2018年1月26日、台北ゲームショウのセガブースにて、マーベラスの『閃乱カグラ Burst Re:Newal』のステージが開催。高木謙一郎氏、小酒井省吾氏が登壇したイベントの様子をリポートする。

 2018年1月26日、台北ゲームショウ2018一般公開日初日のセガブースにて、マーベラスのPS4用爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』のステージが行われた。ステージには、爆乳製作人(プロデューサーを台湾ではこう書く)の高木謙一郎氏と、製作人の小酒井省吾氏が登場。日本と変わらぬ、いやそれ以上かもしれないはっちゃけトークを繰り広げ、集まったファンたちを大いに沸かせたその模様をリポート!

左から、爆乳製作人の高木謙一郎氏、飛鳥のコスプレイヤー、製作人の小酒井省吾氏。

 イベント冒頭に女性MCから「高木さんは爆乳はお好きですか?」と質問されると「もちろん大好きで~す! 皆さんも大好きですよね?」と即答。しかも来場者を「おっぱい!」コールで煽るという、のっけからアクセル全開状態となった(笑)。コールに応じて「おっぱい!」と叫ぶ台湾男子たちの姿を見ていると、なんだかおっぱいで世界がひとつになれるんじゃないかという気すらしてきた。みんなおっぱいが好きなんだなあ。

おっぱいコールを煽る高木氏と小酒井氏。台北ゲームショウの印象を聞かれた高木氏が「コンパニオンは台湾の方がいいですね!」とコメントする一幕も。

 本作を制作した理由として高木氏は、「シリーズが7年続いているので、初期のタイトルを知らないユーザーが増えたことで、原点である『閃乱カグラ Burst』を3Dアクションへと大幅リニューアルしました」と説明。新たなアクションシステムやシナリオを追加して、PS4版として生まれ変わったことをアピールした。

会場で公開されたプロモーション映像。内容は日本で公開されているものと同じだが、繁体中文の字幕があり、なんとなく意味がわかるのが、またおもしろい。

 そして台湾での発売日が2018年5月17日(日本では2月22日予定)に決定したと発表をすると、来場者からは大きな拍手が! アジア版のオリジナル特典のために、雪泉(ゆみ ※記事アップ時に読みかたの誤りがありましたので、訂正させていただきました)をあしらったセクシーなイラストを用意したと披露。どんなグッズとなるかはまだ未定とのことだが、会場からステージに向かって「抱きまくら!」という声が飛んでいた。

このイベントで初公開された雪泉の書き下ろしイラスト。思わず布をめくろうとする高木氏のブレない姿勢がすばらしい。

 続いては、小酒井プロデューサーが実機でのプレイデモを披露。飛鳥と焔の一騎打ちとなるステージを使って、キャラクターの掛け合いが3D化されたことや、一定時間攻撃力がアップするバーストモードといった強化ポイントが説明されていった。

変身してパワーアップする“忍転身”も、HD画質となってクッキリシャッキリぶるんぶるんに。
小酒井氏はボスキャラクターの焔をバーストモードで見事に撃破。謎の光で大事なところが隠された焔ちゃんの姿が映し出されると歓声が湧き上がった。
プレイをしてみたい来場者を募っての実機プレイも。プレイ後には、高木氏のサイン入りポスターが贈られた。

 戦いの中で相手の衣装をビリビリに破壊できるのがシリーズの特徴だが、本作ではバーストモード中にボスキャラクターを倒すと、すべての衣装を破壊、つまり相手をポンポンスーにできる“全破壊”が用意されていることを強調。焔のあられもない露わになると、台湾ボーイたちも思わず拍手喝采となっていた。最後に高木氏は「また台湾のステージに上がれたことをうれしく思います。本作はエッチな部分だけじゃなくて、ゲームとしても歯ごたえのあるものになっていますのでよろしくお願いします」と語り、ステージを後にした。

試遊台の手前には目隠しカーテンが。これは台湾でのレーティングが18歳以上に該当するためだが、プレイ中の表情を見られることなく遊べるのはいいかも。
ステージを終えた高木氏がサイン攻めにあう一幕も。台湾のファンも熱いぜ!