『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』(2018年2月15日発売予定)の情報を公開する番組“公式生放送 第一夜”にて、同作の参加アレンジャーが発表。“#マナの音楽祭 Twitter プレゼントキャンペーン”の結果も発表された。

 2017年11月16日、スクウェア・エニックスのプレイステーション4、プレイステーション Vita、PC用ソフト『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』(2018年2月15日発売予定)の情報を公開する番組“公式生放送 第一夜”が配信。この中で、同作に楽曲のアレンジャーとして参加しているアーティストの一覧が発表された。

『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』参加アレンジャー一覧

ARM(IOSYS)
上倉紀行
きくお
菊田裕樹
古代祐三
sasakure.UK
佐藤純一(fhana)
霜月はるか
関戸剛/山岡広司
DE DE MOUSE
成田勤
ピノキオピー
宮野幸子(シャングリラ)

 また、10月31日~11月15日の期間で行われた、“#マナの音楽祭 Twitter プレゼントキャンペーン”の結果も発表。このキャンペーンは、『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』の収録曲(オリジナル版から全編アレンジされている)の中で、いち早く聴きたい楽曲は何かをゲームファンから募集するもの。もっとも投票数が多かった楽曲ベスト5が、生放送内で初披露された。また、1位になった楽曲は、『聖剣伝説2』オリジナル版の作曲を担当した菊田裕樹氏自身がアレンジし、オルゴール化。このオルゴールは、キャンペーンに参加した人の中から、抽選で10名にプレゼントされる。

 では、ベスト5に選ばれた楽曲は? 結果は下記の通りだ。

第5位 危機 654票
第4位 少年は荒野をめざす 673票
第3位 予感 808票
第2位 子午線の祀り 1364票
第1位 天使の怖れ 1427票

『危機』が選ばれていたらオルゴール化するのがたいへんだった……と、危機を脱してホッとした様子の菊田氏。

 接戦を制したのは『天使の怖れ』! 中間発表で1位だった『子午線の祀り』を破り、1位となった。なお、『危機』と同様にオルゴール化が困難と思われていた『呪術師』は6位。7位は『愛に時間を』、8位は『妖精族のこども』、9位は『不思議なお話しを』、10位は『森が教えてくれたこと』となっている。

#マナの音楽祭 最終投票結果発表ページ
http://www.jp.square-enix.com/seiken2_som/news-detail.html?id=2452&ref=1