『信長の野望・大志』各大名の個性を描く“志”システムを紹介、近畿3武将の特徴をチェック!

コーエーテクモゲームスは、2017年11月30日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、PC、iOS、Android用ソフト『信長の野望・大志』について、今作の大きな新要素である“志”システムによる各大名の違いとして“本願寺顕如”、“松永久秀”、“浅井長政”の各“志”におけるプレイ感の違いや、AI(人工知能)の違いに関する最新情報を公開した。

 コーエーテクモゲームスは、2017年11月30日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、PC、iOS、Android用ソフト『信長の野望・大志』について、今作の大きな新要素である“志”システムによる各大名の違いとして“本願寺顕如”、“松永久秀”、“浅井長政”の各“志”におけるプレイ感の違いや、AI(人工知能)の違いに関する最新情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

本願寺顕如、松永久秀、浅井長政の「志」およびAI を公開

トピックス

  1. 「寺」を利用した戦術が得意な、本願寺顕如の志「往生極楽」の特徴
  2. 得意なのは裏切りだけではない、松永久秀の志「乱世の梟雄」の特徴
  3. 家臣たちの能力の引き上げや戦闘面にも長けた、浅井長政の志「湖北仁義」の特徴
  4. 本願寺顕如・松永久秀・浅井長政など、それぞれの描きおろし武将公開

(1)本願寺顕如の志「往生極楽」の特徴

 本作の新要素である「志」システムは、大名家の特性を際立たせ、その戦略に多様性を与えます。プレイヤーは、プレイする大名の特性を理解し、独自の戦略を練る必要があります。また敵大名も、NPC として「志」のもつ特性を利用しながら、それぞれ独自のAI が作用し、各々の価値判断の下に勢力の維持・拡大を行います。「志」を軸とした大名家ごとの違いをお楽しみいただけます。

 一向宗を束ねる宗主である本願寺顕如の「志」は「往生極楽」です。顕如の「志特性」は、ほかの武将の「志」と一線を画します。本作の全国マップ上には、幾つもの「寺」が配置されていますが、これらが内政面でも合戦面でも、顕如の勢力に大きな力を与えます。
 まず内政面で、寺のある拠点の兵糧収入が増え、そこにある商圏の独占にかかる金銭負担も軽くなります。また、独占した商圏の成長速度を高める効果もあるため、他勢力と商圏を共有するよりも、独自に自勢力で商圏を独占し、経済基盤を構築することが戦略として基本的には有利となります。ただし、顕如は商圏の独占を得意としつつも、成長を促進させる投資を得意としないため、商圏を独占さえすれば必ずしも安泰ということでなく、独占をすべきか他勢力との共生を計るか戦略上のジレンマが存在します。(商圏は複数勢力が進出することで成長合いが大きくなり、1勢力だけでは成長が遅くなります)
 また、周辺に寺のある郡で合戦を行うと志特性の「門徒参戦」の効果が働き、本願寺の軍勢に多くの門徒が合流し、兵数が一時的に増加する効果があります。しかし、特性にはデメリットも存在しており、農兵が戦死しやすいという「南無阿弥陀仏」の効果も存在します。
 敵大名としての顕如は、そのAI の動きも特徴的です。顕如は、織田家を敵視する傾向がある一方で、鈴木家をはじめ、武田家、浅井家、朝倉家などとは友好な関係を積極的に築こうとします。そのため、史実の通り、中部から近畿圏における勢力関係の要として、“信長包囲網”の一翼を担うような動きをしてくるでしょう。
 また、顕如は自身と敵対する勢力に対して「進者往生極楽」の特性により、その勢力の民忠を下げる効果があり、安易に宣戦すると自分の拠点の基盤を揺るがすことにもなりかねません。さらに侵攻しようにも、「退者無間地獄」の特性により、籠城や包囲戦にも強いため厄介な敵になることは間違いありません。

周囲に寺のある拠点での兵糧と金銭収入が有利になる特性を持っている。

織田家とは相容れぬ「志」をもつ顕如。他勢力と “信長包囲網”を築く傾向がある。

寺のある郡を戦場とする場合、門徒が駆けつけてくれることで自勢力の軍勢の兵数が増加する。もともと7,500 だった兵数が、11,250 に増加している。

本願寺顕如の志「往生極楽」の特性および効果一覧

◆特性:一向一揆
<効果>
門徒参戦:寺のある戦場で決戦すると兵数が一時的に増える
進者往生極楽:合戦中の敵勢力の民忠が下がる
退者無間地獄:籠城戦で士気が下がりにくくなり、攻城戦で包囲の威力が上がる
南無阿弥陀仏:農兵の死亡率が上がる

