【プレゼント】ARゲーム『Star Wars / ジェダイ・チャレンジ』レビュー、心を鷲掴みにするリッチなジェダイ体験

レノボが2017年11月30日に発売したARゲーム『Star Wars / ジェダイ・チャレンジ』のプレイインプレッションをお届け。さらに、製品を1名様にプレゼント!

 レノボが2017年11月30日に発売した、『Star Wars』のARゲーム『ジェダイ・チャレンジ』。ライトセーバー型のモーションコントローラーで映画の世界観を体験できる、ファン垂涎のアイテムだ。

 ゲームモードは、ライトセーバーを振ってダークサイドの強敵と戦う“ライトセーバー・バトル”、劇中にも登場したボードゲーム“ホロチェス”、反乱軍を率いて帝国軍と戦うストラテジー“戦略バトル”の3種類。それぞれ、ステージやレベルが複数種類用意されており、技(フォース)やユニットのアンロック要素も実装されている。価格は29980円[税込](編集部調べ)で、専用のスマートフォンアプリ(無料)と同期させて遊ぶ。

 なお、12月15日の『エピソード8 最後のジェダイ』公開にあわせて、専用アプリは日本語に対応。さらに遊びやすくバージョンアップされた。

 本稿では、シリーズファンによる『Star Wars / ジェダイ・チャレンジ』のプレイリポートをお届け。また、読者1名様に実際の製品をプレゼント! 記事の最後にプレゼントフォームを設置したので、「我こそジェダイ・ナイトに!」というパダワンたちは、ふるってご応募下さい!

専用アプリ(無料)を起動したスマートフォンを、HMDに挿入してプレイ。市販のヘッドフォンを使用することで、更なる没入感を味わえる。

ジェダイになりたかった僕とアナタに

 ついに、俺がジェダイ・ナイトになるときが来たのか。40年間待ったかいがあった。

 まず、このボックスね。カイロ・レンが部屋でライトセーバーを構えているという、すごく暗黒面的シュールな状況が描かれていてもうたまらない。

 つぎに、ボックスを開封したとき。この瞬間、フォースの導きを感じざるを得ない。まず最初に目に入ってくる内容物が、ライトセーバーであるというのがニクい演出。しかも、ルークが持っていた、あのライトセーバーだ。再現度が非常に高く(なんと、ルーカス・フィルム監修)、いやがおうにも手に取ってしまうはず。あれ? この場面はエピソード7で見たことがあるぞ。

 このライトセーバー・コントローラーは、大きくて重そうに見えるが、実際にはすごく軽い。振ったり、長時間持っていても、まったく疲れないのでご安心を。さあ! レイよろしく、さっそくライトセーバーを振ってみようじゃないか。

 プレイしたゲームは“ライトセーバー・バトル”。シスを相手に実際にライトセーバー・コントローラーを振って戦うゲームで、敵はダース・モール(初級)、ダース・ベイダー(中級)、そしてカイロ・レン(上級)の3人が用意されている。どの相手も一度目に戦う際には難度が低めに設定されており、二度目からは本気を出してくる。おーこわっ。

 ゲームを始めると、いよいよライトセーバーを起動することに。あの「ヴォンッ」音とともに、青色のブレードが放出されて視界の中に現れるのだ! これこれ! この瞬間がいちばん熱かった。

 今回の体験では、最初からダース・モールたちとの戦いをプレイしたが、実際にはチュートリアル的な内容があり、そこではなんと、ルークやジェダイ・キッズたちがやっていたあの訓練(ヘッドセットを被ってブラスターをよけるやつ)がプレイできるとのこと! さすが、わかってらっしゃる!

