2017年10月ソフト・ハード売上ランキング速報――Nintendo Switchの累計販売台数が200万台に到達、『スーパーマリオ オデッセイ』は50万本突破

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2017年10月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2017年10月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

ファミ通ゲームソフト・ハード売上ランキング10月速報

  • Nintendo Switchの累計販売台数が200万台に到達。“ミニスーパーファミコン”は月間46.5万台を販売。
  • 「スーパーマリオ オデッセイ」が50万本突破で首位獲得。ソフトランキングはSwitchとPS4の新作が上位に。

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2017年10月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上データを まとめました。集計期間は2017年9月25日~2017年10月29日(5週分)です。

家庭用ゲームソフト 月間売上本数

  • 1位 スーパーマリオ オデッセイ(Switch)任天堂 511,625本
  • 2位 グランツーリスモSPORT(PS4)SIEJA 153,647本
  • 3位 英雄伝説 閃の軌跡III(PS4)日本ファルコム 121,195本
  • 4位 スプラトゥーン2(Switch)任天堂 101,387本
  • 5位 FIFA18(PS4)エレクトロニック・アーツ 85,156本

※SIEJA=ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア

家庭用ゲームハード 月間売上台数

  • 1位 Nintendo Switch 307,138台(先月1位 Nintendo Switch 168,810台)
  • 2位 プレイステーション4(合計) 144,578台(先月2位 プレイステーション4(合計) 114,630台)
    (プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数

1位 任天堂 91.6万本
2位 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア 23.5万本
3位 スクウェア・エニックス 18.0万本

2017年10月期の家庭用ゲーム市場について

 10月期のソフトランキングでは、Nintendo Switchの発売前から大きな期待を集めてきた「スーパーマリオ オデッセイ」(任天堂/2017年10月27日発売/Switch)が首位を獲得しました。発売から3日間で51.2万本を販売し、1996年以降に発売されたすべての「マリオ」関連タイトルにおいて、歴代4位という好調なスタートを切っています。

 「スーパーマリオ オデッセイ」発売の効果もあり、Nintendo Switch本体の販売も大幅に上昇。10月期の販売台数は30.7万台で、月間ハード販売ランキングでトップとなっています。累計販売台数は、発売から約8ヵ月で200万台を突破しました。

 そのほかの新作ソフトでは、「グランツーリスモSPORT」(ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア/2017年10月19日発売/PS4)が15.4万本を販売して2位にランクイン。3位に「英雄伝説 閃の軌跡III」(日本ファルコム/2017年9月28日発売/PS4)、5位に「FIFA 18」(エレクトロニック・アーツ/2017年9月29日発売/PS4)が続いており、プレイステーション4の新作がソフト市場規模の拡大に貢献しています。

 さらに、“ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”(任天堂/2017年10月5日発売)が46.5万台を販売。年末商戦を前に、非常に活気のある月となりました。

 11月期は、「コール オブ デューティ ワールドウォーII」(ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア/2017年11月3日発売/PS4)や、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(ポケモン/2017年11月17日発売予定/3DS)といった新作が登場します。昨年を上回る水準が続き、勢いを増している家庭用ゲーム市場において、例年以上に年末商戦の動向が注目されます。

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。
2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。
(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)