スパイク・チュンソフトは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ARK:Survival Evolved』について、オンラインマルチプレイ用の非公式PvEサーバーを独自に10台設置したことを発表。

 スパイク・チュンソフトは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ARK:Survival Evolved』について、オンラインマルチプレイ用の非公式PvEサーバーを独自に10台設置したことを発表。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 株式会社スパイク・チュンソフト(本社:東京都港区、代表取締役会長:中村 光一、代表取締役社長:櫻井 光俊)は、オープンワールド恐竜サバイバルアクション、PlayStation4『ARK:Survival Evolved』(アーク:サバイバル エボルブド)について、オンラインマルチプレイ用の非公式PvEサーバーを独自に10台設置いたしました。

 1台あたりの接続人数は当初最大40人といたしますが、状況を見ながら最大数の解放やサーバーそのものの増設を行い、プレイヤーの皆さまに快適なオンラインマルチプレイをお楽しみいただけるよう、鋭意努力してまいります。

 先の10月26日に発売された『ARK:Survival Evolved』は、当初の想定を超えるオンライン接続が殺到し、開発元が運営する公式サーバーにたいへん接続しにくい状況が、継続的に発生しています。この状況を受け、発売後より公式サーバーの増設を順次対応しており、それは今後も継続してまいりますが、さらにスピーディに対応するため、このたびスパイク・チュンソフトとして非公式でゲームサーバーを設置することといたしました。

 サーバーのタイプはPvEのみとし、プレイヤー同士の争いが起こりにくい設定といたします。他のプレイヤーを攻撃できず、他のプレイヤーが作った建物等も壊せません。公式サーバーからのプレイヤーデータ(サバイバーのデータ、アイテム、テイムした生物など)は持ちこめません。

 スパイク・チュンソフトは、今後もプレイヤーの動向を注視しながら、公式サーバーの増設、非公式サーバーの増設、サーバーあたりの人数調整を随時実施し、プレイヤーの皆さまに快適にオンラインマルチプレイを楽しんでいただける環境を築いてまいります。

 なお、『ARK:Survival Evolved』公式サイトでは、順次Q&A形式のガイドを掲載しています。サーバー関連以外の問題も、こちらに解決方法が掲出されておりますので、プレイヤーの皆さまには、こちらの閲覧もお勧めいたします。

スパイク・チュンソフト非公式ゲームサーバーへの接続方法

  1. 画面左下のセッションフィルターを、図のように設定します。
    • 「プレイしたセッションを自動的にお気に入りにする」 チェック入れる
    • 「パスワードありを表示」 チェック外す
    • セッションフィルター「非公式PC セッション」
  2. 画面上部の「ネームフィルター」に「spike」と入力します。
  3. 画面中央に「spike chunsoft Test Server」1~10が表示されます。参加したいサーバーを選択し、画面下部の開始ボタンを押すと、ゲームが開始します。

<ご利用上の留意点>

  • プレイヤーのデータ(サバイバーのデータ、クラフト製作物、テイムした生物など)はサーバーに保存されます。一度中断した場合は、同じサーバーにログインしてプレイを継続してください。
  • 非公式サーバー間のデータ移動はできません。
  • サーバーあたりの接続人数は、最大数が設定されています(当初は40名、順次解放予定)。満員の場合は、空くのをお待ちいただくか、別の空いているサーバーを選んでいただくこととなります。
  • 公式サーバーで開催されるイベントは、非公式サーバーでは適用されません。
  • このたびの非公式サーバーは、臨時テストサーバーとして設置いたします。今後の運用については、ゲーム公式サイト及び公式Twitterアカウントで随時ご案内いたします。