バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4で発売予定のアクロバティック忍者対戦アクションゲーム『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』の情報を公開した。

 バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4で発売予定のアクロバティック忍者対戦アクションゲーム『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』の情報を公開した。

 本作は、オンラインの仲間とともに4vs4でバトルに挑む“アクロバティック忍者対戦アクションゲーム”。『NARUTO-ナルト- 疾風伝』と『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』の世界を再現しており、マップはより超立体的&広大になり、壁走りやジャンプなどを駆使しながら飛び回ることが可能。忍者らしいアクロバティックなアクションで、広大なフィールドを思いのままに駆け抜けよう!

 今回は、容姿やバトルスタイルを自由にカスタマイズできる“アバターシステム”や、忍界最強を決める“忍界リーグ”などを紹介する。

忍界最強に挑むのはキミ自身!

 本作は、容姿やバトルスタイルを自由にカスタマイズできる“アバターシステム”を搭載。忍術や武器は50万通り、アバターメイクは約7500万通りから設定が可能。自分だけの忍を作って、忍界最強を目指そう。

攻ノ型
守ノ型
射ノ型
癒ノ型

忍界最強を決める“忍界リーグ”が開幕!

 物語の舞台は、七代目火影の時代。プレイヤーは木ノ葉隠れの里で開催される武術大会“忍界リーグ”に参加するため、里を訪れた新米忍者のひとり。オンラインロビーとなる“木ノ葉隠れの里”に集まる、世界中の忍と4人1組(フォーマンセル)を組み、忍界最強の称号を懸けて“忍界リーグ”に挑むことになる。

“VR忍術闘技場”でかつての忍との任務挑め

 木ノ葉隠れの里にある“VR忍術闘技場”は、かつてのナルトなど過去の忍たちと戦うことができる施設。ここで英雄たちと共闘&戦闘する“任務”に挑むことで、多彩な忍術を習得できる。疾風伝時代に活躍した忍たちの忍術も習得できるので、アバターを強化して“忍界リーグ”へ臨もう。

新世代の忍がついに参戦!

うずまきボルト(攻ノ型)
 七代目火影・うずまきナルトの息子。負けん気の強い性格で、近接戦闘が得意な“攻ノ型”。敵を上空に打ち上げた後叩き落とす“トルネイドハイ”を始め、“消える螺旋丸”、“ボルトストライク”など、トリッキーな忍術を得意とする。

トルネイドハイ
消える螺旋丸
ボルトストライク

新たな戦地“雲隠れの里”

 雲の中にそびえたつ“雲隠れの里”。特徴的な建物が点在するフィールドだ。高低差があるため、落下しないように注意が必要。空中戦が戦局を左右するカギとなるだろう。