場での支持を更に高めるため、シリーズ初の世界同日発売を実施しました。これらの結果、国内外のメディアから高い評価を獲得したほか、ユーザーからも好評を博し、カプコン史上最速のペースで出荷本数600万本を達成しました。

 加えて、2018年春から全国7地区で予選を行い日本一のハンターを決定する『モンスターハンター:ワールド』狩王決定戦の開催を予定しています。さらに、ハリウッドでの映画化やユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて開催中の「モンスターハンター・ザ・リアル」など、ゲーム以外の領域でのIP展開を推進し、幅広いユーザー層に向けて、長期的なブランド価値向上のための施策を展開してまいります。

 当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

【商品概要】

  1. タイトル名:
    モンスターハンター:ワールド
    MONSTER HUNTER: WORLD
  2. ジャンル:ハンティングアクション
    対応機種 PlayStation4、Xbox One、PC
  3. 発売日
    PlayStation4 全米・欧州(中東、アフリカ、オセアニア地域含む)・アジア(日本含む):2018年1月26日
    Xbox One 全米・欧州(中東、アフリカ、オセアニア地域含む):2018年1月26日
    PC:発売日は後日発表


(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.