SNKとサウジアラビア・リヤード市のマンガプロダクションズは、格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』に関する契約を締結。サウジアラビアのキャラクターとステージが登場することを発表した。

 SNKとサウジアラビア・リヤード市のマンガプロダクションズは、格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』に関する契約を締結。サウジアラビアのキャラクターとステージが登場することを発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 マンガプロダクションズ(サウジアラビア・リヤード市)と株式会社SNK(本社:大阪府吹田市、以下SNK)は、SNKの格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS XIV」(以下KOF XIV)にサウジアラビアのキャラクターとステージが登場する契約を2017年11月16日に締結しました。

ナジド キャラクター

 マンガプロダクションズは、9月に広く中東地域の若者にSNSを通じて格闘ゲームに登場させたいキャラクターとステージを募集しコンペを実施しました。サウジアラビア・バーレーン・イラク・UAE・オマーンなどから300点以上の応募があり、その中で「KOF XIV」に登場するキャラクターとステージが選ばれました。

 選考のためマンガプロダクションズはSNKと選考委員会を発足、10月18日、SNK本社にて作品を選びました。選考委員は、SNKの「KOF XIV」プロデューサー小田泰之氏、キャラクター・デザイナーおぐらえいすけ氏、アートディレクター黒木信幸氏を含む10名とマンガプロダクションズのCEOブカーリ・イサム氏、COOアロマダホ・アムル氏など3名の合計13名。

 キャラクター部門では、ナジドに登場する女性戦闘員のキャラクターをデザインしたサウジアラビアのマシャーイル・アルバラーク(Mashael Al-Barrak)氏の作品が選ばれました。またステージ部門では、近代マスマク城をアリーナ(競技場)としてデザインしたオマーンのザイナブ・アルラワーティ(Zainab Al-Lawaty )氏の作品が選ばれました。

 二つの作品は、11月16日に開催されたミスク・グローバル・フォーラム(MGF)で作品と作者が表彰されました。表彰式には、SNK代表取締役会長Zhihui Ge氏、マンガプロダクションズ会長バドル・アルアサーケル氏、CEOイサム・ブカーリ氏らが参加して行われました。

契約締結:左から、ブカーリ・イサム氏、バドル・アルアサーケル氏、Zhihui Ge氏、アロマダホ・アムル氏
キャラクター部門に優勝:マシャーイル・アルバラーク氏(中央)
ステージに部門優勝:マシャーイル・アルバラーク氏(中央)

以下マンガプロダクションズとSNK社のコメント
■ミスク財団の子会社でアニメやゲームを企画・制作・販売するマンガプロダクションズCEOのブカーリ・イサム氏は「今回広くアラブ地域からゲームのキャラクターとステージのデザインの応募がありました。ゲームを通じてアラブ世界のコンテンツ産業の育成を促し、若者の支援ならびに日本との文化交流を発展させることは、サウジアラビアが推進する《ビジョン2030》の産業促進でもあります。今回アラブ地域の若者になじみのあるキャラクターやステージがゲーム《KOF》に登場することで親しみを持って楽しむことができます。このコンテンツを導入することで《KOF》の人気がアラブで高まることを期待します。」と語りました。
■MGFに参加した株式会社SNK代表取締役会長Zhihui Ge氏は「デザイン・コンペにたくさんの応募をいただき感謝しています。アラブのキャラクターが私たちのゲームに加わることでさらにアラブ世界の皆さまに親しんでいただけることと思います。今後もマンガプロダクションズとのパートナーシップを通じて世界に通用するコンテンツや若いクリエイターの育成に力を入れたいと思います。」と語りました。

 今回デザイン・コンペで選ばれたキャラクターとステージは今後「THE KING OF FIGHTERS XIV」のダウンロードコンテンツとして配信する予定です。