ドコモ、“EVO Japan 2018”における高速、大容量、低遅延の5G回線実証実験を実施

NTTドコモは、EVO Japan実行委員会有限責任事業組合が主催のeスポーツ大会“EVO Japan 2018”内で、第5世代移動通信方式(5G)環境下における、eスポーツの実証実験を実施することを発表した。

 NTTドコモは、EVO Japan実行委員会有限責任事業組合が主催のeスポーツ大会“EVO Japan 2018”内で、第5世代移動通信方式(5G)環境下における、eスポーツの実証実験を実施することを発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

ドコモ、eスポーツ大会「EVO JAPAN 2018」における5Gの実証実験について

~オンラインにおけるeスポーツでの安定した回線環境の提供~

  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、EVO Japan実行委員会有限責任事業組合が主催の eスポーツ※1大会「EVO Japan 2018※2」内で、第5世代移動通信方式(以下、5G)環境下における、 eスポーツの実証実験(以下、本実験)を実施いたします。

 本実験は、ドコモが提供を予定している5G環境を、松竹ブロードキャスティング株式会社(代表取締役社長 井田 寛)による協力のもと、2018年1月26日(金)、27日(土)に開催される「EVO Japan 2018」予選会場(池袋サンシャインシティ 文化会館 展示ホール)内のブースに構築します。eスポーツ選手や幅広いユーザーにeスポーツ対戦を体験してもらい、高品質なネットワーク環境が要求される オンラインでのeスポーツ競技において、高速・大容量、低遅延が特徴である5G回線の有効性について 検証を行います。

 本実験を通じ、5G時代におけるゲーム利用者のスタイル革新をめざし、eスポーツにおけるネットワーク環境への取り組みや、スマートフォンを活用したeスポーツのプラットフォーム構築に向けて取り組んで まいります。

※1 eスポーツについて
「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

※2 『EVO Japan 2018』について
Evolution Championship Series(通称 EVO)は、対戦格闘ゲームジャンルにおける世界最大規模のゲーム トーナメント。毎年7月に開催されている北米大会では、世界中から集まったプレイヤーたちが、公平なルールと競技精神、そしてそれまで磨いてきた最高の技術で競い合い、チャンピオンの座を決める戦いに挑みます。「EVO JAPAN 2018」はラスベガスで開催される本家EVOの理念を受け継ぐ、対戦格闘ゲームのもう一つの大会です。