コーエーテクモゲームスは、2017年11月30日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、PC、iOS、Android用ソフト『信長の野望・大志』について、今作の大きな新要素である“志”システムによる各大名の違いとして“豊臣秀吉”、“徳川家康”、“石田三成”、“竹中半兵衛”の各“志”におけるプレイ感の違いや、AI(人工知能)の違いに関する最新情報を公開した。

 コーエーテクモゲームスは、2017年11月30日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、PC、iOS、Android用ソフト『信長の野望・大志』について、今作の大きな新要素である“志”システムによる各大名の違いとして“豊臣秀吉”、“徳川家康”、“石田三成”、“竹中半兵衛”の各“志”におけるプレイ感の違いや、AI(人工知能)の違いに関する最新情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

豊臣秀吉、徳川家康、石田三成、竹中半兵衛の「志」およびAIを公開

トピックス

  • 城取を得意とする、豊臣秀吉の志「立身出世」の特徴
  • 同盟効果を最大限に引き出す、徳川家康の志「欣求浄土」の特徴
  • 一部武将は、とある条件で「志」が変化する
  • 他の大名にも劣らない石田三成、竹中半兵衛の「志」とは?
  • 山内一豊、本多忠勝、荒木村重、前田慶次などの武将画公開

(1)豊臣秀吉の志「立身出世」の特徴

 本作の新要素である「志」システムは、大名家の特性を際立たせ、その戦略に多様性を与えます。プレイヤーは、プレイする大名の特性を理解し、独自の戦略を練る必要があります。また敵大名も、NPCとして「志」のもつ特性を利用しながら、それぞれ独自のAIが作用し、各々の価値判断の下に勢力の維持・拡大を行います。「志」を軸とした大名家ごとの違いをお楽しみいただけます。

 豊臣秀吉は「立身出世」の「志」があり、「実測検地」と「城取名人」の2つの「志特性」を持っています。
 「実測検地」は、秀吉が全国規模として初の検地を行ったとされる逸話から設けられた「志特性」です。その効果は農業だけではなく、内政および軍事全般に影響を与えるものとなっています。まず農業分野では、農民から納められる兵糧が増加します。また軍事面では、足軽の戦闘力が上がります。つまり、信長同様に半農半士である農兵ではなく、できるだけ農業は農民に、兵士は足軽とすることでメリットを最大化できる「志特性」となります。(本作での領民は、農民、農兵、足軽、流民に大別され、それぞれの割合をプレイヤーがコントロールします。)しかも、拠点の人口が増加しやすくなるため、勢力の基盤が厚くなります。ただし、この「志特性」は「一触即発」というデメリットの効果もあり、一揆が起きやすくなるという欠点を抱えています。
 また、もう1つの志特性「城取名人」は、戦国時代でも稀代の城取の名手だった秀吉の戦歴を表した「志特性」です。その名の通り、特性がもたらす効果も敵拠点の包囲戦で絶大な効果を与えるものとなります。敵拠点を包囲したときの威力が高いことに加え、包囲を続けることで敵勢力の兵糧を減少させ、戦意をも低下させる効果が付与されます。しかし、攻城には優れた効果を持つ秀吉の「志」ですが、決戦ではデメリットもあります。「志特性」の中でも「血が苦手」の効果により、決戦での自勢力の部隊の攻撃力が軒並み低下してしまいます。
 敵大名としての秀吉は、天下人の覇権を手にするために上洛を目指す動きを見せるでしょう。本能寺の変が起きた際には、特に明智勢・柴田勢などには積極的に戦を仕掛けることになるため、周辺勢力はどの勢力に助力をするかが、その後の勢力拡大において大きな鍵を握ることになります。また、もし秀吉軍が自勢力の領地に侵攻してきたならば、志特性「城取名人」の効果もあるため、拠点が包囲される前に迎え撃つほかに良策はありません。

豊臣秀吉は「実測検地」と「城取名人」という2つの志特性を持っています。
秀吉は「実測検地」の効果「近代兵装」によって信長と同じく決戦で足軽の戦闘力が上がります。
敵大名としての秀吉は本能寺の変の後、明智家をまず狙い、その後は天下人を目指して統一を目指す傾向があります。
秀吉の志「立身出世」は、一揆が発生しやすいというデメリットが存在します。