◆特性:寺領保護
<効果>
講:寺のある拠点の兵糧収入が増える
座:寺のある拠点に所属する商圏の独占費用が減る
布施:独占している商圏の成長速度が上がり、特殊商圏の金銭収入が増える
座の代償:商圏の投資費用が増える

(2)松永久秀の志「乱世の梟雄」の特徴

 主君信長を3 度裏切った松永久秀の「志」は「乱世の梟雄」です。天下の大悪人とも呼ばれた久秀ですが、今作ではそのような側面だけでなく別の顔にもスポットを当て「志特性」を用意しています。
 まず、従来作のイメージに近い久秀の「志特性」として「天下三悪事」があります。「天下三悪事」はいくつかの効果を有しています。その一つである「二枚舌」は外交関係の改善に効果があるだけでなく、さらに手切れを起こしても相手勢力の心証を悪化させないという大きなメリットがあります。また、戦中で大仏殿を焼き払った故事(諸説あり)など、寺社勢力を意に介さないその姿勢から、周辺に寺のある拠点に所属する商圏の独占費用を軽くする効果の「大仏殿放火」などもあります。
 一方の「天守の創始」の「志特性」では、久秀の別の顔を取り上げています。久秀は健康に気を遣っていたという逸話から、自勢力の家臣たちの寿命を引き上げる「房中術」の効果が備わっています。また、築城名人だったということから、籠城戦における敵からの強行への反撃の威力を上げる「多聞づくり」の効果などを有しています。
 しかし、久秀の「志」の最大の弱点は、民忠のコントロールの難しさにあります。久秀の「志特性」である「天下三悪事」と「天守の創始」には、「天下の大悪人」「吝嗇」という効果があり、自拠点の民忠を下げやすく、また、敵対勢力の拠点の民忠を上げてしまうという短所があります。
 民忠の低下は、一揆の発生につながるとともに、拠点人口の増減にも影響を与えるため、勢力運営での民忠のコントロールは大切となります。領民に対して善政を敷いたという逸話も残る久秀ですが、プレイヤーも当時の久秀のように、領民への気遣いや善政が肝要です。
 敵大名としての久秀の特徴は、顕如と同様に、主に外交姿勢に表れます。顕如は、各勢力への好き嫌いが明確な対外姿勢ですが、久秀はそういったことはなく、さまざまな勢力と対等に付き合います。ただし、友好関係や同盟関係だからといっても、自身の目標に対して障害となる場合は、その関係に抵抗を感じることなく手切れをするため、接近する際には注意が必要な勢力となるでしょう。

志の効果の1 つ「房中術」により、家臣の寿命を延ばす効果がある。

久秀のイベントももちろん収録。イベントを発生させないことで、天下を取ることも当然できる。

外交における親善効果が高まるため、他勢力からの助力を受けやすく、さらに同盟した勢力と手切れをしても心証が悪化しない久秀らしい「志」の効果をもつ。

松永久秀の志「乱世の梟雄」の特性および効果一覧

◆特性:天下三悪事
<効果>
二枚舌:親善の効率が上がり、同盟を破棄しても他勢力の心証が下がらない
弑逆者:攻城戦で包囲を続けると敵勢力の戦意が下がる
大仏殿放火:寺のある拠点に所属する商圏の独占費用が減る
天下の大悪人:合戦中の敵勢力の民忠が上がる

◆特性:天守の創始
<効果>
房中術:家臣の寿命が延びる
多聞作り:籠城戦で強攻に対する反撃の威力が上がる
天地に通ず:籠城戦で士気が下がりにくくなり、攻城戦で包囲の威力が上がる
吝嗇:勢力の民忠が下がる

