アメリカ・アナハイムにて行われる、プレイステーションファンのためのイベント“PlayStation Experience 2017”に先駆けて行われた“PlayStation Presents”。同カンファレンスにて新規発表されたプレイステーション VR対応ソフト『Jupiter & Mars』の詳細が判明。

 アメリカ・アナハイムにて行われる、プレイステーションファンのためのイベント“PlayStation Experience 2017”に先駆けて行われた“PlayStation Presents”。同カンファレンスにて新規発表されたプレイステーション VR対応ソフト『Jupiter & Mars』に関して、発売元であるTigertronより正式リリースが到着した。

 『Jupiter & Mars』の開発を手掛けるTigertronは、じつは同社はジェームス・ミルキー氏が2015年に設立したスタジオ。ジェームス・ミルキー氏というとご存じの方も多いと思うが、国内インディーゲームの祭典“BitSummit”の生みの親として、インディーゲームの魅力を伝えることに尽力したクリエイター。今回発表された『Jupiter & Mars』は、Tigertronのスタジオとしてのテーマでもある、環境問題に焦点をあてた1作となっている。汚れた地球を元の姿に戻そうと冒険に出る二匹のイルカの物語で、プレイヤーはイルカとなり、冒険を通してさまざまな体験をするアドベンチャーゲームだ。

 『Jupiter & Mars』でクリエイティブディレクターを務めるミルキー氏は、「あらゆる環境問題が地球にどのような影響を与えているのか? そして、我々は子どもたちに何を残してあげられるのか?」 という課題に非常に関心を持っており、過去に日本のゲーム開発スタジオであるキュー・エンタテインメントやキュー・ゲームスに在籍していた経験から、「ビデオゲームは現代の強力なストーリーテリング・メディアとなる。」ことを確信。そんなビデオゲームを通して、そのプレイを楽しみながらも、“海の酸性化の問題” 、“種の絶滅問題”、“気候の変動” など、現代の人類、現在の地球が抱えるさまざまな問題に対して意識を高め、かつ魅力的なゲーム体験から、問題への興味や知識を高めることを試みるという。「もしひとりでも自分の周りの世界に目を開いて、私たちの意思に気付き、行動に移してくれたのなら、それはゲームを作る価値があるだろう」(ミルキー氏)。

地球上で人類が消滅してしまった未来の物語。プレイヤーは二匹のイルカJupiterとMarsとなり海中を冒険する。

 「ひとりの主人公を中心とした物語よりも『ICO』や『AZEL -パンツァードラグーン RPG-』といったふたりの主人公の関係を描く物語により大きな影響を受けた」というミルキー氏が手掛ける『Jupiter & Mars』は、二匹のイルカの冒険を通して、信頼を築きながら成長するアクション・アドベンチャーゲーム。開発はTantalus MediaとWicked Witch Software(ともにオーストラリア)との協力関係のもと、共同での開発を続けている。

 本作のサウンドにはビートルズでおなじみのジョージ・マーティン氏のプロダクションチームメンバーであるジョナサン・アトキン氏が参加。また、テーマソング“Shooting Stars”のボーカルは『Child of Eden』(開発:キュー・エンタテインメント)のテーマソング“Heavenly Star”などで知られる声優・歌手の宮原永海(なみ)さんを起用しているという。

 『Jupiter & Mars』は2018年5月のリリースを目指して開発中(欧米)。残念ながら日本発売は未定とのことで……吉報を待ちたい!

気候変動の果てに、海の中に沈んだ都市を泳ぐイルカの視点から描かれた未来予想図。

開発スタジオ Tigertron Inc.
Tigertronは、ニューヨークのブルックリンを拠点とする、バーチャルリアリティなどの新技術を活用し、現代の環境問題やECOをテーマとしたインタラクティブ・エンターテインメントを創造するゲーム開発スタジオ。「ゲームを通して環境問題に新たな光や焦点を当てるとともに、楽しくて心に残る物語とゲームでの体験を発信していきます」(リリースより)とのこと。CEOはサム・ケネディ氏。