ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、発売中のプレイステーション4、ニンテンドースイッチ用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』にて、これまでのアップデートの軌跡を辿るトレーラーと、ニンテンドースイッチ版を使用した“ゲームの世界”動画を公開した。

 ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、発売中のプレイステーション4、ニンテンドースイッチ用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』にて、これまでのアップデートの軌跡を辿るトレーラーと、ニンテンドースイッチ版を使用した“ゲームの世界”動画を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

「#レゴワールド」「#legoworlds」でつくった世界をお披露目しよう!

 ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメント(東京都港区 シニア バイスプレジデント 上席執行役員 小田 充)は、好評発売中の『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』の今までのアップデートの軌跡を辿る最新トレーラーと、Nintendo Switch版を使用して作成された「ゲームの世界」動画を公開しました。
 レゴブロックを使って、想像力の働くままに好きなものを作ることができる、それが『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』です。実際のレゴブロックで遊ぶように、一つ一つブロックを組み上げるのも、ゲームを進めてアンロックしたオブジェクトを使って、一気に作り上げるのも、遊び方は自分次第!もちろん、壊すことだって思いのまま。建物を壊すのも、地面に穴をあけるのも、山を平たくするのも、地形だって自由自在で、思い描く世界を自分の手で作り出すことができる夢のゲームが、PlayStation4 と Nintendo Switchで好評発売中です。
 開発は、これまでも多くの「レゴゲーム」シリーズを開発してきたTT Games が手掛けています。

今まで46箇所ものアップデート!その軌跡を辿るトレーラーのご紹介

 日本では2017年春のPlayStation4版の発売を皮切りに、ご好評いただいている「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」ですが、本日に至るまで、様々なアップデートによる機能改善や機能追加が行われてきました。その数は46もの箇所にも渡ります。その内訳には、ブロックを使ったビルディングを楽しむ事に特化した「サンドボックスモードの追加」や、動画を作る方にはうれしい「動画撮影用のカメラカーの追加」といった比較的大きなものから、「陰影表現の改善」や「空の表現の改善」など、見た目の向上につながるもの、他にも各種ツールの使用感の改善など、本作をより楽しく遊ぶためのものから、「スケートボードのアップグレード」や「ウサギの追加」など、細かな遊び心のポイントまで、幅広く多彩なものが含まれています。
 これからも継続的なアップデートは続く予定で、様々な機能強化を目指していく予定です。引き続き、LEGOワールドにご期待ください。

さまざまな「ゲームの世界」を再現した、Nintendo Switch版動画も公開!
 想像力さえあれ䜀、様々なものを作る事ができるのが本作の魅力。本日はNintendo Switch版の『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』で制作した、「ゲームの世界」をテーマとした動画もご紹介させていただきます。本映像は、実際にNintendo Switch版のLEGOワールドを使用して作成されました。
 横スクロール型の2D風アクションゲーム、コースを周回するレースゲーム、サッカーゲームに、剣と盾で敵を倒す3D風アクションゲーム。映像の中に出てくるゲームのシーンは全て本作「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」を使用して作られています。制作は、先日開催された『チーム対抗LEGOワールド選手権大会』で見事優勝に輝いた「ぬに」さんが担当。いろいろなブロックやギミックを使った「ゲーム再現のアイデア」には注目です。

 何を作るのも、何をするのも、どこへ行くのも思いのまま。Nintendo Switchで、いつでも、どこへでも、自分のワールドを持ち歩きましょう。そして、ビルドした世界を ハッシュタグ「#レゴワールド」「#legoworlds」で皆にお披露目しましょう!