2018年1月18日、WargamingはPC用オンライン海戦ゲーム『World of Warships』において、大型アップデート0.7.0を実施したことを発表した。

 2018年1月18日、WargamingはPC用オンライン海戦ゲーム『World of Warships』において、大型アップデート0.7.0を実施したことを発表した。

 本アップデートでTier IX 戦艦のMusashiやパーソナルマーク機能、トレーニングルーム、港カメラの機能追加などの新要素が追加された。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

アップデート0.7.0詳細

Tier IX 戦艦 Musashi

Tier X 戦艦Yamatoの姉妹艦であるTier IX 戦艦Musashiは750,000フリーEXPを使用することで技術ツリーより研究することができます。
戦艦武蔵の歴史について興味のある方は、是非こちらのインタビュー映像もご確認ください。

戦艦武蔵: 元乗組員の追想
https://worldofwarships.asia/ja/news/history-feature/musashi-history/

パーソナルマーク機能

ゲーム内で条件を達成したプレイヤーはパッチとエンブレムを入手することができます。
プレイヤーはパッチとエンブレムを選択することで、パーソナルマークを表示することができます。
このパーソナルマークは戦闘時に自分が撃破したプレイヤーに表示されます。
また、自分が撃破された際は、相手のパーソナルマークが表示されます。

トレーニングルーム

任務記録レベルが 15 に達しているプレイヤーは、トレーニングルームを作成できるようになります。
このトレーニングルームでは、消耗品や修理等のコストがかかりません。
また、戦闘に参加する艦艇の数や艦種、マップ、そして気象条件も設定することが可能となっておりますので、ランダム戦/クラン戦向けの戦術のテストや練習をすることができます。

港カメラ

港でのカメラ操作に新しい視点が追加されました。
今回追加された視点では、ズームアウトすることで艦艇をパノラマで見ることが可能となりました。
また、上からの視点では艦艇の輪郭を見ることもできます。

上記以外にも多くの改良や修正もございます。

アップデート0.7.0の詳細については特設ページをご確認ください
https://worldofwarships.asia/ja/news/announcements/ver-070-patchnotes/