(3)浅井長政の志「湖北仁義」の特徴

 浅井長政の「志」である「湖北仁義」は、「浅井の夜叉」と「正道邁進」という2 つの「志特性」が用意されています。
 内政面では、家臣たちからの信頼が厚かったという逸話をもとに、家臣たちの能力を最大限に引き出す特性を用意しており、年4 回行われる「評定」でその効果を発揮します。まず、浅井家の評定では、軍事関連の施策力の高い提言が出やすくなり、軍事における「方策」を採択しやすくなります。それに加え、若武者である長政を支えるために、浅井家に10 年以上仕官している武将たちの提言が、より充実したものにもなります。そのため、長政は他大名より方策による勢力ボーナスを得ることができ、特に戦闘面での方策の進歩は他勢力より早くなる傾向があります。北条氏康も同じような「志特性」を備えていますが、氏康は長政と異なり、軍事面の方策が上がりにくいという対極なものとなります。
 また、軍事面では、方策の充実に加えて、実際の合戦でも効果をもたらします。長政が出陣することで部隊全体の士気が高まり、一度の戦において傷ついた兵がすぐに回復するため、消耗した戦力を早く整えることが可能です。
 さらに、これら「志特性」の効果だけでなく、地勢的な面でも浅井家の軍事力は優勢です。浅井領内には非常に希少な「鉄砲鍛冶」が存在する国友商圏があります。史実でも鉄砲生産が盛んな土地柄であったことを反映し、ゲームでもこの国友商圏に進出することで、鉄砲調達が可能となります。今作での鉄砲は強力な武装で、定期的に納められる特色を持つのは「鉄砲鍛冶」と「貿易港」が存在する限られた商圏だけです。国友商圏の成長次第では、毎月の生産数も増加するため、鉄砲で軍備を固めやすいのが浅井家の特色となります。
 しかし、長政の勢力の中心となる近江は、そもそも強力な諸勢力が四方に隣接する土地でもあります。それに加えて、東方より上洛を狙う大名たちにとっても要所であることは間違いなく、さまざまな大名たちの侵攻目標に選ばれやすい立地となるでしょう。そのため、もともと友好関係にある朝倉家などと連携しながら、領地の防衛や地盤強化をしていく必要があります。「志」のデメリットに加えて、これらの地勢的リスクも戦略を立てる上で考慮する必要があります。
 敵大名としての長政も、上記の特性や特色を計算に入れながら、朝倉家への仁義を果たしつつ、強力な志で織田家をはじめとした諸勢力に立ちはだかることでしょう。また、安易な宣戦で、軍事に強い浅井を敵に回すことは、その背後に控える朝倉とも戦うことを意味します。さらに通商を結んでいた場合は、豊かな近江地方の商圏への進出が不可能になることを意味するため、資金源を失うことにもなります。そのため、宣戦のタイミングには慎重さが求められます。

資源「鉄砲鍛冶」のある商圏は、毎月保有鉄砲を増やす大変希少な商圏。近江では、国友商圏が該当する。

勢力としては決して大きくはない浅井家だが、長政は軍事の方策を伸ばしやすい。決戦では恐ろしい敵となる。

長政の「志」は、決戦後に兵数が回復する一方で、決戦に勝利しても戦意が上がりにくいというデメリットがある。戦意は決戦中の部隊の士気や、籠城戦での城の落ちやすさに影響を及ぼす。

朝倉家と親密な関係にあった浅井家。ゲームでも朝倉家に侵攻した勢力には、敵対感情を抱く。

浅井長政の志「湖北仁義」の特性および効果一覧

◆特性:浅井の夜叉
<効果>
若き大器:大名自らが出陣すると部隊の士気が上がる
望まれし大将:決戦で家臣が提案しやすくなる
独立不羈:同盟を破棄しても他勢力の心証が下がらない
家中不和:大名自らが出陣しないと部隊の士気が下がる

◆特性:正道邁進
<効果>
若武者:古参武将(仕官10年以上の家臣)の施策力が増える
自力救済:評定で軍事の施策力を多く獲得できる
信義の戦:決戦終了後に兵数が回復する
正道の戦:決戦に勝利しても戦意が上がりにくい

(4)登場武将は2,000名超! 今作描きおろし武将が多数登場

 今作での登場武将のうち、描きおろしの武将や姫たちも多く登場します。今回は本願寺顕如、松永久秀、浅井長政のグラフィックなどをそれぞれ公開いたします。

本願寺顕如

松永久秀

浅井長政

10月末に行ったネット配信映像のアーカイブを公開

 先日、ニコニコ生放送にて行った“『信長の野望・大志』開発者と一緒にしっかりゲームプレイ生放送”のアーカイブ映像をYouTube にて公開いたしました。

※画面写真はWindows版、開発中のものです。



(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.