『モンスターハンター:ワールド』SPステージではモンハン芸人も交えての4人マルチプレイを初披露【TGS2017】

2017年9月21日〜24日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。23日のプレイステーションブースにあるメインステージでは、『モンスターハンター:ワールド』のスペシャルステージが行われた。

 2017年9月21日〜24日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。23日のプレイステーションブースにあるメインステージでは『モンスターハンター:ワールド』のスペシャルステージ、“PlayStation presents LIVE SHOW "TGS2017"
『モンスターハンター:ワールド』(1)”が行われた。

 会場のブースにはモンハン芸人としておなじみの次長課長・井上聡とハイキングウォーキングの鈴木Q太郎が現れ、さらにスペシャルゲストとしてカプコンの辻本良三プロデューサーと徳田優也ディレクターも登場。これより、華やかなステージイベントがくり広げられていくことに。

 ここで、カプコンブースを盛り上げているハンターが登場。この衣装は『モンスターハンター:ワールド』に登場するハンターを忠実に再現したものとのことで、左手の簡易ボーガンのスリンガーや、腰に付いている導蟲(しるべむし)なども装備。東京ゲームショウ2017のカプコンブースに行くと、こういったハンターが多数来場者を待っているそうだ。

 本作のPV公開と簡単な作品紹介が行われた後、この4人が『モンスターハンター:ワールド』の実機を使ったスペシャルクエストに挑戦。4人マルチプレイの様子は今回が初公開とのことで、会場、ネット視聴者ともに注目するクエストの内容は、“新大陸の調査団の先遣隊として大蟻塚の荒地を探索し、ボルボロスを討伐せよ”というもの。

次長課長の井上は、今作よりスタート場所を複数箇所から自由に選択できるうえ、クエスト中に武器が変えられることに感動している様子を見せていた。

 配信時間に限りがありながらも、道中に現れるモンスターなどに気を取られて目的のボルボロス探しに集中できない次長課長の井上。みんながボルボロス探しやモンスターとの戦いに身を投じているなか、フンコロガシをどうしたらいいのか思案しているところを、みんなに突っ込まれるという一幕も。

 番組の配信終了時間まで残りがわずかというところで、みんながボルボロス戦に突入。かろうじて、終了時間までに討伐することに成功した。

 本日の一般日、プレイステーションブースとカプコンブースでの『モンスターハンター:ワールド』試遊体験の整理券配布は終了となっており、明日もたくさんの来場者の参加が見込まれるが、辻本プロデューサーは10月29日より開催される“PlayStation祭 2017”に出展が決定してことを発表した。

“PlayStation祭 2017” 概要
<開催日程・場所>

札幌会場:2017年10月29日(日) サッポロファクトリーホール
福岡会場:2017年11月5日(日) スカラエスパシオ
大阪会場:2017年11月11日(土) 堂島リバーフォーラム
<開催時間>

11:00 〜 18:00 (予定)

 なお、明日9月24日の14時〜14時30分には、桜井誠氏(Dragon Ash)と新井浩文氏(俳優)をゲストに招いての“PlayStation presents LIVE SHOW "TGS2017"
『モンスターハンター:ワールド』(2)”が行われる。発売が待ちきれないハンターは、こちらのステージのチェックをお忘れなく。

※掲載している画像は番組をキャプチャーしたものです。