週刊ファミ通2018年1月4日号(2017年12月21日発売)では、『ファイナルファンタジータクティクス』の発売20周年を記念した特集記事を掲載。

 1997年6月20日に発売された『ファイナルファンタジータクティクス』(以下、『FFT』)。発売当時、シミュレーションRPGとして大ヒットを記録した同作が、今年で発売20周年を迎えました。週刊ファミ通2018年1月4日号(2017年12月21日発売)では、そんな『FFT』を総計22ページで特集! 同作の魅力を振り返るとともに、スクウェア・エニックス提供の、秘蔵資料を公開します。

 また、『ファイナルファンタジーXIV』にて現在、『FFT』をモチーフとした24人用バトルコンテンツ“リターン・トゥ・イヴァリース”が展開していることを受け、『ファイナルファンタジーXIV』プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏、アートディレクターの皆川裕史氏、そして“リターン・トゥ・イヴァリース”のシナリオを担当した松野泰己氏の3人による鼎談も掲載。『FFT』の思い出を語りつつ、“リターン・トゥ・イヴァリース”の制作秘話を語っていただきました。

秘蔵資料はコチラ。誌面ではもちろんモザイクなしでご覧いただけます。

 詳細は週刊ファミ通2018年1月4日号(2017年12月21日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle

(C)1997 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.