『モンスターハンター:ワールド』素材を増やせる“植生研究所”、アイテムを作れる“マカ錬金”などが公開

カプコンは、2018年1月26日発売予定の『モンスターハンター:ワールド』について、最新情報を公開した。

 カプコンは、2018年1月26日発売予定のプレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、最新情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

調査拠点アステラの植生研究所、マカ錬金などを公開

武器のアクションが試せるトレーニングエリアも紹介

植生研究所

 植生研究所では栽培によるアイテム増加を依頼することができる。肥料などを用いることで、より多くの収穫を得ることも可能。

アイテムを栽培して増やす

 植物、虫、キノコ類のアイテムの収穫を依頼して、特定のアイテムを大量に入手することができる。

※栽培するためにアイテムを預ける必要はありません。
※必要時間は1目盛り=1クエスト経過を意味する
※収穫BOXがいっぱいになるとそれ以上増やせません。

調査ポイントを使用して「肥料」を使用すると栽培1回あたりの収穫量を増やすことができる。また施設がレベルアップすると栽培できるアイテムの種類や肥料が追加されていく。

収穫はアイテム毎に設定された必要時間あたり1回行われ、収穫を受け取りに来るまでか、収穫BOXがいっぱいになるまで自動的に増え続ける。

マカ錬金

 材料となるアイテムを錬金値に変換して、効果が高い消費アイテムやボウガンの弾等を生成する施設。

材料の自由度の高さが特徴

 クエストや探索などで得られる調査ポイントと所有の材料(アイテム)を渡すことで得られる「錬金値」で他のアイテムに錬金することができる。アイテムによって得られる「錬金値」は異なるが、ほとんどのアイテムが材料となるので自由度が高い。

施設がグレードアップすれば装飾品の錬金も可能に!

 特定の武器や装備にある「スロット」に付けることで装備スキルを得たり、同様のスキル効果を高めることができる「装飾品」。

 欲しい「装飾品」があれば、材料となる装飾品で「錬金値」を必要ポイント準備すれば、調査ポイントを使って錬金してくれる。

マイハウス

 拠点に用意されたマイハウスでは、アイテムBOXをはじめ、オトモ管理やルームサービスの機能を利用することができる。ゲームの進行に合わせて種類(グレード)が異なるマイハウスに引っ越しすることも可能。

 ルームサービスでは、ゲームの進行に合わせて様々な機能を利用することができる。
【例】
・トレーニングエリアへの移動
・捕獲した環境生物の配置
・マイハウスの引っ越し など

新大陸には、いろんな環境生物が存在する。捕獲した環境生物は、マイハウスに放つことが可能。マイハウスの種類(グレード)により、配置できる環境生物の数や種類が異なる。

トレーニングエリア

 マイハウスのルームサービスに話しかけるとトレーニングエリアへ移動可能。武器のアクションなどを心行くまで試すことができる! それぞれアクションが異なる全14種の武器を試そう!

トレーニングエリア内の様々なオブジェクト(柱やタル等)を攻撃して武器のアクションを確かめることができる。他の武器も試したいときは施設内のアイテムBOXで装備の変更が可能。

※装備中の武器で使用できる弾やビンはすべて試射可能。消費アイテム、弾、ビンは消費されないので存分に練習することができる。コンボやコマンドも表示する最適なトレーニング環境を用意。
※楔虫も設置されており、スリンガーの練習も可能。



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。