メディアスケープは、自転車創業が企画、フォージビジョンが開発するプレイステーション4用タイトル『星の欠片の物語、ひとかけら版』を、本日2018年1月26日に発売開始した。

 メディアスケープは、自転車創業が企画、フォージビジョンが開発するプレイステーション4用タイトル『星の欠片の物語、ひとかけら版』を、本日2018年1月26日に発売開始した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

PlayStationVR専用タイトル「自転車創業」制作「星の欠片の物語、ひとかけら版」 2018年1月26日発売、2月12日までの購入で「早期購入特典」もバンドル

 メディアスケープ株式会社(東京都台東区、代表取締役:江崎 望)は(資)自転車創業が企画、フォージビジョン株式会社が開発するPlayStation®4用タイトル「星の欠片の物語、ひとかけら版」を2018年1月26日に発売いたしました。早期購入特典として、2月12日(月)までに本作を購入すると、サウンドトラック・設定資料集など、5つのデジタル特典が「早期購入特典」としてダウンロード可能になります(一部特典は後日の配布となります)。

 「星の欠片の物語、ひとかけら版」はPlayStationVR専用タイトルです。自身の視線(ヘッドセットの向き)で周囲のものを指し示すことのみでゲームが進行する、シンプルな操作が特徴です。プレイヤーは周辺を観察し、VRヘッドセットの向こう側にいる少女と「視線」でコミュニケーションすることにより謎に挑みます。

 本作は「VRヘッドセットでプレイする事に意味と価値のある体験」を提供すべく、世界設定・ストーリー・システムが一貫して新規に組み立てられています。VRヘッドセットの技術的な問題、違和感を世界観に転化することで、いまのVR環境においてユーザーが感じるであろうもどかしさをそのままゲーム性として組み込む、意欲的な作品になっています。

タイトル ..................... 星の欠片の物語、ひとかけら版
ジャンル ..................... VR専用コミュニケーション謎解きアドベンチャーゲーム
プラットフォーム ....... PlayStation4 ※PlayStation VR必須
価格 ............................. 2,800円(税込)
CERO ......................... B