豊臣秀吉の志「立身出世」の特性および効果一覧

◆特性:実測検地
<効果>
検地帳:農民の納める兵糧が増える
家数人馬改帳:拠点の人口が増えやすくなる
近代兵装:足軽の戦闘力が上がる
一触即発:一揆が発生しやすくなる

◆特性:城取名人
<効果>
破城包囲:攻城戦で包囲の威力が上がる
干殺し:攻城戦で包囲を続けると、敵勢力の兵糧が減る
心の駆け引き:攻城戦で包囲を続けると、敵勢力の戦意が下がる
血が苦手:決戦で部隊の攻撃力が下がる

(2)徳川家康の志「欣求浄土(ごんぐじょうど)」の特徴

 徳川家康の「志」は、史実でも家康が掲げたとされる“厭離穢土 欣求浄土”の馬印から由来する「欣求浄土」となります。この「欣求浄土」がもたらす「志特性」として、「三河武士」「織徳同盟」の2つがあります。
 「三河武士」は、合戦において効果を発揮する「志特性」です。特に防御面で優れており、部隊の防御力が高まるのに加えて、潰走しても部隊の戦線復帰が早まるなどの効果もあり、他勢力より粘り強い戦が可能です。さらに「旗本先手役」の効果により、家康と徳川四天王である「酒井忠次」「本多忠勝」「榊原康政」「井伊直政」のいずれかが共に出陣することで、四天王が配属されている部隊の戦闘力が上がります。しかし、家康は自身が出陣しないと部隊の士気が下がるというマイナスの効果もあるため、家康でプレイする際の基本軍略は、家康と徳川四天王で出陣することから始まります。
 また「織徳同盟」は、信長との同盟関係にある家康にとって、その同盟効果をより引き出す「志特性」となっています。同盟勢力との交渉が有利に働く効果や、同盟勢力が実行している方策と同じ方策を実行する場合における施策力のコストが低減するなど、同盟勢力が大きければ大きいほど、勢力運営が楽になります。ただし、同盟勢力を有効に活用できる一方で、それ以外との勢力の交渉は不利になる性質も持ち合わせており、同盟を結んでいない勢力との交渉は難航する場合もあります。
 敵大名としての家康は、史実同様に信長との同盟を有効に活用しながら東海の制圧、さらにその先として甲斐の覇権を握るために、勢力運営をすることになるでしょう。家康と戦う場合、徳川家の優秀な家臣と、織田家からの強力な援軍を一度に相手することが考えられるため十分な戦力を整えて合戦に挑む必要があります。

徳川家康は「三河武士」と「織徳同盟」という2つの志特性を持っています。
「織徳同盟」の特性効果によって、同盟勢力との交渉が有利になります。織田家との同盟を維持し活用するのも一手。
家康とともに決戦に出陣した、徳川四天王が部隊長を務める場合は、戦闘力がアップする。
敵大名の家康は、史実と同じく織田信長と同盟を結んでいます。家康との合戦には援軍として信長が加勢することも。

徳川家康の志「欣求浄土」の特性および効果一覧

◆特性:三河武士
<効果>
旗本先手役:徳川四天王の誰かが部隊を率いて大名と同じ決戦に出ると四天王部隊の戦闘力が上がる
堅忍不抜:決戦で部隊の防御力が上がる
七転八起:潰走した部隊の復帰が早くなる
大黒柱:大名自らが出陣しないと部隊の士気が下がる

◆特性:織徳同盟
<効果>
信頼:同盟勢力との交渉が有利になる
友軍:決戦時に他勢力との連合軍になると、部隊の戦闘力が上がる
共有:同盟勢力が実行済みの方策がある場合、 実行に必要な施策力が減る
蚊帳の外:同盟勢力以外との交渉が不利になる

 また一部の武将は、時代の違いや、とある条件を満たすことで自身の「志」が変化します。「志」が変化することで、特性効果がさらに強化されたり、新しい効果が追加されたりなど、その「志」がもつ特性や効果も変化することとなります。

