東京ゲームショウ2017のバンダイナムコエンターテインメントブースにて行われた、『ソードアート・オンライン』のゲームに関するステージ“ソードアート・オンラインゲームLIVE in TGS2017”のリポートをお届け。

松岡さんへのバースデイサプライズも!

 2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。一般公開日1日目となる23日に、バンダイナムコエンターテインメントブースのステージにて、“ソードアート・オンラインゲームLIVE in TGS2017”が行われた。

 本ステージは、『ソードアート・オンライン』(以下、『SAO』)の最新ゲームに関する情報などをお伝えするトークステージ。出演者は、三木一馬氏(ストレートエッジ)、柏田真一郎氏(アニプレックス)、松岡禎丞さん(キリト役)、日高里菜さん(シリカ役)といったゲストに加えて、マスコットのキリトさん、アスナさんも登場。バンダイナムコエンターテインメントからは、二見鷹介プロデューサー、デスガン・藤田氏、竹内智彦プロデューサーが登壇し、豪華な顔ぶれが集結した。

 まずは松岡さん、日高さん、三木氏、柏田氏、二見Pの5名でトークを展開。TGS2016をふり返り、三木氏、柏田氏、二見Pが、原作、アニメ、ゲームの立場から去年立てた目標を改めて確認することに。三木氏は、『SAO』は原作を続けることを目標に立てていたが、もちろんこちらは現在も継続中。さらにハリウッドでの映画化も宣言していたが、今年8月にハリウッドで実写ドラマ化が発表されたということで、完璧に目標が達成されたと言える。続いて柏田氏は、テレビアニメは第2期だけでは終わらせない目標を立てていた。こちらも第3期の制作が発表されている。しかしじつは、この宣言をした時点ですでに第3期の制作は裏で決定していたのだとか。柏田氏は「僕はほかのふたりと違って堅実なんですよ!」と発言し、会場の笑いを誘っていた。そして、二見Pは、VRに対応したゲームを作ることを目標にしていたところ、TGS2017会期中にVRタイトル『ソードアート・オンライン レプリケーション』を発表したということで、こちらの目標も達成。しかし、三木氏から「去年は“VRMMO”を作るって言ってましたよね?」とツッコミが入ると、二見Pも「覚えてないですね(笑)」とはぐらかす場面も。

 そして今年の目標については、三木さんは“VRMMO小説大賞を作る”というもの。この企画は、VRMMOを題材にした小説のコンテストを開くというもの。作中に登場するナーヴギアなどの設定を参加者が自由に使えるようにし、オリジナルのVRMMOゲームを題材にした小説を募集するとのことだ。それを原作者の川原 礫先生にお願いしたところ、快く引き受けてくださったとのこと。さらに、川原先生はそこで目標ができたとのことで、なんと“VRMMO小説大賞”に自ら投稿し、大賞を狙っているそうで、出演者たちから「出来レースだ!(笑)」とツッコミを入れられていた。

 続いて柏田氏は、『SAO』を10年続くコンテンツにしたいという目標を掲げる。5年目を迎えたということで、あと5年続けられそうな感覚があると柏田氏は語る。そして二見Pは、“アリシゼーション編”をゲーム化したいという目標。ソードアート・オンライン、アルヴヘイム・オンライン、ガンゲイル・オンラインのゲーム化ときたところで、アンダーワールドのゲーム化も近い将来に期待できそうだ。

 トークのあとにはデスガン・藤田氏が登場し、『SAO フェイタル・バレット』の最新情報が公開。本作は作中に登場するガンゲイル・オンラインを舞台にした、TPSRPG。新たなPVも公開され、さらに発売日は2018年2月8日という発表も行われた。また、登場キャラクターたちの新衣装も公開されると、会場からは「おおっ」という大きな歓声があがっていた。さらに、プレイヤーである主人公の、幼馴染&お姉さん役ヒロインである、クレハ(声:佐倉綾音さん)、ツェリスカ(声:能登麻美子さん)、プレイヤーをサポートするAI・アファシスが登場することや、ダウンロード版の特典としては本編の序盤を先行プレイできる権利が用意されていることが発表された。

 発表が終わるとここで、松岡さんの誕生日が9月17日ということで、ハッピーバースデイのサプライズ! キリトさん、アスナさんからは花束が贈呈されたほか、松岡さんを模したパペット(!?)がプレゼントされ、松岡さんも困惑しながらも喜んでいる様子だった。

 お祝いムードの中会場が暗転すると、ここで新たなPVが公開され、スマートフォン用最新作『SAO インテグラル・ファクター』が発表! そしてここで、『SAO インテグラル・ファクター』の竹内Pが登場し、本作についての説明が行われた。本作は、ソードアート・オンライン(アインクラッド編)を舞台にしたタイトルで、これまでの作品ではキリトなどを操作して冒険していたところ、今回はプレイヤー自身が、全国の攻略組とアインクラッド百層を目指すことになるのだという。1層ごとに広大なマップが広がっており、隅々まで探索できるように現在開発を進めているとのことだ。

 最後にはさまざまなイベント情報なども公開され、本ステージは終了となった。『SAO インテグラル・ファクター』の続報を期待しつつ、来年2月8日に発売される『SAO フェイタル・バレット』の発売日を楽しみに待とう。