『レインボーシックス シージ』Year3シーズン1“Operation Chimera”に登場する新オペレーター情報が一部公開

Ubi softは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year3シーズン1“Operation Chimera”に登場するCTUおよび新オペレーターの情報が公開された。

 Ubi softは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year3シーズン1“Operation Chimera”に登場するCTUおよび新オペレーターの情報が、Ubi blog公開された。

 Year3シーズン1“Operation Chimera(オペレーション キメラ)”に登場するテロ対策ユニット“CBRN”(Chemical, Biological, Radiological, Nuclear )は、レインボー部隊の司令官のSixが設立した独自のユニットであるという。“Operation Chimera”で追加される2人の新しい“CBRN”所属オペレーターは、マルチプレイヤーと期間限定のCo-opイベント“Outbreak”でも使用可能で、Outbreakではこれまでに追加されているオペレーターといっしょにプレイすることが可能だ。

 “Operation Chimera”追加オペレーターのひとりはフランス出身で、隔離された町でドローンを使用する能力を持つ。もう一方の新規オペレーターは研究のためにロシアに移住した経歴を持ち、自己溶解ナノボットを使用することがブログ内で明らかにされている。
 またこれまでに追加されているオペレーターは、“CBRN”ユニットの研究・調査の恩恵を受けることができるとのこと。

 Co-opイベント“Outbreak”は、“Operation Chimera”の配信に併せて4週間開催され、無料でプレイ可能。本イベントが開催されている期間中は、限定アイテムが収録されたOutbreak Packsがゲーム内で販売される。