ジェイソン・ロバーツ氏の『Gorogoa』を紹介する。謎解きにつれて絵が動き出す、不思議なパズルアドベンチャー。

 ジェイソン・ロバーツ氏のパズルアドベンチャー『Gorogoa』を紹介しよう。本作は海外インディーパブリッシャーのAnnapurna Interactiveより、PC/iOS版が本日より順次配信開始(海外ではNintendo Switch版も)。

 その内容は手描きの絵によって構成されたパズルアドベンチャーゲームで、すべての謎解きは絵の中に隠されている。それぞれの絵にズームできたりスライドできたりレイヤーが分離したりといったギミックが隠されていて、他の絵と繋がるように並べたり、絵を重ね合わせたりすることで、話が進行していくのだ。

どこか錬金術的というか、博物誌的というか、魔法のような不思議な感覚を漂わせている。

 日本語対応は行われているものの、ストーリーはアニメーションする絵のみで語られていく。そこで描かれるのは、少年と街に出現した巨大な生物をめぐる物語だ。

 “なにやら古い博物誌的な書誌に記述を見つけた少年が、その生物と関係のあるらしい「珠」を集めていく”というのが本筋なのだが、謎解きが進んでいくと、どうも異なるバージョンの「少年」が見られるようになり、話が多層的に分裂しては収束するようになり、ファンタジーがうごめきはじめる。

場に4枚出ている時は混乱しがちだが、クリック可能なところを表示するヒント機能もあるので、落ち着いてそれぞれの絵にどんな機能があるのか整理して考えるといいだろう。

 というわけで、それほど長くない短編だが、絵自体がストーリーテリングしながら变化していくのとあいまって、魔法にかけられたかのような感覚を味わえる本作。静かな夜に紅茶でも淹れつつ、この不思議な物語を紐解いてみて欲しい。