 秀吉や家康も「志」が変化する武将であり、秀吉は「立身出世」から「天下惣無事」へ、家康は「欣求浄土」から「天下泰平」へと「志」が変わっていきます。「天下惣無事」は、「立身出世」の効果をベースとしつつも、天下人に近づいた秀吉の立場を反映して朝廷や弱小勢力へ影響を与える特性が新たに身に付きます。「天下泰平」も同じく、「欣求浄土」をベースとしながら、自立した大名として巨大な力を手にしていく家康の特徴を表して、譜代の家臣を優遇する傾向が強くなり、さらに同盟関係への効果が薄れるかわりに、自勢力の内政効果を高めるものになるなどの変化が生まれます。

秀吉も家康も、条件を満たすことでそれぞれの「志」が変化。名称だけでなく、その効果(メリットとデメリット)も変わるため、プレイヤーは戦略を変える必要性も出てくる。

(3)石田三成の志「大一大万大吉」、竹中半兵衛の志「天賦王佐」

 「志」は、武将全員が必ず1つ備えており、一部武将にはその武将オリジナルの「志」があります。固有の「志」は大名クラスの武将たちに多く存在しますが、有力武将たちにも用意されています。
 石田三成もその1人であり、「大一大万大吉」という固有の「志」をもっています。「大一大万大吉」は、2つの特性「君臣分禄」「天下奉行」があり、家臣の忠誠を引き上げ、評定における家臣たちの提言がもつ施策力を高める効果があります。また、近江出身の三成らしく「国友衆保護」の効果で、鉄砲が安価で手に入る上、鉄砲部隊の攻撃力が上がるなどの特性があります。
 一方の竹中半兵衛も固有の「志」として「天賦王佐」があります。「志特性」として、合戦面における索敵能力の向上や、部隊を指揮する武将たちの提案頻度の増加など決戦を有利にする効果をもった「今孔明」。さらに方策の実行コストが低減するだけでなく、敵勢力を滅亡させることによって、その勢力が利用していた方策を獲得してしまう「深竜水徹」といった、特徴的な効果が備わった特性をもっています。史実では軍師として秀吉に忠義を貫いた半兵衛ですが、本作ではプレイヤーの手で大名となった半兵衛の志を果たすことも可能です。斎藤家でプレイすることで、半兵衛を大名とする機会が訪れるかもしれません。

大名クラスだけでなく、有力武将にも固有の「志」が備えられている。三成も半兵衛も有力大名に劣らない特性があり、天下取りも夢ではない。

石田三成の志「大一大万大吉」の特性および効果一覧

◆特性:君臣分禄
<効果>
過ぎたる主:家臣の忠誠が上がる
先懸衆:決戦で部隊の士気が上がる
国友衆保護:鉄砲の購入時の価格が下がり鉄砲を装備した部隊の攻撃力が上がる
狷介孤高:他勢力との連合軍で決戦に敗北すると戦意が大きく下がる

◆特性:天下奉行
<効果>
合議行政:すべての家臣の施策力が増える
兵站整備:行軍時の兵糧消費が減る
外交取次:交渉が有利になる
唯我独尊:親善の効率が下がる

竹中半兵衛の志「天賦王佐」の特性および効果一覧

◆特性:今孔明
<効果>
十六人の城取り:攻城戦で包囲の威力が上がる
千里眼:部隊の視界が広くなる
文殊の知恵:決戦で家臣が提案しやすくなる
名馬を望まず:軍馬の購入時の価格が上がる

◆特性:深竜水徹
<効果>
神の知識:方策実行に必要な施策力が減る
軍談の席立つべからず:家臣の成長が早くなる
悪魔の知恵:滅亡させた勢力の方策を獲得できる
竜の眠り:決戦に敗北すると、民忠が大きく下がる

(4)登場武将は2,000名超! 今作描きおろし武将が多数登場

 今作での登場武将のうち、描きおろしの武将や姫たちも多く登場します。今回は山内一豊、本多忠勝、荒木村重、前田慶次のグラフィックなどをそれぞれ公開いたします。

山内一豊
本多忠勝
荒木村重
前田慶次

※画面写真はWindows版、開発中のものです。