『FFXIV』パッチ4.2“暁光の刻”は1月下旬に公開! 第40回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2”の概要が発表された、第40回プロデューサーレターLIVEの模様をお届けする。

 吉田直樹プロデューサー兼ディレクターが『FFXIV』の現在と未来を語る、第40回プロデューサーレターLIVEが2017年12月15日に実施。“パッチ4.2コンテンツ特集Part1”をテーマに、次期大型アップデートの内容を全世界のプレイヤーに向けて発表した。

吉田氏とコミュニティーチームの室内俊夫氏は、クリスマスバージョンの衣装を身に着けて登場。

冒頭で、パッチ4.2で導入予定のコンテンツリプレイ機能を披露。視点変更や早送りなどの機能が紹介された。

 周知の通り、いわゆる“偶数アップデート”となるパッチ4.2では、『紅蓮のリベレータ―』がリリースされて以降初めて、アイテムレベル(IL)の上限が引き上げられる。これに伴いお目見えする、つぎなる高難度レイドダンジョンの詳細に多くのプレイヤーの注目が集まった。
 ほかにも、蛮神に紐づけられた新たなサブストーリークエストや、かねてより存在が明かされてきた“禁断の地エウレカ”など、さまざまな注目要素の中身も発表されている。それら一連の新情報を、ダイジェストでお伝えしていこう。

次元の狭間オメガの第2弾はシグマ編!

 第40回プロデューサーレターLIVEは、パッチ4.2で追加される新要素をまとめて紹介するコーナーからスタート。新規インスタンスダンジョンから楽器演奏の拡張機能まで、幅広い内容が発表されているぞ。

◆パッチ4.2“暁光の刻(ぎょうこうのとき)”は1月下旬公開予定
◆パッチ4.1ではアラミゴに注目が集まったが、今回からドマ編が始まる

メインビジュアルは、『チョコボの不思議なダンジョン』など数多くの人気タイトルを手掛けてきた、板鼻利幸氏の書き下ろし。

メインクエストのドマ編がスタート。

ドマの解放を成し遂げたにも関わらず、ヒエンとユウギリは厳しい表情。その理由とは……?

ドマ城から生還を果たしたゴウセツが、いよいよ主君であるヒエンと再会する!?

アナンタ族の蛮族クエストがパッチ4.2で開幕。

新規蛮族クエストの一場面だろうか。つぶらな瞳のアナンタ族の女性は何者……?

◆ヒルディブランドの依頼を最優先で受注する人が少ないので、今後、事件屋クエストは“X.X5”に相当するパッチで公開することにした
◆上記の方針変更に従い、つぎの事件屋クエストはパッチ4.25でリリース予定

新規インスタンスダンジョンは、このふたつ。

新たなサブストーリークエストとして、四聖獣奇譚シリーズが開幕。

◆四聖獣奇譚には、懐かしいというか、特定のゲームをプレイした人が「おぉ?」と言いたくなるような要素も存在する

その第1弾が、白虎征魂戦(びゃっこせいこんせん)だ。写真から判断する限りでは、竹藪が戦場なのかも。

次元の狭間オメガのセカンドシーズンのタイトルは、シグマ編。

◆次元の狭間オメガ:シグマ編の詳細は、次回プロデューサーレターLIVEもしくはパッチトレーラームービーで発表予定
◆今回のシグマ編はとにかくえらいことになっている。マップを確認したところ「何をやっているの?」という感じになった

事件屋クエストと同様、禁断の地 エウレカ:エネモス編もパッチ4.25にリリースされる。

禁断の地 エウレカ:エネモス編のビジュアルアート。

◆シリーズもののコンテンツになるので、パッチが進んでいくにつれて(新要素が)解放されていく感じになる
◆禁断の地 エウレカの中で、武器と防具を鍛えていくことに
◆内部ではやることがたくさんあって、レベリング的な要素も存在。ただし遊びの性質としては、ディープダンジョンのシリーズとは異なる
◆強力なノートリアスモンスターがいたりもする
◆禁断の地 エウレカ:アネモス編は、Full Active Time Event in SAPPORO(札幌F.A.T.E.)の会場から開催予定のプロデューサーレターLIVEで詳しく紹介したい

パッチ4.2ではジョブ調整も行われる。

◆「操作難度と火力が合っていない」というお声もあるので、黒魔道士のDPSを調整する。またユーティリティーの面で、“もう少し扱いやすく”という部分にも手を加える
◆戦士の使い勝手も向上させたい。あくまでも“使い勝手”なので(火力を向上させるとは限らない)
◆今回は“パッチ4.2コンテンツ特集Part1”なので、各ジョブに調整が入るということだけお伝えしておく。次回の放送がたぶん“Part2”になるので、調整方針をもう少し詳しくお話できるかと思う

ザ・フィーストに新マップが追加される。ライバルウィングズにも、もちろん調整が入る

武具投影を行う際に必要な触媒が、1種類に統合される。

アイテムのスタック数の最大値が、99から999に!

◆“チョコボかばん”は、利用に際して一部に制限が設けられているものの、所持品の枠が一気に70も増える

ログイン戦争を回避するため、土地の追加はパッチ4.2公開から1週間後に行われる。土地の購入方法は、3~4項目ほど変わる。新たな仕様は、パッチ公開直前に発表する

エアシップボイジャーの第2弾が登場。今回のテーマは、飛空艇ではなく潜水艦だ。

楽器演奏に新たな音色も追加される。新たに追加される3つの音色は、すべて弦楽器。対応するモーションを用意しなければならないため、太鼓や笛の追加はもっと先のパッチになる

演奏向けに用意される専用UIがこちら。画面内の鍵盤に、ボタンやキーを割り当てたうえで音を奏でられる。

新規アラガントームストーンの名称は、虚構だ。

◆メインシナリオで挑むダンジョンに調整を加える。いまよりもプレイ時間が少し長くなるかもしれないが、そのぶん報酬を引き上げる
◆冒険者小隊コンテンツで挑戦できるダンジョンの数も増加する
◆宝物庫 ウズネアカナル深層(の報酬)が「渋すぎるのでは」という話をしている
◆レベル50~60のあたりのクラフターのレベリング効率も調整する。レベル60までは、比較的レベルを上げやすくしてもいいのかなと思っている