『慟哭 そして…』PS4/PS Vitaリマスター版の特徴やストーリー、キャラクターを紹介

El Diaは、2018年4月26日に発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『慟哭 そして…』の公式サイトをオープンし、最新情報を公開した。

 El Diaは、2018年4月26日に発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『慟哭 そして…』の公式サイトをオープンし、最新情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

伝説の脱出アドベンチャーゲーム「慟哭 そして…」公式サイトオープン!発売予定日なども発表。

1998年にセガサターン対応でリリースされた『慟哭 そして…』のリマスタープロジェクト!
『脱出ゲーム』+『恋愛ADV』+『サスペンス』+『謎解き』の要素を絶妙なバランスで融合させ、謎解きゲームやキャラクターのファンなど様々なジャンルから評価を受けた名作が復活します。

ストーリー

山のふもとにある高校に通う主人公は、通学帰りにバスの事故で気絶してしまう。
そして目覚めると見知らぬ廃屋の一室に、
1人で閉じ込められていた。
主人公を運んできたのは、いったい誰なのか。
バスに乗っていたクラスメイト、学校の先生、怪しげな老人はどうなったのか。
廃屋のなかには、他にも迷い込んできた人々がいる。
大学生の男、旅行に来た少女たち、中年の男性、異国の少女、影のある女性……。
それぞれの理由があってきた彼らは、
何者かの策略によって、殺人事件の犠牲者になっていく。
隠された死体、血だらけのメモ、裂かれた写真……。
廃屋にあるものは、いったい何を意味するのか。
巧妙に張られた罠を解き、主人公は廃屋にいる少女たちを助ける事が出来るだろうか?

リマスター版セールスポイント

(1)高解像度化された美麗グラフィック

セガサターン版CG

デジタルリマスター版CG

(2)未使用イベントCG追加

(3)原作シナリオライターによる加筆

(4)ゲームを快適に遊べる「ヒントモード」搭載
ヒントモードとは
環境設定にて、ヒントモードがONの場合、システムの考えるメニューに問題項目が一覧として追加されます。問題項目を選択すると、ヒントが表示され、解決したものは項目から消えていきます。始めてプレイされる方もスムーズにプレイしていただくことができます。

ゲームの特徴

『TDS システム』
トラップ・ディパージェント・ストーリー、略してTDS システム。複数の解き方があるトラップによって、ストーリーが分岐します

1.アイテムを使い、トラップを解くことによってストーリーが進行

2.同じ場所に別のアイテムを使うと、分岐が発生

3.イベント画面へ進むことも!トラップの解決の仕方で見られるイベントCG 多数!

作品概要

タイトル:慟哭 そして…
メーカー:El Dia
発売ハード:PlayStation4 / PlayStation Vita
プレイ人数:1人
発売日:2018年4月26日発売予定
予定価格:
・PS4
初回限定版 8,800円(税別)通常版 7,800円(税別) ダウンロード版 6,800円(税別)
・PS Vita
初回限定版 7,800円(税別)通常版 6,800円(税別) ダウンロード版 5,800円(税別)
ジャンル:脱出(トラップ)アドベンチャー
キャラクターデザイン/原画:横田守

キャラクター

笹本 梨代(ささもと りよ)
CV:長沢美樹

「熱は大丈夫?さっきは、ありがとう」

16歳の高校2年生で、主人公のクラスメイト。性格は、おだやかで優しい。人見知りせず、どんな相手にも好意的に話しかけ、仲良くなってしまえるタイプ。

青木 千砂(あおき ちさ)
CV:矢島晶子

「まだ見つからない人がいるんです。探さないと…」

15歳、いつみと同じ高校に通う1年生。校則違反などしない優等生で、いつみの自由奔放さをうらやましく思っている。男子生徒にもよくモテるのだが、特定のボーイフレンドはいない。

羽鳥 いつみ(はとり いつみ)
CV:大沢つむぎ

「ガム取ってー!」

15歳の高校1年生だが、主人公とは違う高校に通っている。掃除の時にホウキ野球をして窓を割ったり、推理小説を借りれば読まずに犯人の名前を落書きして返したり、明るい元気者。

ノーマ・ウェンディ
CV:山口由里子

「ふん、こんくらいで勘弁したるわ」

17歳の高校2年生で、アメリカ生まれの留学生。大規模なグループ企業を経営する父親をもつ、お金持ちのお嬢様。日本語は関西弁で、好きな食べ物はたこやき。

白川 子鈴(しらかわ こすず)
CV:井上喜久子

「私、もともとメイドですから」

20代に見えるが、実際の年齢は不明。以前からメイドをしており、とある人物に仕えている。ひかえめでおとなしい性格で、落ち着いている女性。

椎名 真理絵(しいな まりえ)
CV:深見梨加

「そんな事を言うなら…今度、補習しようかしら」

27歳、主人公の学校に勤める美人化学教師。担任ではないが、主人公や梨代のクラスも教えている。生徒には人気が高い。

柴田 桂(しばた けい)
CV:子安武人

「趣味?…勉強かな」

20歳、大学1年生。頭はかなり切れ、成績優秀でまじめ。口数はすくない。きちんとした身なりをしており、どんな人ともあたりさわりなく接するが、どこか冷ややかな雰囲気を漂わせている。

神田川 国昭(かんだがわ くにあき)
CV:北村弘一

「ここには可愛い子が多いからねぇ」

68歳、金持ちらしいが、謎の多い老人。効果な宝石を身につけている。彼が、その財産をどうやって築いたのか、誰も知る者はいない。

田辺 浩之(たなべ ひろゆき)
CV:星野充昭

「俺はなぁ…お前が、だ、大嫌いなんだよ」

31歳、職業は不明。気が弱くふだんはおどおどしているが、カッとなると人が変わったように相手をどなりつけたりする。人づきあいがヘタな性格。



(C)el dia / 横田守
※画面は開発中のものです。