AR越しにはこう見えているよー、というイメージ画像。カイロ・レンがリビングにいる光景は、何度見てもシュール。

 ライトセーバー・バトルでは、攻撃、防御、回避が基本となる。攻撃は任意のタイミングで行うことができ、防御は画面に表示されたブロックサインにライトセーバーのブレードの向きを合わせることで行う。また、画面に三角形の矢印が表示されたときは、その方向に身体をずらす(ヘッドセットを移動させる)と、回避が可能。回避は左右のほかに下方向もあり、その際にはしゃがむ必要がある。

 まず、相手の攻撃を観て防御や回避を行い、隙をみて攻撃していくといい。マスター・ヨーダもきっとそうおっしゃる。

上下左右に攻撃を回避。シャッタースピードを遅くしたら、フォースを感じられるのでは……と思ったが、そんなことはなかった。

 また、戦闘中に円形のエフェクトが出た際は、フォース発動のチャンス。照準をあわせてライトセーバー・コントローラーのボタンを押せば、相手をはじき飛ばす“フォース・プッシュ”をはじめとする技を発動できるのだ。最初はフォース・プッシュしか使えないが、ゲームを進めるうちに使える技はどんどん増えていくとのこと。

オビ=ワンの構えで戦ってみる。

 実際に戦ってみると、ダース・モールは初級ということでそれほど苦戦せずに倒せたが、ダース・ベイダーからはかなりきつい。「いやな予感がする……」と思ったのもつかの間、相手の攻撃が非常に激しく、確実にガード、回避していかないとあっという間に倒されてしまう。また、カイロ・レンとの戦闘中には、ファースト・オーダーのトルーパーが多数出現して、一斉射撃を行ってくる場面もあった。このときには、ライトセーバーでブラスターを弾き返して倒すという、あのおなじみの場面が再現できるのだ! わかってらっしゃる!

 そして、ライトセーバー・バトルには2周目、3周目があり、さらに敵の強さが増していくという。1周目であれほど苦労したのに……。僕の実力はまだまだパダワンレベルだったってことですね、マスター・ケノービ。しかも、2周目に突入するとライトセーバーの色が緑(ルークやヨーダと同じ!)になる。3週目には……もしかしたら赤(シス)になったり!? さらに、3週目をクリアーすると、新たに最強の敵(?)が出現するとのこと! 誰だろう……、皇帝っぽい気もするが、ヨーダとか……、大穴でグリーバス将軍!? プレイする楽しみが止まらないぜ。

 ライトセーバーを振ったり、左右に動いたり、かがんだりと、ライトセーバー・バトルはけっこう身体を使った。3人を相手にしたあとは、この時期なのにうっすら汗ばんでいたほどだ。実際にライトセーバーで戦えることはもちろん、フォースを使えたり、ブレードの振動音(「ヴォンッ」ね)やブラスターの音などが映画そのままに再現されていることなど、細部にわたってファンの心を鷲掴んでくる。ジェダイ・チャレンジはその名の通り、ジェダイになりたかった僕やアナタのためのもの。プレイしたあとは、なんかミディ=クロリアン値が上がっている気がした!

(TEXT/“ジェダイになりたい”坂本ビス太)

『Star Wars / ジェダイ・チャレンジ』を1名様にプレゼント!

●応募しめ切り
2018年1月19日(金)23時59分まで

●賞品と当選人数
Star Wars / ジェダイ・チャレンジ』:1名様

●当選発表
賞品の発送(2018年2月予定)をもって代えさせていただきます

【注意事項】
※かならず注意事項を確認いただき、同意のうえで応募してください
◎『Star Wars / ジェダイ・チャレンジ』のご利用には、互換性のあるスマートフォンが必要です。対応機種はこちらの公式サイトにてご確認ください。
◎ひとりにつき、応募は1回まで。複数応募された場合でも、当選はひとり1口までとなります。
◎氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスは必須項目です。入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
◎賞品の発送先は日本国内に限ります。
◎賞品は譲渡しないことを応募・当選の条件とします。譲渡には、売ること、オークションに出品することなどが含まれます。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され権利をお返しいただく場合があります。
◎ご応募に際しお客様よりご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。



(C)2017 Lenovo. (C) &(TM) Lucasfilm Ltd.