ディースリー・パブリッシャーは、2017年12月7日発売予定のプレイステーション4用ソフト『地球防衛軍5』について、新情報を公開した。

 ディースリー・パブリッシャーは、2017年12月7日発売予定のプレイステーション4用ソフト『地球防衛軍5』について、新情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

敵巨大前哨基地 出現

エイリアンの前哨基地、現る

 空から飛来した巨大建造物が世界5か所に同時に出現。市街地に降下し、エイリアンの前哨基地として機能している。その横幅の大きさは約520m(巨大砲塔を含むと650m)にもおよび、高さは約320mと推測される。

 航空機による攻撃も、すでに数回の作戦が失敗に終わった。現在までのところ、前哨基地周辺は空陸共にエイリアンの占領下にあるといってよい。

 再度の攻撃計画を立案中であるが、上空からの攻撃は難しく、被害を覚悟で地上部隊を投入する以外の方法はないと思われる。

 陸上の基地としても恐るべき存在ではあるが、その真価は高度な対空迎撃システムにあるようだ。基地上部には無数の対空砲台が設置されており、付近を飛行した航空機が多数撃墜されている。航空機による攻撃も、すでに数回の作戦が失敗に終わった。

まさに難攻不落、いや完全無欠。

 大小さまざまな多数の砲台で全身を武装し、陸からも空からも接近することすらできない敵の巨大要塞基地。その武装の数々を紹介する。

フューリー砲

 前哨基地の主砲。三門の超巨大砲台である。その威力は凄まじく、市街地を一撃で瓦礫に変えてしまう。すでに多くの部隊が犠牲となった。前哨基地が持つ最も恐るべき兵器であろう。

 現状考えられる対策は、地上部隊がフューリー砲の死角まで前進することのみである。大きなリスクを伴うことになるが、次作戦ではこれを試みるしか選択肢はないと思われる。

一号砲台

 前哨基地の副砲。上部外周に6門が設置されている。凄まじい破壊力のビーム砲台であるが、最大の問題は側面に搭載された誘導ミサイルポッドである。

 ミサイルポッドは砲内に格納されており、攻撃時に発射口を開閉することがわかっている。誘導ミサイルは前哨基地に接近する物体を探知。接近して爆砕する。

二号砲台

 大型の対地プラズマ砲台。緑色のプラズマ弾を射出する。プラズマ弾は広範囲にダメージを及ぼすため、地上部隊にとって大きな障害となる。次作戦では最優先破壊対象の一つである。

三号砲台

 対地プラズマ砲台。前哨基地の円形の外周に沿うように無数に設置されており、地上部隊にとって大きな障害となると思われる。

四号砲台 赤光(せきこう)

 ビーム砲台。赤色のビームを連続発射する。

四号砲台 青光(せいこう)

対空ビーム砲台。上空の航空機を攻撃するための対空砲台だと思われる。

敵、前哨基地は多脚移動要塞と判明。

 驚くべきことに、前哨基地はエイリアンの移動要塞であることが判明した。脚部を展開し、歩くように移動を続けている。移動時は立ち上がった状態となるため、本体部分が空中に浮き上がる。

報告によると、その下部には多数の砲台が設置されているとのことである。我々はこれを五号砲台と呼称。非常に強力なレーザー兵器だと推測される。脚部を展開し立ち上がった状態の高さは約420mにも及ぶ。

五号砲台 青光(せいこう)

前哨基地下部に設置されたレーザー砲台。青色のレーザーを照射する。

五号砲台 緑光(りょくこう)

前哨基地下部に設置されたレーザー砲台。緑色に輝くレーザーを照射する。青光レーザー砲台より強力な砲台だといえる。