『うたわれるもの』シリーズの1作目が最新ハードで復活、“原点はいま、新たなる出発点へ”の意味とは?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月23日号(2017年11月9日発売)では、アクアプラスから発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』の情報をお届け。

 2002年にPC版、2006年にプレイステーション2への移植版がリリースされた『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』。『うたわれるもの』シリーズ1作目となる『散りゆく者への子守唄』が、“原点はいま、新たなる出発点へ”というキャッチコピーとともに、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフトとして発売決定。

 週刊ファミ通2017年11月23日号(2017年11月9日発売)では、新しく生まれ変わった『散りゆく者への子守唄』の情報を紹介するとともに、『うたわれるもの』シリーズのプロデューサーを務める下川直哉氏へのインタビューも掲載。本作が新たなスタート地点になるとのことだが、その詳細は本誌でチェック!

 詳細は、週刊ファミ通2017年11月23日号(2017年11月9日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER



(C)2018 AQUAPLUS
※画面は開発中のものです。